5,964 views

笑点・桂歌丸の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 桂歌丸

記事公開日:2018年07月15日
最終更新日:2024年06月11日

桂歌丸
→ 画像検索はこちら

桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。

『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。
2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

このページでは、桂歌丸(かつら うたまる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ てんぷくトリオ・三波伸介の誕生日占いと人生鑑定

桂歌丸(かつら うたまる)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1936年8月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

桂歌丸(かつら うたまる)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜市中区真金町の遊女屋を営む家で長男として生まれます。本名は椎名貞雄(しいな いわお)。3歳で父を亡くし、姑と母が折り合いが悪く母は家を出、9歳の頃から祖母タネに育てられます。タネは女郎屋「富士楼」を経営していました。

落語家まで

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1950.8.14~ 14 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1951.8.14~ 15 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1952.8.14~ 16 18 5 白い鏡 白い魔法使い
ラジオで落語放送に夢中になり1951年、中学3年の時に祖母の知り合いの紹介で「古今亭今輔」に弟子入りをし「古今亭今児」を名乗ります。

ウェブスペルの色が白色の前半に「古今亭今輔」に弟子入りします。

米丸門下入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.8.14~ 25 183 1 青い夜 青い夜
1962.8.14~ 26 28 2 黄色い星 青い手
1963.8.14~ 27 133 3 赤い空歩く人 青い猿
今輔門下でしたが古典落語ばかり演じたことなどが問題となり破門状態となります。
一時はポーラ化粧品のサラリーマンに転職。1961年に「古今亭今輔」の弟子で今児の兄弟子である「桂米丸」の門下に入り「桂米坊」と名乗り、落語家として復帰します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に「桂米丸」の門下に入ります。

桂歌丸

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.8.14~ 28 238 4 白い鏡 青い鷲
1965.8.14~ 29 83 5 青い夜 青い嵐
1964年に「桂米坊」から「桂歌丸」に改名。
1965年より『笑点』の前身番組である『金曜夜席』に出演します。
『金曜夜席』は、第2・第4金曜日の22時30分より45分放送されていました。

ウェブスペルの色が青色の前半に「桂歌丸」に改名します。

笑点

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.8.14~ 30 188 6 黄色い星 青い夜
1967.8.14~ 31 33 7 赤い空歩く人 青い手
1968.8.14~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
1966年より『笑点』に出演。この当時より日曜の夕方に放送されていました。
桂歌丸は1回目の放送より大喜利に出演します。

ウェブスペルの色が青色の半ばより『笑点』に出演します。

病気療養

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.8.14~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
1969.8.14~ 33 243 9 青い夜 青い鷲
1969年4月6日から11月2日まで7カ月間病気療養のため休みますが、それ以外は2016年まで足掛け50年間『笑点』に出演します。

ウェブスペルの色が青色の後半、病気療養のため7カ月間休みます。

笑点の司会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.8.14~ 70 228 7 黄色い星 白い風
2016.8.14~ 80 238 4 白い鏡 青い鷲
笑点が始まってからずっと大喜利メンバーでしたが、司会者の三遊亭圓楽の降板を受けて2006年に司会者に昇進。
2016年に笑点の司会者を勇退し、笑点初の終身名誉司会に就任します。

ウェブスペルの色が白色の半ばより笑点の司会者に抜擢。青色の前半まで焦点の司会者を続け勇退します。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.8.14~ 81 83 5 青い夜 青い嵐
2018年4月19日の国立演芸場での高座が生前最後の高座になります。
4月24日に肺炎が重篤化し横浜市内の病院へ入院。7月2日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の半ばに亡くなりました。

桂歌丸(かつら うたまる)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半に「古今亭今輔」に弟子入りします。
青色の始めの年に「桂米丸」の門下に入ります。
青色の前半に「桂歌丸」に改名します。
青色の半ばより『笑点』に出演します。
青色の後半、病気療養のため7カ月間休みます。
2度目の白色の半ばより笑点の司会者に抜擢。2度目の青色の前半まで焦点の司会者を続け勇退します。
2度目の青色の半ばに亡くなりました。

50年以上に渡る喫煙者だったそうです。
師の桂米丸は2020年に内海桂子逝去後は現役最高齢芸人となった。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

松本人志
松本人志(まつもと ひとし)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。奥さんは元お天気キャスターの伊原凛。

続きを読む


谷川浩司
谷川浩司(たにがわ こうじ)は、現役の将棋棋士。十七世名人。羽生善治とは現役棋士同士最多となる150局を超える戦い。タイトル通算獲得数(27期)は歴代5位。藤井聡太に更新されるまで最年少名人の記録保持者。

続きを読む


由美かおる
由美かおる(ゆみ かおる)は日本の女優。長く人気時代劇『水戸黄門』に「かげろうお銀」役でレギュラー出演。番組の中で披露される入浴シーンは名物となった。

続きを読む


永瀬正敏
永瀬正敏(ながせ まさとし)は、日本の俳優。元妻は歌手の小泉今日子。出演作の大半は映画作品。『私立探偵 濱マイク』はテレビドラマ化され人気になります。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


関連記事 (落語家)

林家こん平
林家こん平(はやしや こんぺい)は、落語家。演芸番組『笑点』で放送開始当初から長らく大喜利メンバー。登場時に「チャラーン」と挨拶。初代林家三平が亡くなった後は一門を統率。

続きを読む


笑福亭仁鶴
3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)は、日本の上方落語を演じる落語家。「バラエティー生活笑百科」で相談室長をつとめ、「四角い仁鶴がまぁるく収めまっせ~」という台詞でもお馴染み。

続きを読む


月亭八方
大阪で若手落語家のグループ「ザ・パンダ」の一員として人気を得た。西の野口五郎を自称。東京に進出を図ったが2ヶ月で降板。大阪中心の活動に切り替える。「楽屋ニュース」で再ブレイク。

続きを読む


月亭方正
月亭方正(つきてい ほうせい)は、日本の落語家、お笑いタレント。本名および旧芸名は山崎 邦正(やまさき ほうせい)。「ガキの使いやあらへんで」では長期にわたりレギュラー出演。40才目前に月亭八方の弟子となり月亭方正を名乗り落語家デビュー。

続きを読む


立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ