4,162 views

舞台で活躍、女形で有名・篠井英介の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 篠井英介

記事公開日:2022年11月08日
最終更新日:2024年03月14日

篠井英介
→ 画像検索はこちら

篠井英介(ささい えいすけ)は、日本の俳優。

当初舞台を中心に活躍。女形で有名。
三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られます。当初は中性的な役が多かったが、悪役・公家役などにも起用。

このページでは、篠井英介(ささい えいすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

篠井英介(ささい えいすけ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1958年12月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin251です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 黄色い星 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin10
絶対反対kin kin121

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin251の誕生日占いは、心の切り替えが早いタイプです。微妙な気持ちがわかりにくいです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

広告

篠井英介(ささい えいすけ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

石川県金沢市出身。

日本舞踊

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.12.15~ 5 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1964.12.15~ 6 101 10 赤い竜 黄色い人
1965.12.15~ 7 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
美空ひばりに憧れ5才の時から日本舞踊を学びます。
中・高では演劇部に在籍。高校の時に見た舞台『欲望という名の電車』に感銘を受け、密かに女優になるのを夢見ます。

ウェブスペルの色が黄色の後半より日本舞踊を学びます。

俳優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.12.15~ 25 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1984.12.15~ 26 121 4 赤い竜 白い鏡
1985.12.15~ 27 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
地元の高校を卒業し日本大学藝術学部演劇学科に進学。
大学在学中に演劇集団『銅鑼魔館』に席を置き「いとうせいこう」と黒衣を行います。
もともと歌舞伎役者志望でしたが断念。1984年にテレビドラマ宮本武蔵で弥五郎役で俳優デビュー。

ウェブスペルの色が白色の前半にテレビドラマ宮本武蔵で弥五郎役で俳優デビュー。

花組芝居

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.15~ 28 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1987.12.15~ 29 176 7 黄色い戦士 白い犬
1988.12.15~ 30 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1987年に劇団「花組芝居」を加納幸和、木原実らと旗揚げ。女形として活躍します。

ウェブスペルの色が白色の半ばに劇団「花組芝居」を旗揚げ。女形として活躍。

花組芝居退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.15~ 32 231 10 青い猿 白い風
1991.12.15~ 33 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1992.12.15~ 34 181 12 赤い竜 白い犬
1990年に劇団「花組芝居」を退団。その後は『欲望という名の電車』(主演・ブランチ役)や、『サド侯爵夫人』(主演・ルネ役)など数多くの舞台に出演。現代演劇の女形で活躍。
1992年に第29回ゴールデンアロー賞演劇新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の後半に劇団「花組芝居」を退団。その後も舞台を中心に活躍。

顔が知られるようになる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.12.15~ 38 81 3 赤い竜 青い嵐
1997.12.15~ 39 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1998.12.15~ 40 31 5 青い猿 青い手
1997年にテレビドラマ『総理と呼ばないで』に出演。脚本は三谷幸喜
三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られるようになります。
三谷以外の作品では当初は中性的な役が多かったが、悪役・公家役などにも起用。

ウェブスペルの色が青色の前半より三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られるようになります。

バラエティ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.15~ 44 191 9 青い猿 青い夜
2003.12.15~ 45 36 10 黄色い戦士 青い手
2004.12.15~ 46 141 11 赤い竜 青い猿
2002年ころよりバラエティ番組にも出演。
2003年の「脳内エステ IQサプリ」深夜版では司会を担当。
また、深沢敦、大谷亮介と演劇ユニット『3軒茶屋婦人会』を結成。2003年より数年に一本のペースで公演。

ウェブスペルの色が青色の後半よりバラエティ番組にも出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.15~ 63 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2022.12.15~ 64 211 3 青い猿 赤い月
2023.12.15~ 65 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
篠井英介の現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
65才の時はKin56。頭で考えたことや物事を割り切ろうとする年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

篠井英介(ささい えいすけ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半より日本舞踊を学びます。
白色の前半にテレビドラマ宮本武蔵で弥五郎役で俳優デビュー。
白色の半ばに劇団「花組芝居」を旗揚げ。女形として活躍。
白色の後半に劇団「花組芝居」を退団。その後も舞台を中心に活躍。
青色の前半より三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られるようになります。
青色の後半よりバラエティ番組にも出演。

日本舞踊で、宗家藤間流師範・藤間勘智英の名を持ちます。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

段田安則
段田安則(だんた やすのり)は、日本の俳優。野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」では解散まで主力俳優として活動。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの父・野田光一役を好演。以降も名バイプレイヤーとして活躍。

続きを読む


栗田貫一
栗田貫一(くりた かんいち)は、日本のタレント。ものまねタレントとして「ものまね四天王」の一人として活躍。1995年より山田康雄の後任の「ルパン三世」の声優を担当。

続きを読む


高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin251)

石川佳純
石川佳純(いしかわ かすみ)は、日本の女子卓球選手。愛称はかすみん。小学生のころに「愛ちゃん」2世と話題。女子卓球団体でロンドン五輪で銀メダル、リオデジャネイロ五輪で銅メダル獲得に貢献。

続きを読む


華原朋美
華原朋美(かはら ともみ)は、日本の歌手、タレント。代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えます。

続きを読む


横浜流星
横浜流星(よこはま りゅうせい)は、日本の俳優、歌手、モデル。2019年のドラマ『初めて恋をした日に読む話』で由利匡平を演じ注目を集めます。同年、日経トレンディ『今年の顔』など多数の賞を受賞。

続きを読む


橋本左内
橋本左内(はしもと さない)は、江戸時代末期の志士、思想家、福井藩藩士。緒方洪庵に弟子入り。やがて福井藩主の松平春嶽の側近に取り立てられます。その後、安政の大獄で将軍継嗣問題に介入したことで斬首。

続きを読む


大久保利通は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。激動の幕末を生き日本を変えた英傑。江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力した維新の三傑の一人です。

続きを読む


関連記事 (俳優)

山城新伍
山城新伍(やましろ しんご)は、日本の俳優、司会者、タレント。東映ニューフェイスとなりデビュー。テレビ時代劇『白馬童子』で主演し人気を博します。その後、バラエティにも進出。「チョメチョメ」は流行語となった。

続きを読む


山崎努
山崎努(やまざき つとむ)は、日本の俳優、ナレーター。日本を代表する俳優。「大学の山賊たち」でデビュー。伊丹十三監督作品の「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」と大ヒット作に出演。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


藤岡弘、
藤岡弘、(ふじおか ひろし)は、剣豪・俳優・タレント・国際武道家。『仮面ライダー』で一躍人気俳優となる。2002年に川口浩の後任として『藤岡弘、探検シリーズ』が開始される

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ