6,634 views

維新の三傑「大久保利通」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大久保利通

記事公開日:2016年02月18日
最終更新日:2022年06月25日

大久保利通
出典:wikipedia.org

大久保利通(おおくぼ としみち)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。

激動の幕末を生き日本を変えた英傑。維新の三傑(木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通の3人)の一人です。
江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力しました。明治政府の中心人物でしたが東京の紀尾井坂で不平士族により暗殺されました。

このページでは、大久保利通(おおくぼ としみち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 維新の三傑「西郷隆盛」の人生を見てみる
→ 維新三傑「木戸孝允」の人生を見てみる
→ 薩摩藩・島津久光の誕生日占いと人生

大久保利通(おおくぼ としみち)の誕生日占い

生年月日:1830年9月26日
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin251です。

大久保利通の誕生日占いの結果

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 黄色い星 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin10
絶対反対kin kin121

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin251の誕生日占いは、心の切り替えが早いタイプです。微妙な気持ちがわかりにくいです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

「音4」と「黄色い星」を持っています。探求し完璧にやり遂げたいというプロ意識を持ち、心の切り替えが速いっていうのは、大久保利通らしいです。

広告

大久保利通(おおくぼ としみち)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

現・鹿児島市に、薩摩藩士・大久保利世と福の長男として生まれる。
大久保家の家格は御小姓与と呼ばれる身分で下級藩士だった。
幼少期に下加治屋町の郷中や藩校造士館で、西郷隆盛や税所篤、吉井友実、海江田信義らと共に学問を学び親友・同志となった。

お由羅騒動では父・利世とともに謹慎処分

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1846.9.26~ 16 111 7 青い猿 赤い蛇
1847.9.26~ 17 216 8 黄色い戦士 赤い月
1848.9.26~ 18 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1849.9.26~ 19 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1850.9.26~ 20 11 11 青い猿 赤い竜
1851.9.26~ 21 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1852.9.26~ 22 221 13 赤い竜 赤い月
1846年より薩摩藩の記録所書役助として出仕する。
1850年のお由羅騒動では父・利世とともに謹慎処分となる。以後、大久保家は貧しい生活を強いられる。

ウェブスペルの色が赤の中ほどから後半のことでした。

お由羅騒動とは、薩摩藩に起きたお家騒動。
島津久光島津斉彬を藩主にしようとする一派同士の対立。

復職するが斉彬が突然亡くなる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1853.9.26~ 23 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1854.9.26~ 24 171 2 青い猿 白い犬
1855.9.26~ 25 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1856.9.26~ 26 121 4 赤い竜 白い鏡
1857.9.26~ 27 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1858.9.26~ 28 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1853年 島津斉彬の登用により藩の記録所に復職し、御蔵役となる。
1857年 西郷とともに徒目付となる。
1858年 島津斉彬が突然亡くなる。新しい殿様・島津忠義の父である島津久光が実権をにぎります

ウェブスペルの色が白に変わった付近のタイミングで謹慎処分から復職します。
白色の半ばに斉彬が突然亡くなり、久光が薩摩藩の実権を握ります。

島津斉彬が亡くなった後に盟友の西郷隆盛は奄美大島へ蟄居されます。

大久保利通は久光に近づくために囲碁を始めたと言われていますが、それ以前に囲碁のことを日記に書いており、損得を抜きにして囲碁が好きだったようです。

藩の重職へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1859.9.26~ 29 176 7 黄色い戦士 白い犬
1860.9.26~ 30 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1861.9.26~ 31 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1862.9.26~ 32 231 10 青い猿 白い風
1863.9.26~ 33 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1864.9.26~ 34 181 12 赤い竜 白い犬
1865.9.26~ 35 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1861年 久光から信頼を得て御小納戸役(おこなんどやく)という藩の重役になります。
1862年 久光から一蔵(いちぞう)の名を賜り通称を改める。利通は御側役という久光の側近に抜擢
1864年 西郷隆盛を沖永良部島から鹿児島に戻す。

ウェブスペルの色が白色の半ばに島津久光から信頼を得て薩摩藩の重役になります。

1862年に西郷隆盛を鹿児島に戻し島津久光と会わせますが、久光の逆鱗に触れ西郷隆盛は沖永良部島へ島流しになります。

倒幕・王政復古

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1866.9.26~ 36 131 1 青い猿 青い猿
1867.9.26~ 37 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1866年に第二次長州征討に反対し、薩摩藩の出兵拒否を行っている。

1867年に雄藩会議の開催を小松や西郷と計画し、四侯会議を開催させる。10月14日、三条実愛から倒幕の密勅の詔書を引き出した
1867年に王政復古

ウェブスペルの色が青に変わった付近のタイミングで倒幕・王政復古でした。

明治維新後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1868.9.26~ 38 81 3 赤い竜 青い嵐
1869.9.26~ 39 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1870.9.26~ 40 31 5 青い猿 青い手
1871.9.26~ 41 136 6 黄色い戦士 青い猿
1872.9.26~ 42 241 7 赤い竜 青い鷲
1873.9.26~ 43 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1869年に参議に就任し、版籍奉還、廃藩置県などの明治政府の中央集権体制確立を行う
1871年に大蔵卿に就任し、岩倉使節団の副使として1871年から1873年まで外遊する。

1873年に内務省を設置し、自ら初代内務卿として実権を握ると、学制や地租改正、徴兵令などを実施した。
そして「富国強兵」をスローガンとして、殖産興業政策を推進した。
1873年10月に征韓論に敗れて西郷隆盛は政府を離れ鹿児島に戻る。

ウェブスペルの色が青の中盤までに明治政府の重要ポストを歴任します。
岩倉使節団として外遊を行った期間に黒Kinが表れています。

岩倉使節団は沢山の人たちと一緒に行きます。幼少のころの津田梅子伊藤博文も同伴します。
アメリカでは新島襄が木戸孝允の通訳になります。

明治維新後の混乱そして暗殺

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1874.9.26~ 44 191 9 青い猿 青い夜
1875.9.26~ 45 36 10 黄色い戦士 青い手
1876.9.26~ 46 141 11 赤い竜 青い猿
1877.9.26~ 47 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1874年に佐賀の乱が勃発すると、直ちに自ら鎮台兵を率いて遠征、瓦解させている。
1874年に台湾出兵が行われると、戦後処理のために全権弁理大臣として清に渡り、清側から50万両の賠償金を受け取ることに調印する。
1877年に、西南戦争で京都にて政府軍を指揮した。
1878年5月14日に不平士族により東京の紀尾井坂で殺害された(紀尾井坂の変)。

西郷隆盛が明治政府を去ったあと自らも政府軍を指揮します。
ウェブスペルの色が青の後半のことでした。1877年には幼なじみの西郷隆盛が亡くなります。

大久保利通(おおくぼ としみち)まとめ

個人Kin年表からウェブスペルの色を見てみると

赤色、父・利世とともに謹慎処分。
白色、薩摩藩に復帰、藩の重要なポストにつき倒幕・明治政府を樹立。
青色の前半、明治政府の重要なポストにつき版籍奉還、廃藩置県、地租改正。使節団として外遊を行う。
青色の後半、不平士族の反乱の鎮圧、そして暗殺。

ウェブスペルの切り替わるタイミングで大きく伸びているのがわかりますね。

大久保は金銭には潔白で私財を蓄えることをせず、それどころか必要だが予算のつかなかった公共事業には私財を投じてまで行い、国の借金を個人で埋めていたそうです。
そのため死後の財産が現金140円に対して8,000円もの借金が残り、所有財産も全て抵当に入っていました。大久保の志を知っていた債権者達は借財の返済を遺族に求めませんでした。
1878年の1円は今の9,000円ほどみたいですので、現金が126万円、借金が7,200万円ほどだったらしいです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プルシェンコは、ロシアの元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。2006年トリノオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。ロシアフィギアスケート界の重鎮。皇帝と呼ばれます。

続きを読む


吉田類
吉田類(よしだ るい)は、日本の随筆家。居酒屋探訪家として冠番組『吉田類の酒場放浪記』がヒット。同ジャンルの番組が製作される先駆けになります。『吉田類のにっぽん百低山』がレギュラー放送。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


イレーヌ・ジョリオ=キュリー
イレーヌ・ジョリオ=キュリーは、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリー・キュリー。夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。親子2代に渡りノーベル賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin251)

藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


篠井英介
篠井英介(ささい えいすけ)は、日本の俳優。 当初舞台を中心に活躍。女形で有名。三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られます。当初は中性的な役が多かったが、悪役・公家役などにも起用。

続きを読む


橋本左内
橋本左内(はしもと さない)は、江戸時代末期の志士、思想家、福井藩藩士。緒方洪庵に弟子入り。やがて福井藩主の松平春嶽の側近に取り立てられます。その後、安政の大獄で将軍継嗣問題に介入したことで斬首。

続きを読む


関連記事 (政治家)

舛添要一
舛添要一(ますぞえ よういち)は、日本の国際政治学者、元政治家。参院選に自民党比例区から出馬し当選。2期務めます。第8-10代厚生労働大臣。第19代東京都知事。公私混同の問題で都知事を辞任。国際政治学者としての活動を再開。

続きを読む


ミハイル・ゴルバチョフ
ミハイル・ゴルバチョフは、ソビエト連邦及びロシア連邦の政治家で、ソ連最後の最高指導者。ソ連共産党の一党独裁体制とソ連邦そのものを終結・崩壊へと導くこととなった人物です。

続きを読む


リー・クアンユー
リー・クアンユーは、シンガポールの政治家、初代首相。独立当時シンガポールは天然資源の欠乏や水源の乏しさ、国防能力の脆弱さなど問題は山積していましたが外国企業への誘致、税制面を優遇し金融やITなどの外資企業が大量に流れ込みます。

続きを読む


関連記事 (歴史の人)

岩崎弥太郎
岩崎弥太郎さんは三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。

続きを読む


オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む


西太后
西太后(せいたいごう)は、清の咸豊帝の側妃で、同治帝の母。清末期の権力者。中国三大悪女の一人と言われる人物です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ