4,008 views

CM『au三太郎シリーズ』で一寸法師・前野朋哉の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 前野朋哉

記事公開日:2022年05月23日
最終更新日:2024年06月14日

前野朋哉
出典:wikipedia.org 2017年

前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。

大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。
2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

このページでは、前野朋哉(まえの ともや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

前野朋哉(まえの ともや)の誕生日占い

生年月日:1986年1月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin256です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い星 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin5
絶対反対kin kin126

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin256の誕生日占いは、タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動するタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

前野朋哉(まえの ともや)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岡山県倉敷市出身。

大阪芸術大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.1.14~ 18 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2005.1.14~ 19 171 2 青い猿 白い犬
2006.1.14~ 20 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
地元の高校を卒業後に大阪芸術大学芸術学部映像学科へ進学。
大学1年の時に大学の先輩の石井裕也の卒業制作作品『剥き出しにっぽん』に照明助手、役者として参加。
これをきっかけに役者としての道を歩み始めます。大阪芸術大学在学中より映画に出演する一方、映画監督兼脚本を担当。

大阪芸術大学卒業制作作品『GOGO まりこ』は2008年に京都国際学生映画祭で入選。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

ウェブスペルの色が白色に変わり大阪芸術大学で映画制作に携わります。

俳優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.1.14~ 23 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2010.1.14~ 24 176 7 黄色い戦士 白い犬
2011.1.14~ 25 21 8 赤い竜 白い魔法使い
中央大学文学部哲学科はいつころ通っていたか不明ですが卒業。

監督、脚本、主演した『脚の生えたおたまじゃくし』は2009年に第4回福井映画祭で観客賞と田中光敏監督賞など様々な受賞。
自主制作映画の監督をしつつも、石井裕也から役者も続けた方が良いと勧められ俳優を続けます。
ちなみに石井裕也の元妻は女優の満島ひかり
2010年よりテレビドラマに出演。

ウェブスペルの色が白色の半ばに石井裕也監督から役者業を勧められ続けます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.1.14~ 28 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2015.1.14~ 29 181 12 赤い竜 白い犬
2014年に6年の遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。2022年現在2児の父。
同年、朝の連続テレビ小説『マッサン』に出演。
2015年にドラマ『恋仲』に出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。

au三太郎シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.1.14~ 30 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2017.1.14~ 31 131 1 青い猿 青い猿
2018.1.14~ 32 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2016年に映画『エミアビのはじまりとはじまり』で演じた漫才コンビ「エミアビ」のコンビ名で、森岡龍とともにM-1グランプリ2016に出場。予選1回戦突破。
同年、KDDIのCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。「おかやま晴れの国大使」に任命。また、この年から舞台でも活動。
2017年に朝の連続テレビ小説『わろてんか』に出演。共演した大野拓朗と「潮干狩」のコンビ名でM-1グランプリ2017に出場。予選1回戦突破。
同年、auのエイプリルフール企画として「海の声(曲)」をカバー。1週間だけWEBで公開。

ウェブスペルの色が青色に変わりCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2024.1.14~ 38 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2025.1.14~ 39 191 9 青い猿 青い夜
2026.1.14~ 40 36 10 黄色い戦士 青い手
前野朋哉の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
38才の時はKin86。チャンスを生かすのが上手な年です。目上の人との出会いで変わります。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

前野朋哉(まえの ともや)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色に変わり大阪芸術大学で映画制作に携わります。
白色の半ばに大学の先輩の石井裕也監督から役者業を続けることを勧められ続けます。
白色の最後付近に遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。
青色に変わりCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。

漫画家の蛭子能収に容姿が似ています。
2014年の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で「蛭子能収」再現ドラマに本人役で登場。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin256)

子門真人
子門真人(しもん まさと)は、日本の元歌手、元音楽プロデューサー。代表曲に「およげ!たいやきくん」「仮面ライダー」など。日本においてアニソン歌手の先駆者的存在です。

続きを読む


荻野目洋子
荻野目洋子(おぎのめ ようこ)は、日本の歌手、女優。80年代アイドル。1980年代に「ダンシングヒーロー」を含む数々のヒット曲をリリース。結婚、育児を経て2017年に再ブレイクします。

続きを読む


大川博
大川博(おおかわ ひろし)は、日本の実業家。東映の事実上の創業者。鉄道省事務官の時に五島慶太にスカウト受け東急グループへ入社。東映で時代劇映画を軌道に乗せ黄金時代を築いた人物。

続きを読む


矢野博丈
矢野博丈(やの ひろたけ)は日本の実業家。大創産業(100円SHOPダイソー)の創業者です。

続きを読む


吉谷彩子
吉谷彩子(よしたに あやこ)は、日本の女優。子役として活動後に学業を優先。大学へ進学すると芸能活動を再び本格化。ビズリーチのCMに出演。話題を呼びます。朝の連続テレビ小説『舞い上がれ!』で大学の先輩・由良冬子役。

続きを読む


関連記事 (俳優)

渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


菅田将暉
菅田将暉(すだ まさき)は、日本の俳優、歌手。『仮面ライダーW』で桐山漣とダブル主演でデビュー。2016年にはブレイク俳優1位を獲得。翌年、ソロ歌手としてデビュー。

続きを読む


里見浩太朗
里見浩太朗(さとみ こうたろう)は、俳優・歌手。東映へ入社。その後、活躍の場をテレビに移し『水戸黄門』の助さん役を始め数々の時代劇俳優の主演を務めます。

続きを読む


小澤征悦
小澤征悦(おざわ ゆきよし)は、日本の俳優。父は世界的な指揮者の小澤征爾(おざわ せいじ)。2002年の朝の連続テレビ小説『さくら』でヒロインの恋人役を演じ注目を集めます。『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ