3,072 views

CM『au三太郎シリーズ』で一寸法師・前野朋哉の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 前野朋哉

記事公開日:2022年05月23日
最終更新日:2023年10月06日

前野朋哉
出典:wikipedia.org 2017年

前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。

大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。
2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

このページでは、前野朋哉(まえの ともや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

前野朋哉(まえの ともや)の誕生日占い

生年月日:1986年1月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin256です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い星 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin5
絶対反対kin kin126

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin256の誕生日占いは、タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動するタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

前野朋哉(まえの ともや)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岡山県倉敷市出身。

大阪芸術大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.1.14~ 18 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2005.1.14~ 19 171 2 青い猿 白い犬
2006.1.14~ 20 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
地元の高校を卒業後に大阪芸術大学芸術学部映像学科へ進学。
大学1年の時に大学の先輩の石井裕也の卒業制作作品『剥き出しにっぽん』に照明助手、役者として参加。
これをきっかけに役者としての道を歩み始めます。大阪芸術大学在学中より映画に出演する一方、映画監督兼脚本を担当。

大阪芸術大学卒業制作作品『GOGO まりこ』は2008年に京都国際学生映画祭で入選。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

ウェブスペルの色が白色に変わり大阪芸術大学で映画制作に携わります。

俳優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.1.14~ 23 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2010.1.14~ 24 176 7 黄色い戦士 白い犬
2011.1.14~ 25 21 8 赤い竜 白い魔法使い
中央大学文学部哲学科はいつころ通っていたか不明ですが卒業。

監督、脚本、主演した『脚の生えたおたまじゃくし』は2009年に第4回福井映画祭で観客賞と田中光敏監督賞など様々な受賞。
自主制作映画の監督をしつつも、石井裕也から役者も続けた方が良いと勧められ俳優を続けます。
ちなみに石井裕也の元妻は女優の満島ひかり
2010年よりテレビドラマに出演。

ウェブスペルの色が白色の半ばに石井裕也監督から役者業を勧められ続けます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.1.14~ 28 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2015.1.14~ 29 181 12 赤い竜 白い犬
2014年に6年の遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。2022年現在2児の父。
同年、朝の連続テレビ小説『マッサン』に出演。
2015年にドラマ『恋仲』に出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。

au三太郎シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.1.14~ 30 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2017.1.14~ 31 131 1 青い猿 青い猿
2018.1.14~ 32 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2016年に映画『エミアビのはじまりとはじまり』で演じた漫才コンビ「エミアビ」のコンビ名で、森岡龍とともにM-1グランプリ2016に出場。予選1回戦突破。
同年、KDDIのCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。「おかやま晴れの国大使」に任命。また、この年から舞台でも活動。
2017年に朝の連続テレビ小説『わろてんか』に出演。共演した大野拓朗と「潮干狩」のコンビ名でM-1グランプリ2017に出場。予選1回戦突破。
同年、auのエイプリルフール企画として「海の声(曲)」をカバー。1週間だけWEBで公開。

ウェブスペルの色が青色に変わりCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.1.14~ 36 136 6 黄色い戦士 青い猿
2023.1.14~ 37 241 7 赤い竜 青い鷲
2024.1.14~ 38 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
前野朋哉の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
38才の時はKin86。チャンスを生かすのが上手な年です。目上の人との出会いで変わります。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

前野朋哉(まえの ともや)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色に変わり大阪芸術大学で映画制作に携わります。
白色の半ばに大学の先輩の石井裕也監督から役者業を続けることを勧められ続けます。
白色の最後付近に遠距離恋愛を経て一般女性と結婚。
青色に変わりCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在となった。

漫画家の蛭子能収に容姿が似ています。
2014年の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で「蛭子能収」再現ドラマに本人役で登場。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin256)

乃木希典(のぎ まれすけ)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮。明治天皇の後を慕って殉死。「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残した人物。

続きを読む


伊藤淳史
伊藤淳史(いとう あつし)は、日本の俳優。子役として活動しちびノリダー役で一気に知名度を上げます。『カロリーメイト』のCM「がんばれワカゾーシリーズ」に出演。『電車男』で主演し大きな話題となります。

続きを読む


ソニン
ソニンは、日本の女優、歌手。モーニング娘。の当時のマネージャーの和田薫にスカウトされデビュー。デビューからしばらくは歌手として活動しますが2003年より女優としても活動。舞台を中心に活動しています。

続きを読む


志田彩良
志田彩良(しだ さら)は、日本の女優。2013年-2015年に「ピチレモン」の専属モデル。その後女優に転身。『ドラゴン桜 第2シリーズ』では東大専科の生徒・小杉麻里役で出演。

続きを読む


岩崎弥太郎
岩崎弥太郎さんは三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。

続きを読む


関連記事 (俳優)

速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


勝村政信
勝村政信(かつむら まさのぶ)は、日本の俳優。蜷川幸雄から学び、その後第三舞台に合流。舞台で俳優デビュー。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』へ出演し知名度をあげます。

続きを読む


西田敏行
西田敏行は、俳優、歌手、タレント、司会者。主演の映画『釣りバカ日誌』は2009年まで22作続いた自身の代表作。探偵!ナイトスクープの2代目局長に起用され司会者としての顔もあります。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


長谷川博己
長谷川博己(はせがわ ひろき)は、日本の俳優。2018年の朝の連続テレビ小説『まんぷく』で、主人公の夫・立花萬平役を演じた人物。2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で主演となる明智光秀を演じます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ