2,821 views

エッセイスト・阿川佐和子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 阿川佐和子

記事公開日:2017年12月31日
最終更新日:2021年02月06日

阿川佐和子
→ 画像検索はこちら

阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。

「報道キャスター」の仕事が多かったが1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任以来タレントとしても認められました。

2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。
父は小説家の阿川弘之(あがわ ひろゆき)。

このページでは、阿川佐和子(あがわ さわこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

阿川佐和子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1953年11月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin202です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い戦士 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin59
絶対反対kin kin72

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin202の誕生日占いは、自分が共感したものを人へ伝えたい思いの強いタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

阿川佐和子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

小説家の阿川弘之の長女として東京都で生まれます。

女子中、女子高を経て慶應義塾大学文学部西洋史学科を卒業します。
おしとやかに育ってほしいと女子高にいれたら逆におてんばに育ってしまったそうです。

織物職人を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.11.1~ 22 172 3 黄色い人 白い犬
1976.11.1~ 23 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1977.11.1~ 24 122 5 白い風 白い鏡
大学を卒業後は織物職人を目指し、様々なアルバイトを経験します。

ウェブスペルの色が白色の前半から織物職人を目指します。

硬派な報道番組に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.1~ 27 177 8 赤い地球 白い犬
1982.11.1~ 29 127 10 青い手 白い鏡
1988.11.1~ 35 237 3 赤い地球 青い鷲
1991.11.1~ 38 32 6 黄色い人 青い手
1981年に、『朝のホットライン』でリポーター
1983年より『情報デスクToday』のアシスタント
1989年から『筑紫哲也 NEWS23』のキャスター
1992年にアメリカ・ワシントンに渡り、1993年に帰国し『報道特集』のキャスターになります。

硬派な報道番組に出演を繰り返し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
一方、1988年よりエッセイを非定期に出版します。

ウェブスペルの色が白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.11.1~ 44 142 12 白い風 青い猿
1998.11.1~ 45 247 13 青い手 青い鷲
1999.11.1~ 46 92 1 黄色い人 黄色い人
1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任。強烈な共演者におくすることなく適度なツッコミがうけタレントとしての才能も認められます。
『ビートたけしのTVタックル』は1989年から2021年現在も続く長寿番組です。

1999年に小説に初挑戦し「ウメ子」で坪田譲治文学賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。

エッセイ『聞く力』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.11.1~ 57 207 12 青い手 黄色い戦士
2011.11.1~ 58 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2012.11.1~ 59 157 1 赤い地球 赤い地球
2011年より冠番組となる『サワコの朝』の放送が開始されます。

2012年にエッセイ『聞く力』を出版。トーハン発表の2012年年間ベストセラーで総合1位を記録します。

ウェブスペルの色が赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.11.1~ 63 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
若いころから100回以上のお見合いを行った武勇伝を持っている阿川佐和子さん。

2017年5月9日に元・大学教授との婚姻届けを提出しました。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.11.1~ 66 112 8 黄色い人 赤い蛇
2020.11.1~ 67 217 9 赤い地球 赤い月
2021.11.1~ 68 62 10 白い風 赤い空歩く人
阿川佐和子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の後半に当たります。
67才の時はKin217。細かなことによく気がつく年です。誤解を受けやすい面もあります。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

阿川佐和子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半から織物職人を目指します。
白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。
赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。
赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

童謡「さっちゃん」の少女サッちゃんのモデルは阿川佐和子だそうです。
作詞の阪田寛夫と父の阿川弘之は知り合いだったそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

遠藤雅伸
遠藤雅伸(えんどう まさのぶ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。ナムコ在籍時に『ゼビウス』『ドルアーガの塔』等を手がけ、その後独立。『ゼビウス』のヒットを機にメディアに出演しゲームデザイナーとして知られる存在となった。

続きを読む


伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


優香
優香(ゆうか)は、日本のタレント・女優。夫は俳優の青木崇高。ホリプロからスカウトされデビュー。ジョージアのCMに飯島直子と共演しブレイク。志村けんとはデビュー当初より共演。バカ殿様の優香姫で有名。長く『Qさま!!』の司会を担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin202)

宮崎駿
宮﨑駿さんは映画監督、アニメーター、漫画家。株式会社スタジオジブリ取締役。「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」など代表作が多数あります。

続きを読む


和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


大野智
大野智(おおの さとし)は、歌手、俳優、タレント、アイドルであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバーでありリーダー。

続きを読む


関連記事 (タレント)

笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


田中祐二と山口もえ
田中祐二と山口もえは2015年10月に結婚した夫婦です。田中祐二は一般女性と2000年に結婚、2009年に離婚。山口もえは実業家の尾関茂雄と2005年に結婚、2011年に離婚。

続きを読む


宇梶剛士
芸能界に入る前は当時日本最大の暴走族の総長。少年院で改心し俳優を目指し菅原文太の付き人となり美輪明宏に見出され舞台を踏みます。その後、多数のテレビドラマや映画で活躍。

続きを読む


関連記事 (作家)

菊池寛
菊池寛(きくち かん)は小説家であり、現在も続く文藝春秋社を創設した実業家です。芥川賞、直木賞の創設者です。

続きを読む


池波正太郎
池波正太郎(いけなみ しょうたろう)は日本の戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。代表作は『鬼平犯科帳』『剣客商売』 『仕掛人 藤枝梅安』の3大シリーズ。

続きを読む


永六輔
永六輔(えい ろくすけ)は、放送作家・エッセイスト、作詞家。多彩な活躍ぶりで歴史に名を残します。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ