1,455 views

エッセイスト・阿川佐和子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 阿川佐和子

記事公開日:2017年12月31日
最終更新日:2019年02月18日

阿川佐和子
→ 画像検索はこちら

阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。

「報道キャスター」の仕事が多かったが1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任以来タレントとしても認められました。

2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。
父は小説家の阿川弘之(あがわ ひろゆき)。

このページでは阿川佐和子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

阿川佐和子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1953年11月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin202です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い戦士 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin59
絶対反対kin kin72

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin202の誕生日占いは、自分が共感したものを人へ伝えたい思いの強いタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

阿川佐和子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

小説家の阿川弘之の長女として東京都で生まれます。

女子中、女子高を経て慶應義塾大学文学部西洋史学科を卒業します。
おしとやかに育ってほしいと女子高にいれたら逆におてんばに育ってしまったそうです。

織物職人を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.11.1~ 22 172 3 黄色い人 白い犬
1976.11.1~ 23 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1977.11.1~ 24 122 5 白い風 白い鏡
大学を卒業後は織物職人を目指し、様々なアルバイトを経験します。

ウェブスペルの色が白色の前半から織物職人を目指します。

硬派な報道番組に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.1~ 27 177 8 赤い地球 白い犬
1982.11.1~ 29 127 10 青い手 白い鏡
1988.11.1~ 35 237 3 赤い地球 青い鷲
1991.11.1~ 38 32 6 黄色い人 青い手
1981年に、『朝のホットライン』でリポーター
1983年より『情報デスクToday』のアシスタント
1989年から『筑紫哲也 NEWS23』のキャスター
1992年にアメリカ・ワシントンに渡り、1993年に帰国し『報道特集』のキャスターになります。

硬派な報道番組に出演を繰り返し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
一方、1988年よりエッセイを非定期に出版します。

ウェブスペルの色が白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.11.1~ 44 142 12 白い風 青い猿
1998.11.1~ 45 247 13 青い手 青い鷲
1999.11.1~ 46 92 1 黄色い人 黄色い人
1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任。強烈な共演者におくすることなく適度なツッコミがうけタレントとしての才能も認められます。
『ビートたけしのTVタックル』は1989年から2017年現在も続く長寿番組です。

1999年に小説に初挑戦し「ウメ子」で坪田譲治文学賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。

エッセイ『聞く力』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.11.1~ 57 207 12 青い手 黄色い戦士
2011.11.1~ 58 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2012.11.1~ 59 157 1 赤い地球 赤い地球
2011年より冠番組となる『サワコの朝』の放送が開始されます。

2012年にエッセイ『聞く力』を出版。トーハン発表の2012年年間ベストセラーで総合1位を記録します。

ウェブスペルの色が赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.11.1~ 63 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
若いころから100回以上のお見合いを行った武勇伝を持っている阿川佐和子さん。

2017年5月9日に元・大学教授との婚姻届けを提出しました。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.11.1~ 64 162 6 白い風 赤い地球
2018.11.1~ 65 7 7 青い手 赤い竜
2019.11.1~ 66 112 8 黄色い人 赤い蛇
阿川佐和子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
65才の時はKin7。感動しやすくノリのよい年です。素直さがとりえです。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

一歩退いて周囲を見ましょう。

阿川佐和子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半から織物職人を目指します。
白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。
赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。
赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

童謡「さっちゃん」の少女サッちゃんのモデルは阿川佐和子だそうです。
作詞の阪田寛夫と父の阿川弘之は知り合いだったそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山口智子
山口智子(やまぐち ともこ)は日本の女優。数々のトレンディドラマに出演し一躍スターになります。唐沢寿明と結婚後は女優業からCMへ仕事をシフト。

続きを読む


モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


桐谷広人
桐谷広人(きりたに ひろと)は、日本の将棋棋士・投資家。日本のプロ棋士。棋士番号120。2007年に引退。株主優待を使いこなす個人株式投資家として有名になりマスメディアなどに頻繁に登場しました。

続きを読む


橋本環奈
橋本環奈(はしもと かんな)は、日本の元アイドル・女優・歌手。福岡のイベントで踊っている写真が可愛すぎるとネットで大騒ぎ。一躍時の人となります。高校を卒業後に上京し女優業が本格化。

続きを読む


本木雅弘
本木雅弘(もとき まさひろ)は、日本の俳優、元歌手。シブガキ隊のメンバーとして活躍。解散後に俳優に転身。代表作は『シコふんじゃった。』『徳川慶喜』『おくりびと』など。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin202)

長渕剛
長渕剛(ながぶち つよし)は、日本のシンガーソングライター・俳優・詩人・画家。1977年の歌手デビュー以来、トータル売り上げで2000万枚を突破。俳優としてテレビドラマや映画にも出演。妻は志保美悦子。

続きを読む


マシュー・ペリー
マシュー・ペリーは、アメリカ海軍の軍人。江戸時代幕末に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国への交渉を要求したことで知られます。

続きを読む


和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


関連記事 (タレント)

ヒロミ
ヒロミは、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家。B21スペシャルで人気を博します。しばらくテレビで見られない期間がつづいたあとバラエティ番組に本格的に復帰し再ブレイクを果たします。

続きを読む


小林克也
小林克也(こばやし かつや)は、日本のラジオDJ、ナレーター、タレント、俳優。1970年代から現在まで活躍し続けるDJ(ディスクジョッキー)です。

続きを読む


加藤浩次
お笑いコンビ「極楽とんぼ」のツッコミ担当です。「極楽とんぼ」で人気を得ます。その後、司会業に進出。しかし相方の不祥事でコンビとしての活動を停止。2016年よりコンビとしての活動を再開しました。

続きを読む


関連記事 (作家)

江戸川乱歩
江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)は、日本の小説家・推理作家。日本人初の本格推理作家。少年向けの「怪人二十面相」は少年から圧倒的に支持を受けた。戦後に推理作家への登竜門として知られる江戸川乱歩賞を制定。

続きを読む


小林多喜二
小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

続きを読む


阿久悠と都倉俊一
阿久悠さんは作詞家、都倉俊一さんは作曲家。この2人がコンビで送り出した歌手に山本リンダやピンクレディーがいます。昭和の時代を代表する2人の歌手です。都倉俊一さんはピンクレディーの名付けの親でもあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事