623 views

エッセイスト・阿川佐和子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 阿川佐和子

記事公開日:2017年12月31日
最終更新日:2018年04月06日

阿川佐和子
→ 画像検索はこちら

阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。

「報道キャスター」の仕事が多かったが1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任以来タレントとしても認められました。

2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。
父は小説家の阿川弘之(あがわ ひろゆき)。

このページでは阿川佐和子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

阿川佐和子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1953年11月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin202です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い戦士 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin59
絶対反対kin kin72

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin202の誕生日占いは、自分が共感したものを人へ伝えたい思いの強いタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

阿川佐和子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

小説家の阿川弘之の長女として東京都で生まれます。

女子中、女子高を経て慶應義塾大学文学部西洋史学科を卒業します。
おしとやかに育ってほしいと女子高にいれたら逆におてんばに育ってしまったそうです。

織物職人を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.11.1~ 22 172 3 黄色い人 白い犬
1976.11.1~ 23 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1977.11.1~ 24 122 5 白い風 白い鏡
大学を卒業後は織物職人を目指し、様々なアルバイトを経験します。

ウェブスペルの色が白色の前半から織物職人を目指します。

硬派な報道番組に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.1~ 27 177 8 赤い地球 白い犬
1982.11.1~ 29 127 10 青い手 白い鏡
1988.11.1~ 35 237 3 赤い地球 青い鷲
1991.11.1~ 38 32 6 黄色い人 青い手
1981年に、『朝のホットライン』でリポーター
1983年より『情報デスクToday』のアシスタント
1989年から『筑紫哲也 NEWS23』のキャスター
1992年にアメリカ・ワシントンに渡り、1993年に帰国し『報道特集』のキャスターになります。

硬派な報道番組に出演を繰り返し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
一方、1988年よりエッセイを非定期に出版します。

ウェブスペルの色が白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.11.1~ 44 142 12 白い風 青い猿
1998.11.1~ 45 247 13 青い手 青い鷲
1999.11.1~ 46 92 1 黄色い人 黄色い人
1998年に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任。強烈な共演者におくすることなく適度なツッコミがうけタレントとしての才能も認められます。
『ビートたけしのTVタックル』は1989年から2017年現在も続く長寿番組です。

1999年に小説に初挑戦し「ウメ子」で坪田譲治文学賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。

エッセイ『聞く力』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.11.1~ 57 207 12 青い手 黄色い戦士
2011.11.1~ 58 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2012.11.1~ 59 157 1 赤い地球 赤い地球
2011年より冠番組となる『サワコの朝』の放送が開始されます。

2012年にエッセイ『聞く力』を出版。トーハン発表の2012年年間ベストセラーで総合1位を記録します。

ウェブスペルの色が赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.11.1~ 63 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
若いころから100回以上のお見合いを行った武勇伝を持っている阿川佐和子さん。

2017年5月9日に元・大学教授との婚姻届けを提出しました。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.11.1~ 64 162 6 白い風 赤い地球
2018.11.1~ 65 7 7 青い手 赤い竜
2019.11.1~ 66 112 8 黄色い人 赤い蛇
阿川佐和子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
64才の時はKin162。言葉の重みを知っている年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

外に向かうより内側を安定。

阿川佐和子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半から織物職人を目指します。
白色の後半から硬派な報道番組に出演し「報道キャスター」のイメージ色が強くなります。
青色の最期付近に『ビートたけしのTVタックル』の進行役に就任しタレントとしての才能が認められました。
赤色に変わったタイミングでエッセイ『聞く力』は大ヒットになります。
赤色の半ばに元・大学教授と結婚しました。

童謡「さっちゃん」の少女サッちゃんのモデルは阿川佐和子だそうです。
作詞の阪田寛夫と父の阿川弘之は知り合いだったそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

イアン・ソープ
イアン・ソープは、オーストラリアの男性競泳選手。オリンピックで5つの金メダルを獲得。オーストラリア人選手として最多のメダル獲得者。イアンソープ旋風を巻き起こします。

続きを読む


有働由美子
有働由美子(うどう ゆみこ)は日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。2010年から2018年3月までNHKの『あさイチ』の司会をV6の井ノ原快彦と務めます。

続きを読む


細川たかし
細川たかし(ほそかわ たかし)は、日本の演歌歌手。「心のこり」でデビューし大ヒット。「欽ちゃんのどこまでやるの!」にレギュラー入り。「北酒場」「矢切の渡し」などが大ヒットします。

続きを読む


八代亜紀
八代亜紀(やしろ あき)は、日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。「なみだ恋」「舟唄」「雨の慕情」などの曲が大ヒット。紅白歌合戦の大トリを2度務めた日本を代表する演歌歌手です。

続きを読む


五木ひろし
五木ひろし(いつき ひろし)は日本の演歌歌手、作曲家、俳優。「よこはま・たそがれ」で大ヒット。以降、日本レコード大賞と紅白歌合戦の常連となります。妻は元女優の和由布子。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin202)

和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


マシュー・ペリー
マシュー・ペリーは、アメリカ海軍の軍人。江戸時代幕末に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国への交渉を要求したことで知られます。

続きを読む


鳥山明
鳥山明は漫画家、デザイナー。Dr.スランプやドラゴンボールの作者であり、ドラゴンクエストのキャラクターのデザイナーとして有名です。1981年から長期に渡り鳥山明原作のアニメが放映されました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

デーブ・スペクター
デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家。小学校時代に日本に興味を持ち、その後日本でコメンテーターとして活躍。ダジャレを発するアメリカ人としても有名。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


カンニング竹山
カンニング竹山は、日本のタレント、お笑い芸人、俳優、漫才師、コメンテーター。ネタ中やトーク中になりふりかまわずキレまくる「キレキャラ」が定着し人気を得る。

続きを読む


関連記事 (作家)

芥川龍之介
芥川 龍之介さんは、大正時代にかけて活躍した小説家です。新人文学賞の「芥川賞」は親友の菊池寛が芥川から名からとって創設した賞で純文学の新人に与えられます。

続きを読む


橋田壽賀子
橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。

続きを読む


菊池寛
菊池寛(きくち かん)は小説家であり、現在も続く文藝春秋社を創設した実業家です。芥川賞、直木賞の創設者です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事