486 views

タレント・大竹まことの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大竹まこと

記事公開日:2020年05月24日
最終更新日:2020年11月27日

大竹まこと
→ 画像検索はこちら

大竹まこと(おおたけ まこと)は、日本のお笑いタレント、俳優、ラジオパーソナリティ。

斉木しげる・きたろうの3人でシティボーイズを結成。眼鏡とヒゲが特徴的。
ピンで活動することが多くなり、若かりし頃は暴走キャラクターを芸風としていました。

このページでは、大竹まこと(おおたけ まこと)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ シティボーイズの誕生日占いと相性占いを診断

大竹まことの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1949年5月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin139です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い猿 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin122
絶対反対kin kin9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin139の誕生日占いは、不思議な色気のあるタイプです。こだわりがブレーキになります。転機が新しいものを生み出す力。

広告

大竹まことの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都目黒区出身。本名は大竹真。双子の弟がおり、ジャーナリスト、作家、料理人の大竹オサム。
東京大学教育学部附属中学校・高等学校を卒業。

表現劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.5.22~ 22 109 5 赤い月 赤い蛇
1972.5.22~ 23 214 6 白い魔法使い 赤い月
1973.5.22~ 24 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1971年に通って間もない劇団「俳優小劇場」で幹部で内紛がおき直談判のすえ費用の返金を受けます。
同じような立場の仲間が集まり劇団「表現劇場」を結成。後にシティボーイズを結成するきたろう、斉木しげるの2人と俳優の風間杜夫がこの劇団に在籍。
劇団時代はアルバイトなどせず女性ヒモの生活を送ります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに劇団「表現劇場」を結成。

シティボーイズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.5.22~ 30 169 13 赤い月 赤い地球
1980.5.22~ 31 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1981.5.22~ 32 119 2 青い嵐 白い鏡
1979年にきたろう、斉木しげると劇団ユニット「シティボーイズ」を結成。
公開イベントのプログラムを勝手に書き換えシティボーイズのコントを合間に差し入れ。業界関係者の目にとまり芝居批評の記事となった。
1981年に「お笑いスター誕生」でシティボーイズは10週勝ち抜き。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に「シティボーイズ」を結成。

上岡龍太郎

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.5.22~ 33 224 3 黄色の種 白い風
1983.5.22~ 34 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1984.5.22~ 35 174 5 白い魔法使い 白い犬
1980年代初頭、上岡龍太郎に声をかけられ大阪にいきます。1度目は萎縮し何もできませんでした。
2度目は無いと思っていましたが、再度声をかけられ大阪へ。2度目は大爆笑をとり、近畿圏への足掛かりを築きます。
大竹まことにとって上岡龍太郎は「師と仰ぐ事すら失礼にあたる」と尊敬しているそうです。

ウェブスペルの色が白色の前半に上岡龍太郎に声をかけられ近畿圏への足掛かりを築きます。

常滑川まこと

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.22~ 36 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1986.5.22~ 37 124 7 黄色の種 白い鏡
1987.5.22~ 38 229 8 赤い月 白い風
1980年代はシティボーイズとして活動が多かったが徐々にピンでの活動が増えていきます。
1985年に『夕やけニャンニャン』の司会に起用されます。「常滑川まこと」名義で出演。
この頃、ピンで活動するときは「常滑川まこと」を使っていました。
また「常滑川まこと」はかなりの暴走キャラクターを芸風としていました。

ウェブスペルの色が白色の半ばに「常滑川まこと」名義でピンで活動。『夕やけニャンニャン』の司会に起用。

日テレ出入り禁止

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.5.22~ 39 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1989.5.22~ 40 179 10 青い嵐 白い犬
1990.5.22~ 41 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1988年に日本テレビの木曜スペシャル『タモリのいたずら大全集』に出演。
ここで出演者の山瀬まみに喧嘩をふっかけ泣かせ、さらに番組セットを破壊。
この事件から長年日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなかった。
山瀬まみとは2008年に共演。

ウェブスペルの色が白色の後半にテレビ番組でやりすぎて日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなくなります。

上岡龍太郎にはダマされないぞ!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.5.22~ 42 129 12 赤い月 白い鏡
1992.5.22~ 43 234 13 白い魔法使い 白い風
1996.5.22~ 47 134 4 白い魔法使い 青い猿
1990年より「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」にレギュラー出演。1996年まで。
1996年8月8日に大竹の運転する車と信号を無視したバイクが接触。バイクの運転手が死亡。大竹に過失がなかったが2週間謹慎します。

ウェブスペルの色が青色の前半にバイクと接触事故。過失がなかったが2週間謹慎。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.5.22~ 49 84 6 黄色の種 青い嵐
1999.5.22~ 50 189 7 赤い月 青い夜
2007.5.22~ 58 249 2 赤い月 黄色い星
1998年より「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。阿川佐和子も同年より進行役でレギュラー出演。
2007年より文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。
2020年現在つづく長期レギュラー出演となった。

ウェブスペルの色が青色の半ばより「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。
黄色の始めころより「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.22~ 71 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2021.5.22~ 72 159 3 青い嵐 赤い地球
2022.5.22~ 73 4 4 黄色の種 赤い竜
大竹まことの現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
71才の時はKin54。張り詰めた緊張感の持ち主の年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

大竹まことのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに劇団「表現劇場」を結成。
赤色の最後の年に「シティボーイズ」を結成。
白色の前半に上岡龍太郎に声をかけられ近畿圏への足掛かりを築きます。
白色の半ばに「常滑川まこと」名義でピンで活動。『夕やけニャンニャン』の司会に起用。
白色の後半にテレビ番組でやりすぎて日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなくなります。
青色の前半にバイクと接触事故。過失がなかったが2週間謹慎。
青色の半ばより「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。
黄色の始めころより「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。

シティボーイズとして毎年ゴールデンウィーク前後に舞台公演を行っていました。直近では2017年に行っています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


森七菜
森七菜(もり なな)、日本の女優。大分県出身。スカウトを受け芸能界入り。劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin139)

豊川悦司
豊川悦司(とよかわ えつし)は、日本の俳優。舞台俳優を経て映画、テレビドラマなどの映像作品に出演。ドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。最高視聴率28.1%を記録。

続きを読む


蓮舫
蓮舫(れんほう)は、日本の政治家、元タレント。『スーパージョッキー』や『サッポロ黒ラベル』CMで知名度を上げます。報道・情報番組に主軸を移し、その後政界入り。民主党が与党時代に事業仕分けで話題。

続きを読む


原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

宮崎美子
宮崎美子(みやざき よしこ)は、日本の女優、タレント。大学時代にカメラのCMで大きな話題を呼びます。その後、女優としての才能を開花させます。知識が豊富で「Qさま!!」で活躍しています。

続きを読む


デーブ・スペクター
デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家。小学校時代に日本に興味を持ち、その後日本でコメンテーターとして活躍。ダジャレを発するアメリカ人としても有名。

続きを読む


なるみ
なるみは、日本のタレント。本名は井上鳴美(いのうえ なるみ)。愛称は「なるなる」。愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして主に関西ローカルのテレビ・ラジオ番組で活躍。

続きを読む


川合俊一
川合俊一(かわい しゅんいち)は、日本のタレント。バレーボール選手として日本男子バレーボール界をリード。引退後はプロビーチバレー選手に転身。ビーチバレーの楽しさを伝えようとタレントとして活動。

続きを読む


野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ