1,849 views

ドリカム・吉田美和の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉田美和

記事公開日:2018年08月24日
最終更新日:2019年11月13日

吉田美和
→ 画像検索はこちら

吉田美和(よしだ みわ)は、DREAMS COME TRUE(ドリカム)のボーカルを務めるシンガーソングライター、作詞家、作曲家。

ドリカムの楽曲の全ての作詞と数多くの作曲を手がけています。

このページでは吉田美和の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)の誕生日占いと相性占いを診断

吉田美和の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1965年5月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin243です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い鷲 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin18
絶対反対kin kin113

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin243の誕生日占いは、集中したときに能力を発揮し、夢を他のひとへ与えれるタイプです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

吉田美和の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

北海道中川郡池田町出身。
高校時代に元ドリカムの西川隆宏と出会います。

中村正人と出会う

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.6~ 20 3 3 青い夜 赤い竜
1986.5.6~ 21 108 4 黄色い星 赤い蛇
1987.5.6~ 22 213 5 赤い空歩く人 赤い月
20才の時に中村正人と初めて会います。初めて会った時に「うれしはずかし朝帰り」「週に一度の恋人」を歌って聴かせたといいます。
当初、中村正人は吉田美和の歌声に惚れこみ、裏方(マネージャー業)で関わります。
小泉今日子中山美穂のバックボーカルや、中村正人と共にとんねるずなどのバックバンドに参加します。

ウェブスペルの色が赤色の前半に中村正人と出会います。

DREAMS COME TRUE

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.5.6~ 23 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1989.5.6~ 24 163 7 青い夜 赤い地球
1988年にドリカムの前進となる「CHA-CHA & AUDREY’s Project」を吉田美和、中村正人、西川隆宏の3名で結成。
まもなく「夢はかなう」と言う意味の「DREAMS COME TRUE」に改名。1989年にシングル「あなたに会いたくて」とアルバム『DREAMS COME TRUE』の同時リリースでCDデビューします。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『DREAMS COME TRUE』を結成。CDデビューを果たします。

圧倒的なセールス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.5.6~ 25 8 8 黄色い星 赤い竜
1991.5.6~ 26 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1992.5.6~ 27 218 10 白い鏡 赤い月
「DREAMS COME TRUE」は1990年代に圧倒的なセールスを記録します。

1991年11月 4枚目のアルバム「MILLION KISSES」が240万枚
1992年11月 5枚目のアルバム「The Swinging Star」が302万枚
1993年12月 6枚目のアルバム「MAGIC」が270万枚
1995年3月 7枚目のアルバム「DELICIOUS」(デリシャス)が200万枚
1996年4月 8枚目のアルバム「LOVE UNLIMITED∞」(ラヴ・アンリミテッド)が200万枚

ウェブスペルの色が赤色の後半より『DREAMS COME TRUE』のメンバーとして圧倒的なセールスを記録します。

ソロデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.5.6~ 30 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1996.5.6~ 31 118 1 白い鏡 白い鏡
1997.5.6~ 32 223 2 青い夜 白い風
1995年にアルバム「beauty and harmony」でソロデビュー。
ニューヨーク・LAで活躍するトップミュージシャン達と共演を果たし共に全国ツアーを行います。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年にソロデビュー。

結婚を発表

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.5.6~ 37 228 7 黄色い星 白い風
2003.5.6~ 38 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
2004.5.6~ 39 178 9 白い鏡 白い犬
2002年3月で西川隆宏が『DREAMS COME TRUE』より脱退し中村正人と2人構成になります。
2003年3月に交際中の末田健の離婚が成立。末田は吉田の9歳年下で、一児を持つ既婚者でした。2004年に事実婚を発表。
2004年12月公開の映画『アマレット』を自主制作し、中村正人とともに初の原案・主演を行います。

ウェブスペルの色が白色の半ばに西川隆宏が『DREAMS COME TRUE』を脱退
白色の後半に末田健との事実婚と言う形で結婚を発表。

夫が死去

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.5.6~ 42 233 12 赤い空歩く人 白い風
2008.5.6~ 43 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2009.5.6~ 44 183 1 青い夜 青い夜
2007年9月に末田健が死去。
2008年に広辞苑・第六版の広告媒体に著名人8人の1人として起用されます。同年、出身地の北海道池田町の町民特別栄誉賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に末田健が死去。

結婚を発表

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.5.6~ 46 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2012.5.6~ 47 238 4 白い鏡 青い鷲
2012年にFUZZY CONTROLの鎌田樹音と入籍したことを発表しました。

ウェブスペルの色が青色の前半に鎌田樹音と入籍を発表しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.5.6~ 53 88 10 黄色い星 青い嵐
2019.5.6~ 54 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2020.5.6~ 55 38 12 白い鏡 青い手
吉田美和の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
54才の時はKin193。パフォーマンスが得意な年です。エネルギッシュでパワフルです。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

自分のままに生きることが自分らしく生きること。

吉田美和のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に中村正人と出会います。
赤色の半ばに『DREAMS COME TRUE』を結成。CDデビューを果たします。
赤色の後半より『DREAMS COME TRUE』のメンバーとして圧倒的なセールスを記録します。
赤色の最後の年にソロデビュー。
白色の半ばに西川隆宏が『DREAMS COME TRUE』を脱退
白色の後半に末田健との事実婚と言う形で結婚を発表。
白色の最後付近に末田健が死去。
青色の前半に鎌田樹音と入籍を発表しました。

作曲家としても数多くの曲を作っているが、楽譜が読めないことを公言。
作曲の際は吉田が書いた独特のメモを元に中村が採譜するといいます。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池田勇人
池田勇人(いけだ はやと)は、日本の政治家。第58・59・60代内閣総理大臣。吉田茂の右腕として頭角を現します。総理在任中に所得倍増計画を発表。東京オリンピック開催など、高度経済成長期を代表する政治家。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin243)

佐藤栄作
佐藤栄作(さとう えいさく)は、日本の鉄道官僚、政治家。内閣総理大臣(第61・62・63代)。日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げ1974年にノーベル平和賞を受賞した人物です。

続きを読む


長嶋茂雄
長嶋茂雄(ながしま しげお)は、元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

続きを読む


関連記事 (歌手)

和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


前田敦子
前田敦子(まえだ あつこ)は、日本の女優、歌手。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。オープニングメンバーであり、センターとして約6年活動。卒業後は女優業に専念。夫は俳優の勝地涼。

続きを読む


島倉千代子
島倉千代子(しまくら ちよこ)は、日本の演歌歌手。デビュー曲が200万枚を売る大ヒット。しかし私生活でのトラブルで多額の借金を背負います。その後『人生いろいろ』が大ヒット。モノマネをきっかけに再ブレイク。

続きを読む


吉川晃司
吉川晃司(きっかわ こうじ)は、日本のロックミュージシャン、俳優。歌手デビューと同時に映画デビュー。その後、布袋寅泰と「COMPLEX」を結成。2000年を過ぎてから俳優としての活動を増やします。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事