437 views

俳人・正岡子規の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 正岡子規

記事公開日:2019年07月06日
最終更新日:2019年10月25日

正岡子規
出典:wikipedia.org

正岡子規(まさおか しき)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。

明治時代を代表する文学者の一人。日本の近代文学に多大な影響を及ぼした人物です。

このページでは正岡子規の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

正岡子規の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1867年10月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin254です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 黄色い星 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin7
絶対反対kin kin124

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin254の誕生日占いは、いつも身辺を身軽にしておくことで明るく元気になるタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

正岡子規の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

現・現愛媛県松山市に生まれます。幼名は正岡処之助(ところのすけ)。
父は松山藩士の正岡常尚。

家督を相続

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1872.10.14~ 5 259 12 青い嵐 黄色い星
1873.10.14~ 6 104 13 黄色の種 黄色い人
1874.10.14~ 7 209 1 赤い月 赤い月
1872年に父が亡くなり家督を相続。叔父が後見となった。
1873年に末広小学校に入学。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しんだ。

ウェブスぺリルの色が黄色の最後付近に父が亡くなり家督を相続。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1880.10.14~ 13 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1883.10.14~ 16 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1884.10.14~ 17 219 11 青い嵐 赤い月
1880年に松山中学に入学。
1883年に松山中学を退学。上京し共立学校(現・開成高)に入学。
1884年に旧藩主家の給費生となり、東大予備門(のち一高、現・東大教養学部)に入学。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に上京。東大予備門に入学。

松山中学、共立学校から秋山真之と同級で友人。秋山真之は後に海軍に入り、日露戦争で参謀としてバルチック艦隊に勝利した人物。秋山の兄・秋山好古は陸軍大将で「日本騎兵の父」と云われた人物。
東大予備門では夏目漱石南方熊楠・山田美妙らと同窓。

結核

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1889.10.14~ 22 224 3 黄色の種 白い風
1890.10.14~ 23 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1891.10.14~ 24 174 5 白い魔法使い 白い犬
1889年に鎌倉旅行中に吐血。結核と診断されます。
1890年に帝国大学哲学科に進学したものの、後に文学に興味を持ち、翌年には国文科に転科。

ウェブスペルの色が白色の前半に結核を発病。

従軍記者

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1892.10.14~ 25 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1894.10.14~ 27 229 8 赤い月 白い風
1895.10.14~ 28 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1892年に帝国大学を中退し、新聞『日本』の記者となり、母と妹を呼び寄せます。
1894年に東京の根岸に家族と共に移ります。この場所を子規庵と言い、活動の拠点とします。現在も建物は残っています。
1895年に日清戦争に従軍記者として大陸に渡り、帰国の際に森鴎外等にあいさつし帰国。
その途上の船で喀血して重態となり、神戸、松山で療養生活。

ウェブスペルの色が白色の半ばに新聞『日本』の記者となる。
白色の後半に日清戦争に従軍記者として赴任。帰国の途上で重体に陥り、神戸、松山で療養生活。

正岡子規

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1896.10.14~ 29 179 10 青い嵐 白い犬
1897.10.14~ 30 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1898.10.14~ 31 129 12 赤い月 白い鏡
鳴いて血を吐くと言われるホトトギスになぞり、自分の俳号を「子規」にします。夏目漱石の下宿に移り住み、俳句会などを開催。
1897年に俳句雑誌「ホトトギス」を刊行。俳句や与謝蕪村などを研究し、俳句の世界に大きく貢献。
1898年に「歌よみに与ふる書」を新聞『日本』に連載。近代短歌への転機となった。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に「ホトトギス」や「歌よみに与ふる書」を発表。俳句や近代短歌に大きな影響を与えた。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1899.10.14~ 32 234 13 白い魔法使い 白い風
1900.10.14~ 33 79 1 青い嵐 青い嵐
1901.10.14~ 34 184 2 黄色の種 青い夜
1900年に大量の喀血。
1902年9月19日に子規庵で結核のため亡くなります。

ウェブスペルの色が青色の始めころに結核のために亡くなりました。

正岡子規のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に父が亡くなり家督を相続。
赤色の最後付近に上京。東大予備門に入学。
白色の前半に結核を発病。
白色の半ばに新聞『日本』の記者となる。
白色の後半に日清戦争に従軍記者として赴任。帰国の途上で重体に陥り、神戸、松山で療養生活。
白色の最後付近に「ホトトギス」や「歌よみに与ふる書」を発表。俳句や近代短歌に大きな影響を与えた。
青色の始めころに結核のために亡くなりました。

松山藩出身の秋山好古(よしふる)・真之(さねゆき)兄弟、俳人・正岡子規の話は司馬遼太郎作「坂の上の雲」で描かれています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

久保田雅人
久保田雅人(くぼた まさと)は、日本の男性声優、タレント。子供向け工作番組『つくってあそぼ』にワクワクさんとして長年出演。番組終了後もワクワクさんとしての活動。

続きを読む


はいだしょうこ
はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。元宝塚歌劇団出身。旧芸名は、千琴ひめか。その後、『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさんを担当。

続きを読む


三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


佐藤弘道
佐藤弘道(さとう ひろみち)は、日本の体操インストラクター、司会者。『おかあさんといっしょ』の10代目たいそうのおにいさん。愛称は「ひろみちおにいさん」。

続きを読む


森末慎二
森末慎二(もりすえ しんじ)は、日本の元体操競技選手、タレント。1984年のロサンゼルス五輪では金銀銅の3つのメダルを獲得。引退後はテレビタレントとして活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin254)

矢沢永吉
矢沢永吉(やざわ えいきち)は、ロックミュージシャン。伝説のバンドと称される「キャロル」を経て、ソロデビュー。ロック系大衆音楽界ビジネスの開祖的存在です。

続きを読む


庵野秀明
庵野秀明(あんの ひであき)は、アニメーター、映画監督、実業家。代表作に『新世紀エヴァンゲリオン』『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』などがあります。

続きを読む


イモトアヤコ
イモトアヤコの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。イモトアヤコは、お笑いタレント、女優。本名は井本絢子(いもと あやこ)。愛称は珍獣ハンター・イモト。『世界の果てまでイッテQ!』の企画で一躍注目を集めます。トレードマークは太いまゆげ。

続きを読む


周防正行
周防正行(すお まさゆき)は、日本の映画監督、脚本家。代表作に『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などあります。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


関連記事 (作家)

島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


秋元康
秋元康(あきもと やすし)は、日本の作詞家、放送作家、漫画原作者。AKB48グループのほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛けます。

続きを読む


富野由悠季
富野由悠季(とみの よしゆき)は日本のアニメ監督、演出家、脚本家です。テレビアニメ界の草創期から知る人物で代表作に「ガンダム」シリーズがあります。

続きを読む


アンデルセン
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、デンマークの代表的な童話作家、詩人。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』など。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事