757 views

俳優・仲村トオルの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 仲村トオル

記事公開日:2017年02月19日
最終更新日:2017年06月17日

仲村トオル
→ 画像検索はこちら

仲村トオル(なかむら トオル)は、日本の俳優、タレント。

専修大学に在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』のオーディションに合格し俳優デビュー。
1986年からドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。
妻は、サントリーのCM「鉄骨飲料」で有名な、鷲尾いさ子。主演の『俺たちルーキーコップ』が交際・結婚のきっかけとなった。

このページでは仲村トオルの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 探偵物語「松田優作」の人生を見てみる

仲村トオルの誕生日占い

生年月日:1965年9月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin105です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 赤い蛇 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin156
絶対反対kin kin235

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin105の誕生日占いは、周囲に耳を傾けることで考えがはっきりするタイプです。困難を解消するために希望をもとう。

広告

仲村トオルの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都大田区生まれ。小学校3年から千葉県流山市で育つ。
専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.9.5~ 19 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1985.9.5~ 20 125 8 赤い蛇 白い鏡
1986.9.5~ 21 230 9 白い犬 白い風
1987.9.5~ 22 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
専修大学に在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』のオーディションに応募し合格。主演の“中間徹(なかまトオル)”役でデビューした。

1986年より1987年にドラマ『あぶない刑事』に町田透(まちだトオル)役で出演。人気となった。

立て続けに「トオル」役で出演したことで、若い世代にも顔と名前が浸透し、人気を得た。

ウェブスペルの色が白色の半ばにオーディションに合格し俳優デビュー
白色の後半に『あぶない刑事』で人気となります。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.9.5~ 22 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1988.9.5~ 23 180 11 黄色い太陽 白い犬
1989.9.5~ 24 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1987年より1989年までニッポン放送のラジオ番組『ヤングパラダイス』内での帯番組を担当。

これまでツッパリや派手な役が多く、ファン層は不良に憧れを持つ少年ファンが多数だったのが、ラジオ番組を担当しシャイな人柄と知れ渡る。
女性からのアイドル的な人気も上昇し、人気のバロメーターでもあった雑誌『明星』の表紙を飾るようにもなった。

1988年に映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にラジオ番組『ヤングパラダイス』内での帯番組を担当しファン層が広がります。

仲村トオルの憧れの俳優は松田優作。
松田優作も仲村を弟のようにかわいがっており、1989年に松田が癌で他界した際も遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れた

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.9.5~ 26 235 1 青い鷲 青い鷲
1992.9.5~ 27 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1998.9.5~ 33 190 8 白い犬 青い夜
1999.9.5~ 34 35 9 青い鷲 青い手
1992年に大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』で秀吉役を演じた。
1992年に女優の鷲尾いさ子と結婚。

1999年に竹野内豊と松嶋菜々子主演のドラマ『氷の世界』では、刑事役を演じた。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に女優の鷲尾いさ子と結婚します。


※鷲尾いさ子出演の鉄骨飲料のCM

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.9.5~ 35 140 10 黄色い太陽 青い猿
2001.9.5~ 36 245 11 赤い蛇 青い鷲
2002.9.5~ 37 90 12 白い犬 青い嵐
2003.9.5~ 38 195 13 青い鷲 青い夜
2008.9.5~ 43 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2009.9.5~ 44 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2001年に小泉今日子・飯島直子・黒木瞳主演のドラマ『恋を何年休んでますか』に出演。

2003年に朝の連続ドラマ「こころ」で、主演の中越典子の夫を演じた。

2008年よりドラマ『チーム・バチスタシリーズ』で主演の白鳥圭輔役を演じた。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『チーム・バチスタシリーズ』に出演

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.9.5~ 51 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2017.9.5~ 52 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2018.9.5~ 53 210 2 白い犬 赤い月
仲村トオルの現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
51才の時はKin260。大きな会社の社長年です。まとめあげる力を持ちます。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

仲村トオルのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに映画『ビー・バップ・ハイスクール』のオーディションに合格し俳優デビュー
白色の後半に『あぶない刑事』で人気となります。
白色の最後付近にラジオ番組『ヤングパラダイス』内での帯番組を担当しファン層が広がります。
青色の始めの年に女優の鷲尾いさ子と結婚します。
黄色の半ばに『チーム・バチスタシリーズ』に出演します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

横山大観
横山大観(よこやま たいかん)は、美術家、日本画家。近代日本画壇の巨匠であり朦朧体(もうろうたい)という描絵手法を確立させました。

続きを読む


赤塚不二夫
赤塚不二夫(あかつか ふじお)は、日本の漫画家。1967年に代表作である『天才バカボン』が爆発的ヒット。「ギャグ漫画の王様」と言われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築きました。

続きを読む


ウォズニアック
スティーブ・ウォズニアックは、アメリカのコンピュータ・エンジニアです。スティーブ・ジョブズ、ロン・ウェインと共に、アップルの共同設立者の一人。

続きを読む


田尻智
田尻智(たじり さとし)は、ゲームクリエイター。株式会社ゲームフリークの代表取締役社長であり、『ポケットモンスター』の生みの親として知られます。

続きを読む


美輪明宏
美輪明宏(みわ あきひろ)はシンガーソングライター、俳優、演出家、タレント。テレビ番組『オーラの泉』で「愛の伝道師」として出演していました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (俳優)

松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


とと姉ちゃん
とと姉ちゃんは2016年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」です。小橋常子とその家族と雑誌編集長の花山伊佐次。俳優メンバーでは、高畑充希、木村多江、相楽樹、杉咲花、唐沢寿明の5名を対象にしています。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


唐沢寿明
唐沢寿明(からさわ としあき)は、日本の俳優。妻は女優の山口智子。1992年にドラマ『愛という名のもとに』で演じたエリート好青年の役で一気にブレイクします。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事