1,960 views

俳優・吉岡秀隆の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉岡秀隆

記事公開日:2017年02月05日
最終更新日:2018年10月10日

吉岡秀隆
→ 画像検索はこちら

吉岡秀隆(よしおか ひでたか)は、日本の俳優、ミュージシャン。

ドラマ「北の国から」で黒板純役でレギュラー出演し代表作になった。
また、映画『ラストソング』の劇中歌の作詞・作曲を担当。47万枚を売り上げるヒットとなった。
『Dr.コトー診療所』に主演して高視聴率を獲得。山田洋次監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。

このページでは吉岡秀隆の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 俳優「田中邦衛」の誕生日占いと人生鑑定
→ フーテンの寅さん「渥美清」の人生を見てみる

吉岡秀隆の誕生日占い

生年月日:1970年8月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin86です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い嵐 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin175
絶対反対kin kin216

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin86の誕生日占いは、チャンスを生かすのが上手なタイプです。目上の人との出会いで変わります。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

広告

吉岡秀隆の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

埼玉県蕨市出身。
5歳の時に劇団若草に所属。まもなくしてテレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビューした。

山口さんちのツトム君

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.8.12~ 5 91 13 青い猿 青い嵐
1976.8.12~ 6 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1977.8.12~ 7 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1976年にNHKの歌番組『みんなのうた』の中で『山口さんちのツトム君』のツトム君役で歌を歌う。

1977年に映画『八つ墓村』で主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じる

ウェブスペルの色が黄色の始めの年にNHK『みんなのうた』で『山口さんちのツトム君』を歌います。

北の国から

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.8.12~ 10 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1981.8.12~ 11 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1982.8.12~ 12 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1981年より2002年まで、『北の国から』に黒板純役でレギュラー出演。黒板螢役の中嶋朋子と名子役と云われ、代表作になった。

映画「男はつらいよ」の第27作(1981年)から第48作(1995年)まで、寅さんの妹「さくら」の長男・諏訪満男役で出演。こちらも代表作となった。

1980年の『遙かなる山の呼び声』での武志役のオーディションの際には山田洋次監督に見出され「男はつらいよ」に出演することになった。
主演の渥美清が病気で派手な演技ができなくなってからは登場シーンが増え、事実上の主役となった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに「北の国から」「男はつらいよ」に出演。どちらも彼の代表作となった。

転機となった1981年のKin番号は96。黒Kinが表れていますね。この年をひとことでいえば
周りに対して素直に表現できる年です。神経質になりやすい面があります。誠心誠意生きなさい。

ラストソング

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.8.12~ 24 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1995.8.12~ 25 111 7 青い猿 赤い蛇
1996.8.12~ 26 216 8 黄色い戦士 赤い月
1994年に映画『ラストソング』で劇中歌の作詞・作曲を担当。47万枚を売り上げるヒット。

1996年と1997年に映画「虹をつかむ男」に出演。主演は西田敏行

ウェブスペルの色が赤色の半ばに「ラストソング」がヒットします。

映画『ラストソング』撮影の際、監督の杉田成道から、「ギターを練習しろ」と言われ練習していると、今度は「だったら曲を作れ」と言われ戸惑いながらも作った曲が、他の候補曲を退け主題歌、劇中歌として使われた。
杉田は、「吉岡の歌がせつなくて心に響くいい歌なのを知っていたので、彼に作詞・作曲もしてもらいました」と語っている

Dr.コトー診療所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.12~ 32 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2003.8.12~ 33 171 2 青い猿 白い犬
2004.8.12~ 34 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2005.8.12~ 35 121 4 赤い竜 白い鏡
2002年に女優の内田有紀と結婚。『北の国から』の舞台・富良野市での挙式した。

2003年にドラマ『Dr.コトー診療所』に主演。高視聴率を獲得。

2005年に内田有紀と離婚。
2005年に映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で主演。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に内田有紀と結婚しますが白色の前半に離婚します。
白色の始め頃にドラマ『Dr.コトー診療所』に主演。高視聴率を獲得します。
白色の前半に映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.12~ 48 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2019.8.12~ 49 31 5 青い猿 青い手
2020.8.12~ 50 136 6 黄色い戦士 青い猿
吉岡秀隆の現在は、ウェブスペルの色が青色の前半に当たります。
48才の時はKin186。他人には正確な判断ができても、自分を見つめるのは苦手な年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

吉岡秀隆のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の始めの年にNHK『みんなのうた』で『山口さんちのツトム君』を歌います。
黄色の半ばに「北の国から」「男はつらいよ」に出演。どちらも彼の代表作となります。

赤色の半ばに映画の劇中歌「ラストソング」がヒットします。

白色の始めの年に内田有紀と結婚しますが白色の前半に離婚します。
白色の始め頃にドラマ『Dr.コトー診療所』に主演。高視聴率を獲得します。
白色の前半に映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で主演。

現在は青色の始まりにあたります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin086)

司馬遼太郎
司馬遼太郎(しば りょうたろう)は、日本の小説家。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『坂の上の雲』など、戦国・幕末・明治を扱った作品が多くあります。

続きを読む


永井豪
永井豪(ながい ごう)は、日本の漫画家。石ノ森章太郎のアシスタントを経てデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『キューティーハニー』などあります。

続きを読む


北里柴三郎
北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)は日本の医学者、細菌学者。東大医科学研究所、北里大学、慶応大学医学部などの創立者。「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見。また破傷風の治療法を開発。

続きを読む


関連記事 (俳優)

向井理
向井理(むかい おさむ)は、日本の俳優。獣医師志望でしたがスカウトされ芸能界デビュー。連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫を演じブレイク。女優の国仲涼子と結婚。

続きを読む


高橋英樹
高橋英樹(たかはし ひでき)は、俳優・タレント・司会者。日活に入社し若手俳優として映画に出演。その後テレビへ活躍の場を移し時代劇俳優として活躍します。

続きを読む


大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


アーノルド・シュワルツェネッガー
シュワルツェネッガーは、アメリカの元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。日本では「シュワちゃん」という愛称で親しまれています。

続きを読む


唐沢寿明と山口智子
唐沢寿明と山口智子は1995年12月に結婚した夫婦です。1988年のNHK連続朝のドラマ「純ちゃんの応援歌」で山口智子がヒロインを演じたとき、唐沢寿明も共演。これをきっかけに交際を開始したそうです。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事