3,360 views

国民的女優・吉永小百合の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉永小百合

記事公開日:2018年04月01日
最終更新日:2020年12月02日

吉永小百合
出典:wikipedia.org 1962年

吉永小百合(よしなが さゆり)は、女優、歌手。

1960年代を代表する人気映画女優。10年間で70本以上の映画に出演。彼女のファンは「サユリスト」と呼ばれます。

このページでは、吉永小百合(よしなが さゆり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

吉永小百合の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1945年3月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin169です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 赤い地球 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin92
絶対反対kin kin39

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

ひとことでいえばKin169の誕生日占いは、誰もが行く道でなく、自分の道を行きたがるタイプです。現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

広告

吉永小百合の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。
父は東大法学部卒。出版社を起こしますが事業に失敗。
母は山の手の上流家庭生まれの歌人でした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.3.13~ 12 129 12 赤い月 白い鏡
1958.3.13~ 13 234 13 白い魔法使い 白い風
1959.3.13~ 14 79 1 青い嵐 青い嵐
1957年に連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビュー。小学6年生でした。

吉永小百合が小学校時代は父の事業の失敗から貧しい生活を送ります。
しかし吉永小百合がラジオに出演し始めてからは徐々に家庭は楽になっていったそうです。

1959年に『朝を呼ぶ口笛』で映画デビュー。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にラジオでデビュー。
青色の始めの年に映画デビューします。

日活の看板女優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.3.13~ 15 184 2 黄色の種 青い夜
1961.3.13~ 16 29 3 赤い月 青い手
1962.3.13~ 17 134 4 白い魔法使い 青い猿
1960年に高校入学と同時に日活撮影所と専属契約を結びます。
1960年「ガラスの中の少女」の主役を演じ人気が上昇。1961年には16作品に出演。
1962年に「キューポラのある街」でブルーリボン賞主演女優賞を受賞。
同年、『寒い朝』でレコードデビューし20万枚のヒット。橋幸夫とのデュエット『いつでも夢を』で30万枚の大ヒット。紅白歌合戦に初出場した。
「伊豆の踊子」や「青い山脈」「若い人」など、青春文芸路線の映画に数多く出演。

この頃から、吉永小百合のファンが「サユリスト」と呼ばれるようになった。

ウェブスペルの色が青色の前半に映画および歌手で人気に火がつきます。

約9年間で76作品に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.3.13~ 20 189 7 赤い月 青い夜
1966.3.13~ 21 34 8 白い魔法使い 青い手
1967.3.13~ 22 139 9 青い嵐 青い猿
1968.3.13~ 23 244 10 黄色の種 青い鷲
1968年までの約9年間で76作品に出演。

俳優業が多忙なために高校は中退。その後、大検に合格し1965年に早稲田大学に入学。
多忙な中、1969年に次席の成績で早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業。
早稲田大学在籍中、熱烈なサユリストのタモリも同大学に在籍していました。

ウェブスペルの色が青色の半ばに多忙な中、早稲田大学に入学し卒業。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.3.13~ 27 144 1 黄色の種 黄色の種
1973.3.13~ 28 249 2 赤い月 黄色い星
1974.3.13~ 29 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1970年代に入りテレビでの出演も増え始めます。
1972年と1974年に映画『男はつらいよ』のヒロイン役で出演。

1973年にフジテレビディレクター岡田太郎(後の共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任)と結婚。
吉永小百合は28歳、岡田太郎はバツイチの43歳の15歳差でした。2人の間には子供はいません。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに岡田太郎と結婚します。

最優秀主演女優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.3.13~ 40 209 1 赤い月 赤い月
1986.3.13~ 41 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1987.3.13~ 42 159 3 青い嵐 赤い地球
1988.3.13~ 43 4 4 黄色の種 赤い竜
1985年に『おはん』、『天国の駅』の演技で、「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」初受賞。以降、1989年、2001年、2006年と、最優秀主演女優賞を計4度受賞(歴代1位)しています。
1988年に『つる』(市川崑監督)に主演。映画出演は通算100作品になります。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」を初受賞。以降、計4度受賞(歴代1位)

その後も活動し日本を代表する女優として活躍し続けます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.13~ 75 244 10 黄色の種 青い鷲
2021.3.13~ 76 89 11 赤い月 青い嵐
2022.3.13~ 77 194 12 白い魔法使い 青い夜
吉永小百合の現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
75才の時はKin244。こだわりが強く、なかなかあきらめることができない年です。センスは良いです。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

吉永小百合のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近にラジオでデビュー。
青色の始めの年に映画デビューします。
青色の前半に映画および歌手で人気に火がつきます。
青色の半ばに多忙な中、早稲田大学に入学し卒業。
黄色の始めころに岡田太郎と結婚します。
赤色の始めの年に「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」を初受賞。以降、計4度受賞(歴代1位)

健康維持のために水泳を長年に渡り、継続しています。常に水着を持ち歩き、プールがあればどこでも泳いでいるそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


小川直也
小川直也(おがわ なおや)は、日本の柔道家、総合格闘家、平成期のプロレスラー。バルセロナオリンピックの95kg超級銀メダリスト。全日本選手権で優勝7回。フリー格闘家に転向。「ハッスル!」という掛け声とポーズでも有名。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む


中丸雄一
中丸雄一(なかまる ゆういち)は日本の歌手、タレント、俳優。KAT-TUNのメンバー。愛称は「ゆめっち」。俳優、司会業でも活躍。芸能活動を行いながら早稲田大学人間科学部の通信課程を卒業。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin169)

篠山紀信
篠山紀信(しのやま きしん)は日本の写真家。芸能人や素人をモデルにした「激写シリーズ」、ヘアヌード・ブームの火付け役として有名です。妻は元アイドル歌手の南沙織。

続きを読む


松本潤
松本潤(まつもと じゅん)は、歌手、俳優、タレントであり、アイドルグループ嵐のメンバー。愛称は「松潤」(まつじゅん)。

続きを読む


北大路魯山人
北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)は、日本の芸術家。晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持ちます。

続きを読む


関連記事 (女優)

高島礼子
高島礼子(たかしま れいこ)は、日本の女優。恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチ。幅広い役をこなし、女優として順調に成長。『極道の妻たち』シリーズの4代目「極妻」を務めます。

続きを読む


のん
のんは、日本の女優、ファッションモデル。旧芸名は能年玲奈(のうねん れな)。2013年に『あまちゃん』で一躍時の人となります。しかし事務所からの独立騒ぎで事実上の休業状態、その後「のん」に芸名を変えます。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む


財前直見
財前直見(ざいぜん なおみ)は、日本の女優。東亜国内航空のキャンペーンガールで芸能界デビュー。1990年代以降は主演・レギュラーを離れたことがなく、所属事務所の研音の評価を高めた人物。

続きを読む


岡田結実
岡田結実(おかだ ゆい)は、日本のファッションモデル、タレント、女優。父はお笑いタレントの岡田圭右。『ニコ☆プチ』『ピチレモン』の専属モデルとして活動。女優としても活動し連続テレビドラマ『江戸モアゼル』などで主演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ