425 views

奇兵隊・高杉晋作の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高杉晋作

高杉晋作

高杉晋作(たかすぎ しんさく)は長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍しました。
奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に向けました。吉田松陰の弟子でもあります。

このページでは高杉晋作の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 維新三傑「木戸孝允」の人生を見てみる
→ 松下村塾の「吉田松陰」の人生を見てみる
→ 初代総理大臣「伊藤博文」の人生を見てみる

高杉晋作の誕生日占い

生年月日:1839年9月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin157です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い地球 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin104
絶対反対kin kin27

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin157の誕生日占いは、その場しのぎであとはついていけなくなることの多いタイプです。前進したほうが良い。

広告

高杉晋作の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

山口県萩市に長州藩士の「高杉小忠太」(大組・200石)と「みち」の長男として生まれます。父は藩の重鎮でした。
新作は10歳の頃に天然痘(てんねんとう)を患います。幼いころから体は強くありませんでした。

明倫館

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1852.9.27~ 13 222 1 白い風 白い風
1853.9.27~ 14 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1854.9.27~ 15 172 3 黄色い人 白い犬

1852年 藩校の明倫館に入学。柳生新陰流剣術も学び、のち免許を皆伝される。

ウェブスペルの色が白色の始めの年から藩校の明倫館で学びます。

松下村塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1857.9.27~ 18 227 6 青い手 白い風
1858.9.27~ 19 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1859.9.27~ 20 177 8 赤い地球 白い犬
1860.9.27~ 21 22 9 白い風 白い魔法使い
1857年 吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに松下村塾四天王と呼ばれた。
1858年 藩命で江戸へ遊学、昌平坂学問所や大橋訥庵の大橋塾などで学ぶ。
1859年 安政の大獄で吉田松陰が処刑される。
1860年 山口町奉行井上平右衛門(大組・250石)の次女「まさ」と結婚

ウェブスペルの色が白色の半ばに吉田松陰の松下村塾で学びます。

この後、長井雅楽(安政の大獄で松陰が捕縛され、後の江戸護送に対しても強硬な対抗策を取らなかったため、久坂玄瑞や前原一誠らが計画)の暗殺を実行しそうになった高杉晋作を説得、上海視察へ旅立たせる。

下関戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1861.9.27~ 22 127 10 青い手 白い鏡
1862.9.27~ 23 232 11 黄色い人 白い風
1863.9.27~ 24 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1862年 藩命で五代友厚らとともに、幕府使節随行員として長崎から中国の上海へ渡航

清が欧米の植民地となりつつある実情や、太平天国の乱を見聞して大きな影響を受ける

帰国後に長州藩の久坂玄瑞らと共に、江戸の品川御殿山に建設中だったイギリスの公使館の焼き討ちを行う。

1863年 長州藩が関門海峡で外国船を砲撃。アメリカ、フランスから報復に逢い惨敗する。いわゆる下関戦争。

長州藩が関門海峡で外国船を砲撃し、アメリカ、フランスと衝突。
敗北した長州藩の代表として、外国との交渉を担当。
この講和会議において、連合国は数多の条件とともに「彦島の租借」を要求してきた。
ほぼ全ての提示条件を受け入れたが、この「領土の租借」についてのみ受け入れなかった。
これは上海で見分を広めた晋作が「領土の期限付租借」の意味するところ(植民地化)を深く見抜いていたからで、もしこの要求を受け入れていれば日本の歴史は大きく変わっていたであろう

1863年 奇兵隊を結成

ウェブスペルの色が白色の後半に上海に行き見分を広めます
白色の最後付近に下関戦争に参加

第一次長州征伐

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1864.9.27~ 25 182 13 白い風 白い犬
1865.9.27~ 26 27 1 青い手 青い手
1864年 第一次長州征伐が発生する。

長州藩は幕府に服従するのをやむなしとする保守派が政権を握っていた。
高杉晋作はこれに反対し下関市にある功山寺(こうざんじ)で長州藩の保守派を倒すために挙兵する。

1865年 藩の保守派を排除し長州藩の実権を握る。長州藩は反幕府となり幕府と戦うことになる。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に長州藩を倒幕に向けます。

第二次長州征伐そして死去

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1866.9.27~ 27 132 2 黄色い人 青い猿
1867.9.27~ 28 237 3 赤い地球 青い鷲

1866年 坂本龍馬など仲介により薩長盟約が結ばれる
1866年 第二次長州征伐が発生する。幕府軍に勝利する。
1867年 5月17日に肺結核で死去する

ウェブスペルの色が青色の始め頃に第二次長州征伐が発生し勝利する。そして肺結核で死去します

辞世の句に「おもしろきこともなき世におもしろく」という有名な句があります。

高杉晋作のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めの年から藩校の明倫館で学びます。
白色の半ばに吉田松陰の松下村塾で学びます。
白色の後半に上海に行き見分を広めます
白色の最後付近に下関戦争に参加

青色の始めの年に長州藩を倒幕に向けます。
青色の始め頃に第二次長州征伐が発生し勝利する。そして肺結核で死去します

この後1867年10月に大政奉還。11月に坂本龍馬の暗殺。
1868年に明治の世になり、1869年に戊辰戦争の終結で旧幕府軍が鎮圧されることになります。

坂本龍馬が持ち歩いていた拳銃は高杉晋作が上海で手に入れ坂本龍馬に送ったものだそうです。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ディック・ブルーナ
ディック・ブルーナはオランダのデザイナー、絵本作家。ミッフィーの生みの親として知られる。2017年2月16日に亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

続きを読む


仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む


松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


ラリーエリソン
ラリーエリソンは米国の大手データベース会社オラクル・コーポレーションの共同設立者。4度の離婚歴を含む私生活や、幾多の訴訟や買収、ビルゲイツとの関係など、様々な話題に事欠かない。

続きを読む


葛西憲明
葛西紀明(かさい のりあき)はスキージャンプ選手。20年以上のキャリアと40歳を超えてなお一線級の成績をマークすることからレジェンド(生ける伝説)と称される人物です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (歴史の人)

マザーテレサ
マザーテレサさんはカトリック教会の修道女。インドのカルカッタで始まった貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められました。

続きを読む


ヘレン・ケラー
ヘレン・ケラーは障害者の教育・福祉の発展に尽くしたアメリカ人です。2才の時に病気で目、耳、声の身体障害になります。その後アン・サリヴァンと出会い、しつけ・指文字・言葉を教わります。

続きを読む


西郷隆盛は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家で激動の幕末を生き日本を変えた英傑。江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力しました。

続きを読む


嘉納治五郎
嘉納治五郎さんは、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本におけるスポーツの道を開きました。

続きを読む


糸川英夫
糸川英夫さんは日本の工学者。専門は航空工学、宇宙工学。ペンシルロケットの開発者であり「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事