7,758 views

女優「松たか子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松たか子

記事公開日:2016年10月20日
最終更新日:2019年11月03日

松たか子
→ 画像検索はこちら

松たか子(まつ たかこ)は女優、歌手。

月9ドラマで木村拓哉と数回も共演。高い視聴率を獲ります。
紅白歌合戦の紅組司会に史上最年少で抜擢。
近年は映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

このページでは松たか子(まつ たかこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
「松本幸四郎」さん一家の誕生日占いと相性占いを診断はこちら
佐橋佳幸と松たか子の誕生日占いと相性占い

松たか子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1977年6月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin238です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い鷲 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin23
絶対反対kin kin108

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin238の誕生日占いは、変わらないことに憧れを見出すことのできるタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

松たか子(まつ たかこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

九代目松本幸四郎(当時は六代目市川染五郎)と藤間紀子の3番目の子として東京都に生まれる。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.6.10~ 16 98 7 白い鏡 黄色い人
1994.6.10~ 17 203 8 青い夜 黄色い戦士
1995.6.10~ 18 48 9 黄色い星 黄色い太陽

1993年 16歳の時、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。
1994年 NHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。
1995年 ドラマ『藏』で主演

ウェブスペルの色が黄色の半ばに初舞台を踏み、翌年テレビドラマに出演します。

月9ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.6.10~ 19 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1997.6.10~ 20 258 11 白い鏡 黄色い星
1998.6.10~ 21 103 12 青い夜 黄色い人
1999.6.10~ 22 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2000.6.10~ 23 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2001.6.10~ 24 158 2 白い鏡 赤い地球
1996年 月9ドラマ『ロングバケーション』に出演。木村拓哉と山口智子が主演。
1996年 『第47回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に史上最年少(19歳)で抜擢。

1997年 月9ドラマ『ラブジェネレーション』で木村拓哉とダブル主演
1997年 歌手デビュー。紅白歌合戦に歌手として初出場

2001年 月9ドラマ『HERO』に出演。主演・木村拓哉

ウェブスペルの色が黄色の最後付近から月9ドラマに出演。歌手としてデビューし紅白に司会および歌手として参加したのもこの頃でした。
赤色の始めに『HERO』に出演し高い視聴率をとります。

結婚・独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.6.10~ 29 163 7 青い夜 赤い地球
2007.6.10~ 30 8 8 黄色い星 赤い竜
2010.6.10~ 33 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2011.6.10~ 34 168 12 黄色い星 赤い地球

2007年 ミュージシャン・佐橋佳幸と結婚。
2011年 所属していた事務所・パパドゥを退社、個人事務所を設立し独立。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに結婚
赤色の最後付近に個人事務所を設立し独立

アナと雪の女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.6.10~ 36 118 1 白い鏡 白い鏡
2014.6.10~ 37 223 2 青い夜 白い風

2014年 声優としてディズニー映画『アナと雪の女王』に主演、また同作品の日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』はフル配信100万DLを達成

ウェブスペルの色が白色の始めの頃に『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.10~ 41 123 6 青い夜 白い鏡
2019.6.10~ 42 228 7 黄色い星 白い風
2020.6.10~ 43 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
松たか子の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
42才の時はKin228。ボランティア精神が旺盛な年です。プロ意識が強く妥協しません。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

困難を克服しなければ活力と達成感は得られない。

松たか子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに初舞台を踏み、翌年テレビドラマに出演します。
黄色の最後付近から月9ドラマに出演。歌手としてデビューし紅白に司会および歌手として参加したのもこの頃でした。
赤色の始めに『HERO』に出演し高い視聴率をとります。
赤色の半ばに結婚
赤色の最後付近に個人事務所を設立し独立
白色の始めの頃に『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池田勇人
池田勇人(いけだ はやと)は、日本の政治家。第58・59・60代内閣総理大臣。吉田茂の右腕として頭角を現します。総理在任中に所得倍増計画を発表。東京オリンピック開催など、高度経済成長期を代表する政治家。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin238)

徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


島崎和歌子
島崎和歌子(しまざき わかこ)は、日本の歌手、タレント、女優、司会者。90年代のアイドル。『オールスター感謝祭』の司会で有名です。

続きを読む


ミル・マスカラスはメキシコのプロレスラー。世界で最も著名な覆面レスラーの一人。日本では「千の仮面を持つ男」のニックネームを持ちます。華麗な空中殺法でアメリカおよび日本で人気を博しました。

続きを読む


関連記事 (女優)

内田有紀
内田有紀(うちだ ゆき)は、日本の女優、歌手。1990年代後半にアイドル・女優として絶大な人気を得ます。吉岡秀隆と結婚を機に芸能界を引退、その後離婚し芸能界に復帰します。

続きを読む


水川あさみ
水川あさみ(みずかわ あさみ)は、日本の女優。旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。ドラマ『夢をかなえるゾウ』で連続ドラマ初主演。舞台『激動-GEKIDO-』で舞台初主演。

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


関連記事 (歌手)

鈴木亜美
鈴木亜美(すずき あみ)は、日本の歌手、女優、作詞家。旧芸名は鈴木あみ。『ASAYAN』の「小室哲哉プロデュースオーディション」でグランプリを獲得。デビューし一躍アイドルとなります。

続きを読む


越智志帆
越智志帆(おち しほ)は、音楽ユニットSuperflyのボーカル。2007年よりSuperflyは越智のみのソロユニットとして活動を継続。2019年の連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌「フレア」を担当。

続きを読む


島倉千代子
島倉千代子(しまくら ちよこ)は、日本の演歌歌手。デビュー曲が200万枚を売る大ヒット。しかし私生活でのトラブルで多額の借金を背負います。その後『人生いろいろ』が大ヒット。モノマネをきっかけに再ブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事