1,352 views

女優・森七菜の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森七菜

記事公開日:2021年01月13日
最終更新日:2021年08月02日

森七菜
→ 画像検索はこちら

森七菜(もり なな)、日本の女優。大分県出身。

スカウトを受け芸能界入り。
劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。
朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。ドラマ『この恋あたためますか』で連続ドラマで初主演。

このページでは、森七菜(もり なな)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

森七菜の誕生日占い(性格診断)

生年月日:2001年8月31日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin240です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い鷲 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin21
絶対反対kin kin110

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin240の誕生日占いは、観察力および洞察力に優れ、マイペースを貫くタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

森七菜の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大分県出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.8.31~ 14 150 7 白い犬 黄色の種
2016.8.31~ 15 255 8 青い鷲 黄色い星
2017.8.31~ 16 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2016年、中学3年の夏休みに家族と食事中にスカウトされ芸能界入りします。
2017年にAmazonプライム・ビデオ『東京ヴァンパイアホテル』で女優デビュー。
同年、映画『心が叫びたがってるんだ。』、ドラマ『先に生まれただけの僕』に初出演。
デビューして半年でオーディションに次々と勝ち抜いていったことから、「オーディションにめっぽう強い15歳」と紹介されます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにスカウトを受け芸能界入り。Amazonプライム・ビデオで女優デビュー。

天気の子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.31~ 17 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
2019.8.31~ 18 50 11 白い犬 黄色い太陽
2018年に『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』に出演。
2019年に新海誠のアニメ映画『天気の子』でヒロイン・天野陽菜役をオーディション2,000人以上の中から選ばれます。
同年、『日経トレンディ』の「来年の顔」に選出。若手女優の登竜門の一つと言われる全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに就任し一躍ブレイク。
2020年1月に映画『ラストレター』の主題歌「カエルノウタ」で歌手としてデビュー。

ウェブスペルの色が黄色の後半に劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。

この恋あたためますか

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.8.31~ 19 155 12 青い鷲 黄色の種
2020年の朝の連続テレビ小説『エール』でヒロイン役の二階堂ふみの妹・梅役で出演。
同年、ドラマ『この恋あたためますか』で主演の井上樹木役。連続ドラマで初主演。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。ドラマ『この恋あたためますか』で連続ドラマで初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.8.31~ 19 155 12 青い鷲 黄色の種
2021.8.31~ 20 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2022.8.31~ 21 105 1 赤い蛇 赤い蛇
森七菜の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
3年連続で黒Kinの最後の年です。
20才の時はKin260。大きな会社の社長年です。まとめあげる力を持ちます。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

森七菜のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにスカウトを受け芸能界入り。Amazonプライム・ビデオで女優デビュー。
黄色の後半に劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。
青色の最期付近に朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。ドラマ『この恋あたためますか』で連続ドラマで初主演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


知念里奈
知念里奈(ちねん りな)は、日本の歌手、女優。夫は俳優・井上芳雄。幼少の頃から沖縄アクターズスクールでレッスンを受けます。その後、女優、歌手としてデビュー。Wingは自身最大のヒット曲。歌手活動が減ってから舞台を中心に活動。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin240)

山本浩二(やまもと こうじ)は、広島東洋カープにおいて長く活躍した元プロ野球選手。「ミスター赤ヘル」の愛称で親しまれ、引退後に広島監督を2度務めました。

続きを読む


藤田まこと
藤田まこと(ふじた まこと)は、日本の俳優、コメディアン。『てなもんや三度笠』に出演し人気を得ます。必殺シリーズではぐれ刑事純情派などで俳優として定番となります。

続きを読む


筒美京平
筒美京平(つつみ きょうへい)は日本の作曲家、編曲家。『また逢う日まで』『魅せられて』『サザエさん』など、世代を超えて親しまれる数々の名曲を生み、昭和の歌謡曲黄金期を支えた作曲家です。

続きを読む


東尾修
東尾修(ひがしお おさむ)は、日本の元プロ野球選手、監督、野球解説者。選手・監督時代は西武一筋。1970年代から1980年代に活躍した投手。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督をつとめた。

続きを読む


植村直己
植村直己は、登山家、冒険家。世界初の五大陸最高峰登頂者であり、アマゾン河6,000km単独でいかだ下り。犬ぞりで北極点到達を単独行。世界の自然相手に大冒険を行った人物です。

続きを読む


関連記事 (女優)

大島優子
大島優子(おおしま ゆうこ)は、日本の女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。AKB48時代にシングル「ヘビーローテーション」で初のセンターポジション。子役時代を含めると20年以上の芸歴。

続きを読む


田辺誠一と大塚寧々
田辺誠一と大塚寧々は、2002年に結婚した夫婦です。大塚寧々が離婚したあとに田辺誠一からアタックが始まり交際開始。およそ1年で結婚に至ります。

続きを読む


市原悦子
市原悦子(いちはら えつこ)は、日本の女優、声優。新劇女優として活動。高い評価を得た後に、「まんが日本昔ばなし」の声優、『家政婦は見た!』の主演を務めました。

続きを読む


財前直見
財前直見(ざいぜん なおみ)は、日本の女優。東亜国内航空のキャンペーンガールで芸能界デビュー。1990年代以降は主演・レギュラーを離れたことがなく、所属事務所の研音の評価を高めた人物。

続きを読む


宮沢りえ
宮沢りえ(みやざわ りえ)は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。1987年、14才の時にCM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ