876 views

女優・菅井きんの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 菅井きん

記事公開日:2018年12月18日
最終更新日:2020年09月19日

菅井きん
→ 画像検索はこちら

菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。

「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。
82歳にして映画初主演。世界最高齢映画主演女優としてギネスに認定。

このページでは、菅井きん(すがい きん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

菅井きんの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1926年2月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

菅井きんの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京の新宿区で生まれ育ちます。出生名は須斎キミ子。

新劇時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1946.2.28~ 20 1 1 赤い竜 赤い竜
1947.2.28~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1948.2.28~ 22 211 3 青い猿 赤い月
高等女学校を卒業した後、第二次世界大戦末期から終戦直後まで男性職員出征のために東京帝国大学学生課で事務職員として働きます。
しかし演劇への情熱が捨てられず、劇団俳優座に入団し舞台に立ちます。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に劇団俳優座に入団し舞台で活動します。

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1951.2.28~ 25 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1952.2.28~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇
1953.2.28~ 27 216 8 黄色い戦士 赤い月
舞台で活動している時に映画監督に映画女優としてスカウトされます。
1951年に映画『風にそよぐ葦』で映画デビュー。以降、数々の映画、テレビに出演。日本の演劇・テレビドラマには欠かせない名脇役になります。
同年、演劇・映画プロデューサーの佐藤正之(さとう まさゆき)と結婚。1女に恵まれ、2人には生涯連れ添います。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに映画デビュー、同年結婚します。

ムコ殿

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.2.28~ 47 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1974.2.28~ 48 81 3 赤い竜 青い嵐
1975.2.28~ 49 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1973年に『必殺仕置人』の主要人物・中村主水を「ムコ殿!」といびる姑・中村せん役で出演。このシリーズで欠かせない存在となり、菅井きんの当たり役となります。
同年、『太陽にほえろ!』の松田優作演じるジーパン刑事の母を演じます。女手一つで息子を育て上げ、息子も母が大好きという親子を演じます。

ウェブスペルの色が青色の始めころから『必殺仕置人』シリーズに出演。菅井きんの当たり役となります。

「ムコ殿!」といびる姑で有名になりましたが、実の娘の縁談に支障が出ると、降板願いを出したことがあるそうです。
その後、無事に娘は結婚し降板願いは撤回されます。

家なき子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.2.28~ 68 101 10 赤い竜 黄色い人
1995.2.28~ 69 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1996.2.28~ 70 51 12 青い猿 黄色い太陽
1994年に安達祐実主演のドラマ「家なき子」に出演。「鬼婆演技」が話題となります。

ウェブスペルの色が黄色の後半に『家なき子』で「鬼婆演技」が話題となります。

引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.2.28~ 82 11 11 青い猿 赤い竜
2009.2.28~ 83 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2010.2.28~ 84 221 13 赤い竜 赤い月
2008年に映画『ぼくのおばあちゃん』で82歳にして映画初主演。世界最高齢映画主演女優としてギネスに認定。
2010年に大河ドラマ『龍馬伝』、映画『瞬 またたき』に出演します。これが女優として引退作品です。
同年、自宅で転倒して骨折しリハビリをするものの仕事復帰はあきらめてしまいます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に世界最高齢映画主演女優としてギネスに認定。
赤色の最後の年に女優から引退。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.2.28~ 88 121 4 赤い竜 白い鏡
2018.2.28~ 92 21 8 赤い竜 白い魔法使い
活動休止の期間に重度の認知症を患っていると報道がありましたが2014年に公の場で元気な姿を見せます。
2018年8月10日、心不全のため亡くなりました。

ウェブスペルの色が白色の後半に亡くなりました。

菅井きんのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の始めの年に劇団俳優座に入団し舞台で活動します。
赤色の半ばに映画デビュー、同年結婚します。
青色の始めころから『必殺仕置人』シリーズに出演。菅井きんの当たり役となります。
黄色の後半に『家なき子』で「鬼婆演技」が話題となります。
2度目の赤色の最後付近に世界最高齢映画主演女優としてギネスに認定。
2度目の赤色の最後の年に女優から引退。
2度目の白色の後半に亡くなりました。

大の禁煙家で亡くなる2カ月前までタバコを吸っていたそうです。

参考文献

菅井きん(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

室井佑月
室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

続きを読む


二階俊博
二階俊博(にかい としひろ)は日本の政治家。和歌山県議会議員を経て衆議院議員になります。自民党幹事長となり2019年8月3日に連続在職日数が歴代最長となった。

続きを読む


西村京太郎
西村京太郎(にしむら きょうたろう)は、日本の小説家、推理作家。国内でも有数の超売れっ子作家。トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られています。

続きを読む


新庄剛志
新庄剛志(しんじょう つよし)は、日本の野球選手、タレント。プロ野球選手として阪神、日本ハムに所属した他、MLBのニューヨーク・メッツなどでもプレイ。現役時代は意外性あふれる打撃と強肩を生かした守備で人気。

続きを読む


黒沢清
黒沢清(くろさわ きよし)は、日本の映画監督、脚本家。映画『CURE』で国際的にブレイク。その後、海外の映画祭で数々の賞を受賞。黒澤明と並び「もうひとりのクロサワ」と称されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

有村架純
有村架純は、日本の女優。2013年に「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博しブレイク。2017年の「ひよっこ」のヒロインを努めました。

続きを読む


南野陽子
南野陽子(みなみの ようこ)は、女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


Matt
Matt(マット)は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレント。父は元プロ野球選手の桑田真澄。2017年ころから「桑田真澄の息子」ということを明らかにしてテレビのバラエティ番組にも出演。

続きを読む


関連記事 (女優)

深田恭子
深田恭子(ふかだ きょうこ)は女優、歌手、タレント。愛称は、深キョン。第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り。代表作として『神様、もう少しだけ』『富豪刑事』など。

続きを読む


森光子
森光子(もり みつこ)は、日本の女優、歌手。国民栄誉賞受賞。栄典は従三位・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・文化功労者・文化勲章。

続きを読む


美保純
美保純(みほ じゅん)は、日本の女優、タレント、コメンテーター。日活ロマンポルノの女優としてデビュー。親しみやすいキャラクターで人気を博し、映画、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍。

続きを読む


加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事