3,083 views

宮本武蔵の作家・吉川英治の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉川英治

記事公開日:2017年09月22日
最終更新日:2022年08月30日

吉川英治
出典:wikipedia.org

吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。

『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

このページでは、吉川英治(よしかわ えいじ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

吉川英治(よしかわ えいじ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1892年8月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
青い鷲赤い月音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin青い手
互いに学びあう 反対kin赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分kin46
絶対反対kinkin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

吉川英治(よしかわ えいじ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜に生まれます。本名は吉川 英次(よしかわ ひでつぐ)。
10才の頃から雑誌に投稿し作文が入選します。
家が貧しく小学校を中退。いくつもの職業を転々としつつ、独学します。

職を転々と

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1910.8.11~182512赤い蛇白い魔法使い
1914.8.11~221853赤い蛇青い夜
1922.8.11~3024511赤い蛇青い鷲
1923.8.11~319012白い犬青い嵐
18歳の時に横浜ドックの船具工になるが作業中に転落し重傷を負います。その後、上京し浅草に住み象眼職人の下で働きます。
1914年に「江の島物語」が入選しますが生活は貧しいままでした。
1922年に東京毎夕新聞社に入社。次第に文才を認められてきたところ、1923年に関東大震災が発生し東京毎夕新聞社は解散してしまいます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に上京します。
青色の最後付近に東京毎夕新聞社に入社し文才が認められてきたところに関東大震災が発生し新聞社は解散

人気作家への道

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1924.8.11~3219513青い鷲青い夜
1925.8.11~33401黄色い太陽黄色い太陽
1926.8.11~341452赤い蛇黄色の種
東京毎夕新聞社が解散後に、講談社にさまざまな作品を投稿し、結果、連載をもぎとり作家として一本立ちします。

1925年に講談社が創刊した『キング』誌に連載、「剣難女難」を吉川英治のペンネームで執筆し人気を博します。
※出版社が本名の「吉川英次」を「吉川英治」と誤って印刷、本人が気に入り、その後ペンネームとしたそうです。

『キング』誌は講談社が社運をかけて創刊した雑誌で、吉川英治は新進気鋭の期待の星として扱われます。
吉川は長編の作品を発表し多大な読者を獲得します。次第に執筆依頼は増え毎日新聞に「鳴門秘帖」が連載されます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『キング』誌で連載し人気を博します。

宮本武蔵

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1935.8.11~435011白い犬黄色い太陽
1936.8.11~4415512青い鷲黄色の種
1937.8.11~4526013黄色い太陽黄色い星
1942.8.11~5055赤い蛇赤い竜
1943.8.11~511106白い犬赤い蛇
1935年に毎日新聞で「宮本武蔵」の連載を始めます。新聞小説史上かつてない人気を得、連載は4年続きます。

剣禅一如を目指す求道者・宮本武蔵を描いたこの作品は、太平洋戦争下の人心に呼応し、大衆小説の代表作となります。
「宮本武蔵」の連載終了後に「三国志」の連載を開始、連載は4年続きます。朝日新聞からも連載の依頼が続き歴史上の人物を描いた作品を発表します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に宮本武蔵を連載します。黒Kinが3年連続で出ている時でした。
赤色の半ばに三国志の連載が終了。宮本武蔵・三国志は吉川英治の代表作となります。

戦後

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1948.8.11~5611511青い鷲赤い蛇
1950.8.11~586513赤い蛇赤い空歩く人
1957.8.11~65207黄色い太陽白い魔法使い
1958.8.11~661258赤い蛇白い鏡
1962.8.11~702512赤い蛇白い魔法使い
敗戦後、執筆していませんでしたが親友の菊池寛の求めで1947年に活動を再開します。

1948年に読売新聞に「高山右近」を連載
1950年に週刊朝日で「新・平家物語」を連載。8年の長期連載、敗れた平家と日本を重ね合わせます。
1958年に週刊朝日で「私本太平記」を連載。3年の連載、逆賊と言われていた足利尊氏を改めて描きます。

1962年9月7日に肺がんの為に亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近から戦後の執筆活動を再開します。
白色の最後付近に肺がんのために亡くなりました。

吉川英治のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に上京します。
青色の最後付近に東京毎夕新聞社に入社し文才が認められてきたところに関東大震災が発生し新聞社は解散
黄色の始めの年に『キング』誌で連載し人気を博します。
黄色の最後付近に宮本武蔵を連載します。黒Kinが3年連続で出ている時でした。
赤色の半ばに三国志の連載が終了。宮本武蔵・三国志は吉川英治の代表作となります。
赤色の最後付近から戦後の執筆活動を再開します。
2度目の白色の最後付近に肺がんのために亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

ギャル曽根
ギャル曽根(ギャルそね)は、日本のタレント、フードファイター、グルメコメンテーター。テレビ東京『元祖!大食い選手権』に出場。大食いタレントとして人気となります。

続きを読む


マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダンはアメリカの元バスケットボール選手。その実績からバスケットボールの神様とも評されます。

続きを読む


ウサイン・ボルト
ウサイン・ボルトはジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンター。

続きを読む


岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


関連記事 (作家)

ディック・ブルーナ
ディック・ブルーナはオランダのデザイナー、絵本作家。ミッフィーの生みの親として知られる。2017年2月16日に亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

続きを読む


正岡子規
正岡子規(まさおか しき)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。明治時代を代表する文学者の一人。日本の近代文学に多大な影響を及ぼした人物です。

続きを読む


京極夏彦
京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。『後巷説百物語』で直木賞を受賞。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ