2,090 views

宮本武蔵の作家・吉川英治の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉川英治

記事公開日:2017年09月22日
最終更新日:2020年02月29日

吉川英治
出典:wikipedia.org

吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。

『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

このページでは吉川英治の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

吉川英治の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1892年8月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

吉川英治の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜に生まれます。本名は吉川 英次(よしかわ ひでつぐ)。
10才の頃から雑誌に投稿し作文が入選します。
家が貧しく小学校を中退。いくつもの職業を転々としつつ、独学します。

職を転々と

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1910.8.11~ 18 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1914.8.11~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
1922.8.11~ 30 245 11 赤い蛇 青い鷲
1923.8.11~ 31 90 12 白い犬 青い嵐
18歳の時に横浜ドックの船具工になるが作業中に転落し重傷を負います。その後、上京し浅草に住み象眼職人の下で働きます。
1914年に「江の島物語」が入選しますが生活は貧しいままでした。
1922年に東京毎夕新聞社に入社。次第に文才を認められてきたところ、1923年に関東大震災が発生し東京毎夕新聞社は解散してしまいます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に上京します。
青色の最後付近に東京毎夕新聞社に入社し文才が認められてきたところに関東大震災が発生し新聞社は解散

人気作家への道

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1924.8.11~ 32 195 13 青い鷲 青い夜
1925.8.11~ 33 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1926.8.11~ 34 145 2 赤い蛇 黄色の種
東京毎夕新聞社が解散後に、講談社にさまざまな作品を投稿し、結果、連載をもぎとり作家として一本立ちします。

1925年に講談社が創刊した『キング』誌に連載、「剣難女難」を吉川英治のペンネームで執筆し人気を博します。
※出版社が本名の「吉川英次」を「吉川英治」と誤って印刷、本人が気に入り、その後ペンネームとしたそうです。

『キング』誌は講談社が社運をかけて創刊した雑誌で、吉川英治は新進気鋭の期待の星として扱われます。
吉川は長編の作品を発表し多大な読者を獲得します。次第に執筆依頼は増え毎日新聞に「鳴門秘帖」が連載されます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『キング』誌で連載し人気を博します。

宮本武蔵

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1935.8.11~ 43 50 11 白い犬 黄色い太陽
1936.8.11~ 44 155 12 青い鷲 黄色の種
1937.8.11~ 45 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1942.8.11~ 50 5 5 赤い蛇 赤い竜
1943.8.11~ 51 110 6 白い犬 赤い蛇
1935年に毎日新聞で「宮本武蔵」の連載を始めます。新聞小説史上かつてない人気を得、連載は4年続きます。

剣禅一如を目指す求道者・宮本武蔵を描いたこの作品は、太平洋戦争下の人心に呼応し、大衆小説の代表作となります。
「宮本武蔵」の連載終了後に「三国志」の連載を開始、連載は4年続きます。朝日新聞からも連載の依頼が続き歴史上の人物を描いた作品を発表します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に宮本武蔵を連載します。黒Kinが3年連続で出ている時でした。
赤色の半ばに三国志の連載が終了。宮本武蔵・三国志は吉川英治の代表作となります。

戦後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1948.8.11~ 56 115 11 青い鷲 赤い蛇
1950.8.11~ 58 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1957.8.11~ 65 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1958.8.11~ 66 125 8 赤い蛇 白い鏡
1962.8.11~ 70 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
敗戦後、執筆していませんでしたが親友の菊池寛の求めで1947年に活動を再開します。

1948年に読売新聞に「高山右近」を連載
1950年に週刊朝日で「新・平家物語」を連載。8年の長期連載、敗れた平家と日本を重ね合わせます。
1958年に週刊朝日で「私本太平記」を連載。3年の連載、逆賊と言われていた足利尊氏を改めて描きます。

1962年9月7日に肺がんの為に亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近から戦後の執筆活動を再開します。
白色の最後付近に肺がんのために亡くなりました。

吉川英治のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に上京します。
青色の最後付近に東京毎夕新聞社に入社し文才が認められてきたところに関東大震災が発生し新聞社は解散
黄色の始めの年に『キング』誌で連載し人気を博します。
黄色の最後付近に宮本武蔵を連載します。黒Kinが3年連続で出ている時でした。
赤色の半ばに三国志の連載が終了。宮本武蔵・三国志は吉川英治の代表作となります。
赤色の最後付近から戦後の執筆活動を再開します。
2度目の白色の最後付近に肺がんのために亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

熊田曜子
熊田曜子(くまだ ようこ)は日本のタレント、グラビアアイドル。『アッコにおまかせ!』と『ロンドンハーツ』の準レギュラーになり全国区で知名度を上げます。

続きを読む


岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


北村一輝
北村一輝(きたむら かずき)は、日本の俳優。幅広い役をこなす実力派俳優。数多くのドラマ、映画に出演。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父役で話題となった。

続きを読む


ウサイン・ボルト
ウサイン・ボルトはジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンター。

続きを読む


小堺一機
小堺一機(こさかい かずき)は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。1984年から2016年までフジテレビ13:00-13:30のお昼の顔として活躍しました。関根勤とのコンビは、コサキンとして知られています。

続きを読む


関連記事 (作家)

小泉八雲
小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。著書『怪談』で有名。

続きを読む


橋田壽賀子
橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。

続きを読む


石原慎太郎
石原慎太郎(いしはら しんたろう)は日本の元政治家、作家。衆参議員あわせて10期、東京都知事を4期つとめました。弟は石原軍団の石原裕次郎。

続きを読む


横溝正史
横溝正史(よこみぞ せいし)は日本の小説家、推理作家。金田一耕助シリーズの探偵小説で有名です。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事