589 views

小説家・司馬遼太郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 司馬遼太郎

記事公開日:2017年09月19日
最終更新日:2018年05月08日

司馬遼太郎
出典:wikipedia.org

司馬遼太郎(しば りょうたろう)は、日本の小説家。

代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など、戦国・幕末・明治を扱った作品が多くあります。

このページでは司馬遼太郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

司馬遼太郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1923年8月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin86です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い嵐 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin175
絶対反対kin kin216

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin86の誕生日占いは、チャンスを生かすのが上手なタイプです。目上の人との出会いで変わります。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

広告

司馬遼太郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪で生まれます。実家は薬局を経営していました。
小学校時代は学校嫌いで、悪童。中学入学のころは300名中ビリだった。あわてて勉強をし2学期には上位20位以内まで成績がアップします。
このころからあらゆる分野の書物を読破します。

戦時

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1943.8.7~ 20 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1944.8.7~ 21 211 3 青い猿 赤い月
1945.8.7~ 22 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1943年に学徒出陣で大阪外国語学校を卒業し戦車第十九連隊に入隊します。
1944年に満州の洗車学校に入隊。卒業後、日本本土決戦にそなえ新潟を経て栃木県佐野市に移ったところで終戦を迎えます。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃に学徒出陣で戦車隊に入隊、赤色の後半に栃木県で終戦を迎えます。

記者時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1948.8.7~ 25 111 7 青い猿 赤い蛇
1950.8.7~ 27 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1954.8.7~ 31 221 13 赤い竜 赤い月
1956.8.7~ 33 171 2 青い猿 白い犬
復員し大学、宗教記事を書きます。1948年に産経新聞に入社し記者として働きます。

1950年に1度目の結婚。長男に恵まれますが1954年に離婚。長男は実家の祖父母に育てられます。

1956年に短編小説「ペルシャの幻術師」で第8回講談倶楽部賞を受賞し文壇にデビューします。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに産経新聞に入社。記者になります。
赤色の後半から最後の年まで1回目の結婚生活を送ります。
白色の始め頃に賞を受賞し文壇にデビューします。

専業作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.8.7~ 35 121 4 赤い竜 白い鏡
1959.8.7~ 36 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1960.8.7~ 37 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1961.8.7~ 38 176 7 黄色い戦士 白い犬
1958年に「梟の城」の連載開始。1960年に第42回直木賞受賞。
1959年に産経新聞の松見みどりと再婚。
1961年に産経新聞を退社し専業作家になります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに「梟の城」で第42回直木賞受賞します。

小説家時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.8.7~ 39 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1963.8.7~ 40 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1966.8.7~ 43 181 12 赤い竜 白い犬
小説家初期は『梟の城』など時代・伝奇小説が多く推理小説もあまり得意ではありませんでした。

1962年に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』、1963年より『国盗り物語』を連載し、歴史小説家として旺盛な活動を本格化させます。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』にて菊池寛賞を受賞します。

ウェブスペルの色が白色の後半から歴史小説家として本格的に活動を行います。
白色の最後付近に菊池寛賞を受賞します。

小説家時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.8.7~ 48 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1972.8.7~ 49 31 5 青い猿 青い手
1986.8.7~ 63 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1987.8.7~ 64 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1971年より週刊朝日で『街道をゆく』の連載開始。
1972年に『世に棲む日日』吉川英治文学賞。

国民的作家が定着した司馬遼太郎は独自の歴史観を築いて人気を博します。

密教への関心を示していたが1975年に『空海の風景』で結実された。
1987年に清朝興隆の時代を題材にした『韃靼疾風録(だったんしっぷうろく)』で長編小説の執筆を終えた。

ウェブスペルの色が青色の半ばには国民的作家が定着し黄色の半ばまで歴史長編小説を世に送り出します。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.8.7~ 68 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1992.8.7~ 69 51 12 青い猿 黄色い太陽
1993.8.7~ 70 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1995.8.7~ 72 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
『街道をゆく』の連載は亡くなるまで続けます。

1991年に文化功労者、1993年に文化勲章を受章。このころから腰に痛みを覚えるようになった。
腰の痛みは腹部大動脈瘤でした。これが原因で1996年2月12日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に勲章を授与。
赤色の始めのころに亡くなりました。

司馬遼太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始め頃に学徒出陣で戦車隊に入隊、赤色の後半に栃木県で終戦を迎えます。
赤色の半ばに産経新聞に入社。記者になります。
白色の始め頃に賞を受賞し文壇にデビューします。
白色の半ばに「梟の城」で第42回直木賞受賞します。
白色の後半から歴史小説家として本格的に活動を行います。
白色の最後付近に菊池寛賞を受賞します。
青色の半ばには国民的作家が定着し黄色の半ばまで歴史長編小説を世に送り出します。
黄色の最後付近に勲章を授与。
2度目の赤色の始めのころに亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高田文夫
高田文夫(たかだ ふみお)は、日本の放送作家、タレント、演芸評論家。ビートたけしと数多くの作品を手掛る盟友です。落語家の立川談志の弟子で真打に昇進後は精力的に高座を務めます。

続きを読む


ベッキー
ベッキーは日本のタレント、女優、歌手。その明るいキャラクターを前面に押し出して、一気にお茶の間の人気者になります。しかし川谷絵音との不倫で芸能活動は一時休止。

続きを読む


森脇健児
森脇健児(もりわき けんじ)は、日本のお笑いタレント、ラジオパーソナリティー、俳優。『オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソンに連続出場。再ブレイク芸人です。

続きを読む


小保方晴子
小保方晴子(おぼかた はるこ)は、理化学研究所の元研究員、文筆家。2014年にSTAP細胞を発表し「リケジョの星」として話題となります。その後、不正が発覚。理研依願退職。手記『あの日』はベストセラー

続きを読む


のん
のんは、日本の女優、ファッションモデル。旧芸名は能年玲奈(のうねん れな)。2013年に『あまちゃん』で一躍時の人となります。しかし事務所からの独立騒ぎで事実上の休業状態、その後「のん」に芸名を変えます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin086)

北里柴三郎
北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)は日本の医学者、細菌学者。東大医科学研究所、北里大学、慶応大学医学部などの創立者。「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見。また破傷風の治療法を開発。

続きを読む


吉岡秀隆
吉岡秀隆(よしおか ひでたか)は、日本の俳優、ミュージシャン。ドラマ「北の国から」で黒板純役でレギュラー出演し代表作になった。山田洋次監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。

続きを読む


永井豪
永井豪(ながい ごう)は、日本の漫画家。石ノ森章太郎のアシスタントを経てデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『キューティーハニー』などあります。

続きを読む


関連記事 (作家)

村上春樹
村上春樹は、日本の小説家。1987年にノルウェイの森が上下430万部を販売し村上春樹ブームが起きます。日本国外でも人気が高くノーベル文学賞の最有力候補として名があげられます。

続きを読む


三谷幸喜
三谷幸喜(みたに こうき)は、脚本家、演出家、俳優、映画監督。日本大学在学中から放送作家として活躍。2016年NHK大河ドラマ真田丸の脚本を担当しました。

続きを読む


大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


芥川龍之介
芥川 龍之介さんは、大正時代にかけて活躍した小説家です。新人文学賞の「芥川賞」は親友の菊池寛が芥川から名からとって創設した賞で純文学の新人に与えられます。

続きを読む


倉本聰
倉本聰(くらもと そう)は、日本の脚本家・劇作家・演出家。1981年にドラマ『北の国から』で話題を呼びます。かつては「シナリオライター御三家」と呼ばれました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事