229 views

幕末・ジョン万次郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → ジョン万次郎

ジョン万次郎
出典:wikipedia.org

ジョン万次郎(ジョン まんじろう)は、幕末から明治にかけての人物。

日米和親条約の締結に尽力し、その後通訳・教師などとして活躍しました。

このページではジョン万次郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

ジョン万次郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1827年1月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin214です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 赤い月 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin47
絶対反対kin kin84

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin214の誕生日占いは、閉じ込められたり拘束されたりするのを嫌がるタイプです。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

ジョン万次郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

ジョン万次郎は現在の高知県で半農半漁の家の次男として生まれます。本名は中濱萬次郎(なかはま まんじろう)。
万次郎が8歳の頃に父が亡くなり、働いて家族を養います。寺子屋に通う余裕が無かったため、読み書きもほどんど出来きませんでした。

遭難

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1841.1.27~ 14 124 7 黄色の種 白い鏡
1842.1.27~ 15 229 8 赤い月 白い風
14才の時に漁に出て仲間4人と共に遭難、5日漂流し伊豆諸島の無人島・鳥島(東京都庁より南に582km)に漂着し143日間生活します。
その後、アメリカの捕鯨船に保護されます。当時、日本は鎖国していました。
捕鯨船はハワイで万次郎の年配の仲間を降ろしますが、捕鯨船のホイットフィールド船長に気に入られた万次郎は共にアメリカ本土にわたります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに遭難、保護されアメリカ本土にわたります。

アメリカで学ぶ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1843.1.27~ 16 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1844.1.27~ 17 179 10 青い嵐 白い犬
1846.1.27~ 19 129 12 赤い月 白い鏡
1847.1.27~ 20 234 13 白い魔法使い 白い風
1843年に万次郎はホイットフィールド船長の養子となって一緒に暮らします。
1843年にオックスフォード学校。1844年にバーレット・アカデミーで学び寝る間も惜しみ勉強し、首席で卒業します。

1846年から数年間は近代捕鯨の捕鯨船員として生活しますが、1850年に日本に帰る事を決意します。

ウェブスペルの色が白色の後半にホイットフィールドの養子となり、アメリカの学校で学びます。

帰国

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1850.1.27~ 23 29 3 赤い月 青い手
1851.1.27~ 24 134 4 白い魔法使い 青い猿
1852.1.27~ 25 239 5 青い嵐 青い鷲
1850年にサンフランシスコにわたります。ここで遭難した仲間と再会。上海行きの商船に購入した小舟と共にのりこみます。
1851年2月に琉球近くで小舟にのり、万次郎一行は琉球に上陸します。

海外から帰国した万次郎は捕縛され薩摩藩で取り調べを受けます。開明家の藩主・島津斉彬は大いに注目し後に英語講師として万次郎を招きます。
薩摩藩から長崎奉行所に移され、取り調べが続けられ、帰国から1年半後の1852年に故郷の高知県へ帰ります。遭難してから11年後のことでした。

ウェブスペルの色が青色の前半に帰国します。

直参旗本

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1853.1.27~ 26 84 6 黄色の種 青い嵐
1854.1.27~ 27 189 7 赤い月 青い夜
1855.1.27~ 28 34 8 白い魔法使い 青い手
故郷に戻った万次郎は土佐藩の士分に取り立てられ藩校で学問を教えます。

1853年にペリー率いる黒船が来航。幕府はアメリカの知識を得るために万次郎を江戸に招き、直参旗本の身分を与えます。

当時、日本で英語をまともに話せるのは万次郎だけでした。
幕府では、造船の指揮、測量術、航海術、翻訳、講演、通訳、英語の教授、船の買付など精力的に働きます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに幕府に取り立てられ、アメリカで学んだ知識を存分に生かします。

ペリーとの交渉の通訳に万次郎が適任でしたが、通訳の立場を降ろされるのを恐れた者がスパイ疑惑を持ち出し万次郎は通訳から降ろされます。
ペリーとの交渉はオランダ語を介して行われますが、万次郎は日米和親条約の平和的締結に向け、陰ながら助言や進言します。

遣米使節団としてアメリカへ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1859.1.27~ 32 194 12 白い魔法使い 青い夜
1860.1.27~ 33 39 13 青い嵐 青い手
1861.1.27~ 34 144 1 黄色の種 黄色の種
1859年に西洋式の航海実習も兼ねて捕鯨を行いますが、暴風雨で船が壊れ航海は中止。

1860年に日米修好通商条約の遣米使節団の1人として、咸臨丸に乗りアメリカに渡ります。
船長の勝海舟は船酔いで指揮がとれず、万次郎が船内の秩序の維持に勤めます。

1861年に小笠原諸島の開拓調査が行われ、1862年に小笠原諸島で捕鯨を行います。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に遣米使節団としてアメリカにわたります。

再会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1866.1.27~ 39 149 6 赤い月 黄色の種
1867.1.27~ 40 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1868.1.27~ 41 99 8 青い嵐 黄色い人
1869.1.27~ 42 204 9 黄色の種 黄色い戦士
1870.1.27~ 43 49 10 赤い月 黄色い太陽
1866年に故郷の土佐藩で開成館設立にあたり、教授となって英語、航海術、測量術などを教えます。
1867年に鹿児島で航海術や英語を教えますが、武力倒幕の機運が高まる中、江戸に戻ります。
1869年に明治政府より現・東京大学の英語教授に任命

1870年に普仏戦争視察団として欧州に派遣。帰りに恩人のホイットフィールドと再会します。
帰国後に軽い脳溢血を起こし、数ヵ月後には日常生活に不自由しないほどに回復するが、以後は静かに暮らします。

ウェブスペルの色が黄色の半ばには各藩で英語や航海術を教えます。
黄色の後半に欧州に派遣され恩人のホイットフィールドと再会します。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1898.1.27~ 71 129 12 赤い月 白い鏡
万次郎は、時の政治家たちとも親交を深め、政治家になるよう誘われたが、教育者としての道を選びます。

1898年11月12日に亡くなりました。

晩年にアメリカ時代の友人が訪ねてきたが、既に英語が話せなくなっていたといわれます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に亡くなりました。

ジョン万次郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに漁に出て遭難、保護されアメリカ本土にわたります。
白色の後半にホイットフィールドの養子となり、アメリカの学校で学びます。
青色の前半に帰国します。
青色の半ばに幕府に取り立てられ、アメリカで学んだ知識を存分に生かします。
青色の最後の年に遣米使節団としてアメリカにわたり日米和親条約の締結に尽力します。
黄色の半ばには各藩で英語や航海術を教えます。
黄色の後半に欧州に派遣され恩人のホイットフィールドと再会します。
2度目の白色の最後付近に亡くなりました。

坂本龍馬も万次郎から聞いた世界観に影響を受けたと言われ、激動の幕末における影の重要人物です。

ホイットフィールドの子孫と万次郎の子孫は代々交流を続けているそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


ジョージ・ソロス
ジョージ・ソロスは、ユダヤ系アメリカ人の投資家、慈善家。「イングランド銀行を潰した男」の異名を取ります。

続きを読む


司馬遼太郎
司馬遼太郎(しば りょうたろう)は、日本の小説家。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『坂の上の雲』など、戦国・幕末・明治を扱った作品が多くあります。

続きを読む


小泉純一郎
小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう)は、日本の政治家。内閣総理大臣(第87・88・89代)を務め、道路公団民営化、郵政民営化を実現します。

続きを読む


胡錦濤
胡錦濤(こ きんとう)は、中華人民共和国の政治家。2003年より2013年まで中華人民共和国の最高指導者を努めました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (歴史の人)

ガンジー
マハトマ・ガンディーは、インドの弁護士、宗教家、政治指導者。インド独立の父として知られています。日本語では「ガンジー」とも表記されます。

続きを読む


西郷隆盛
西郷隆盛は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家で激動の幕末を生き日本を変えた英傑。江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力しました。

続きを読む


糸川英夫
糸川英夫さんは日本の工学者。専門は航空工学、宇宙工学。ペンシルロケットの開発者であり「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれます。

続きを読む


嘉納治五郎
嘉納治五郎さんは、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本におけるスポーツの道を開きました。

続きを読む


新島襄
新島 襄さんは日本の宗教家、教育者。同志社英学校(後の同志社大学)を創設しました。大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン「新島八重」の夫です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事