2,160 views

昭和の歌姫「美空ひばり」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 美空ひばり

記事公開日:2016年03月12日
最終更新日:2017年06月23日

美空ひばり
出典:wikimedia.org

美空ひばり(みそら ひばり)は、日本の歌手、女優。
幼少期にデビューして「天才少女歌手」と言われ以後、歌謡曲・映画・舞台などで活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となりました。
昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の1人であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞しました。
このページでは美空ひばりの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 太陽にほえろ「石原裕次郎」の人生

美空ひばりの誕生日占い

生年月日:1937年5月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin186です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い夜 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin75
絶対反対kin kin56

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin186の誕生日占いは、他人には正確な判断ができても、自分を見つめるのは苦手なタイプです。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

美空ひばりの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜市で魚屋「魚増」を営む父・加藤増吉、母・喜美枝の長女として生まれた。
1943年に父・加藤増吉が出征となる。ひばりは父のために『九段の母』を歌った。
壮行会に集まった者達がひばりの歌に感銘し、涙する姿を目の当たりとした母・喜美枝はひばりの歌唱力に人を引き付ける可能性を見出して、地元の横浜近郊からひばりの歌による慰問活動を始めるようになった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1945.5.29~ 8 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1946.5.29~ 9 91 13 青い猿 青い嵐
1947.5.29~ 10 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1948.5.29~ 11 41 2 赤い竜 黄色い太陽

1945年 母が私財を投じて自前の「青空楽団」を設立。ひばりは初舞台を踏む。
1946年 NHK「素人のど自慢」に出場し予選で「リンゴの唄」を歌い不合格。

予選で『リンゴの唄』を歌いひばり母子は合格を確信したが鐘が鳴らない。
審査員は「うまいが子供らしくない」「非教育的だ」「真っ赤なドレスもよくない」という理由で悩んだ挙句、合格にできないと告げた。

1947年 横浜の杉田劇場に漫談の井口静波、俗曲の音丸の前座歌手として出演。
1948年 師・川田晴久との出会う。

ウェブスペルの色が青色の後半から黄色の始めのことでした。

美空ひばりデビュー当時
デビュー当時の美空ひばり
出典:ja.wikipedia.org

全国的人気を獲得

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.5.29~ 12 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1951.5.29~ 14 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1952.5.29~ 15 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1949年 東横映画「のど自慢狂時代」(大映配給)でブギウギを歌う少女として映画初出演。
1949年 映画主演を果たした「悲しき口笛」(松竹)が大ヒット。主題歌も45万枚売れ(当時の史上最高記録)国民的認知度を得た。
1951年 新芸術プロダクション(新芸プロ)を設立。ひばりは役員になる。
1952年 映画「リンゴ園の少女」の主題歌「リンゴ追分」が当時の史上最高記録となる70万枚を売り上げる大ヒット。

ウェブスペルの色が黄色の半ばのことでした。
「悲しき口笛」を出したときと役員になった時に黒Kinが表れていますね。

三人娘の時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.5.29~ 17 151 8 青い猿 黄色の種
1955.5.29~ 18 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1956.5.29~ 19 101 10 赤い竜 黄色い人
1957.5.29~ 20 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1958.5.29~ 21 51 12 青い猿 黄色い太陽
1960.5.29~ 23 1 1 赤い竜 赤い竜
1954年 NHK紅白歌合戦に初出場
1955年 江利チエミ、雪村いづみとともに「三人娘(ジャンケン娘)」として人気となる
1956年 初の那覇公演を沖縄東宝で行い1週間で5万人を動員。離島からのファンで那覇港は大混雑した
1957年 塩酸を顔にかけられ緊急搬送されて入院した。奇跡的に顔に傷は残らなかった。
1958年 ひばりプロダクションを設立
1960年 第2回日本レコード大賞歌唱賞を受賞、「歌謡界の女王」の異名をとるようになった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから後半のことでした。

小林旭との短い結婚・離婚後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.5.29~ 25 211 3 青い猿 赤い月
1963.5.29~ 26 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1964.5.29~ 27 161 5 赤い竜 赤い地球

1962年 日活の人気スターであった俳優・小林旭と結婚
1963年 父が死去
1964年 わずか2年あまりで小林旭と離婚

ウェブスペルの色が赤色の前半のことでした。

ヒット曲

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.5.29~ 28 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1966.5.29~ 29 111 7 青い猿 赤い蛇
1967.5.29~ 30 216 8 黄色い戦士 赤い月

1965年 「柔」が180万枚売れる大ヒット。自身の全シングルの中で最大のヒット曲。
1966年 「悲しい酒」が145万枚を売り上げ
1967年 「真赤な太陽」が140万枚を売り上げた

ひばりの代表作となる作品が次々と発表された。

ウェブスペルの色が赤色の半ばのことでした。

兄弟とひばりのトラブル・相次ぐ肉親の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.5.29~ 36 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1981.5.29~ 44 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1982.5.29~ 45 231 10 青い猿 白い風
1983.5.29~ 46 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し

1973年 実弟のかとう哲也が起こした不祥事。バッシングが起こりマスコミも大きく取り上げた。
1981年 母が死去。父親代わりの存在の田岡一雄が死去
1982年 親友だった江利チエミが死去
1983年 かとう哲也(実の弟)が死去

ウェブスペルの色が白色のことでした。

晩年・病魔との闘い

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.29~ 48 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1986.5.29~ 49 131 1 青い猿 青い猿
1987.5.29~ 50 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1988.5.29~ 51 81 3 赤い竜 青い嵐

1985年 原因不明の腰痛を訴える
1986年 香山武彦(実の弟)が死去
1987年 全国ツアー四国公演の巡業中、ひばりの足腰の激痛はついに耐えられない状態に陥った。
1987年 鶴田浩二、石原裕次郎と、ひばり自身とも親交が深かった昭和の大スターが相次いで亡くなる

1988年 東京ドームで「不死鳥コンサート」を実施。脚の激痛に耐えながら合計39曲を熱唱した。常人であれば歌うことはもちろん、立つことすら難しい病状の中でステージだった。

1989年 3月23日 死去

美空ひばりのまとめ

ウェブスペルの流れで見てみると

青色の後半にデビューします。
黄色の時に全国的人気を獲得。
赤色の時に結婚・離婚、代表作となる作品が次々と発表
白色の時にトラブル・相次ぐ肉親や親しい人たちの死
2回目の青色に原因不明の腰痛。伝説のステージ「不死鳥コンサート」。そして死。

赤色の時に美空ひばりといえばというものを生み出していますね。

肉親が次々と亡くなったひばりの唯一の跡継ぎが加藤和也です。実弟のかとう哲也の子を養子縁組したそうです。

1989年に亡くなった方は昭和天皇をはじめ有名人に多くいます。当サイトで鑑定した方ですと、

昭和から平成に変わったタイミングです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。


自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

渡邉恒雄
渡邉恒雄(わたなべ つねお)は、新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆。「ナベツネ」の通称で知られます。

続きを読む


小林富次郎
小林富次郎(こばやし とみじろう)は、実業家。ライオン株式会社の創業者。熱心なクリスチャンで、「そろばんを抱いた宗教家」といわれます。

続きを読む


正力松太郎
正力松太郎(しょうりき まつたろう)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。読売新聞社の経営者として、新聞部数拡大に成功した、読売中興の祖です。

続きを読む


ジョン・F・ケネディ
ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは、アメリカの政治家。第35代アメリカ合衆国大統領。在任中の1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺された。

続きを読む


中島董一郎
中島董一郎(なかしま とういちろう)は、実業家。キユーピーの創業者です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (女優)

中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


綾瀬はるか
綾瀬はるか(あやせ はるか)は、女優、歌手。ドラマ『ホタルノヒカリ』で主演しヒット作となる。NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演。NHK紅白歌合戦で紅組司会も務めた。

続きを読む


原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


仲間由紀恵
仲間由紀恵(なかま ゆきえ)は女優。沖縄県浦添市出身。夫は俳優の田中哲司。『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。

続きを読む


常盤貴子と長塚圭史
常盤貴子と長塚圭史は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2003年に映画「ゲロッパ!」で初共演したのをきっかけに交際をスタートし6年半でゴールインしました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

浅香唯
浅香唯(あさか ゆい)は、歌手、タレント、女優。オーディションでグランプリを受賞し芸能界にデビューし、スケバン刑事シリーズでブレイク。トップアイドルとして活動します。

続きを読む


松任谷由実
松任谷由実さんは、日本のシンガーソングライター。愛称はユーミン。女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持ちます。

続きを読む


柴咲コウ
柴咲コウ(しばさき コウ)は、日本の女優、歌手。2017年にNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公の井伊直虎を演じます。

続きを読む


松田聖子
松田聖子(まつだ せいこ)は、日本の歌手、女優、タレント。1980年代を代表するアイドル。ヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。

続きを読む


ジョンレノン
ジョンレノンさんはイギリスの歌手、ザ・ビートルズの元リーダーで、ヴォーカル・ギター・作詞作曲を主に担当しました。日本人のオノヨーコと結婚しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事