4,566 views

探偵物語「松田優作」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松田優作

記事公開日:2016年03月10日
最終更新日:2020年04月12日

松田優作
→ 画像検索はこちら

松田優作(まつだ ゆうさく) は、日本の俳優、歌手。

刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになる。
主演したドラマ「探偵物語」など、後進への影響も大きく、男気に溢れ情に厚く、その勇猛な人間性と卓越した演技力から、1980年代を通じてもっとも重要な日本の映画俳優の1人、カリスマと評されている。

このページでは、松田優作の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 太陽にほえろ「石原裕次郎」の人生を見てみる
→ 女優「薬師丸ひろ子」の誕生日占いと人生鑑定
→ 世界のクロサワ「黒澤明」の人生を見てみる

松田優作の誕生日占い

生年月日:1949年9月21日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin1(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 赤い竜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin260
絶対反対kin kin131

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin1の誕生日占いは、過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さのあるタイプです。初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

広告

松田優作の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

山口県下関市で、日本人の父と韓国人の母との間に非嫡出子として生まれた。
父は保護司(犯罪や非行に陥った人の更生を任務とする公務員)で当時39歳、妻子を持つ180センチメートル近い大柄な男性だった。
松田優作には2人の異父兄がいた。

生い立ち

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.9.21~ 18 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1968.9.21~ 19 176 7 黄色い戦士 白い犬
1969.9.21~ 20 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1970.9.21~ 21 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡

1967年 11月「米国へ行って弁護士になれ」との母親からの厳命によりて米国籍を得る為に渡米する。
1968年 9月に母に無断で中退し帰国する。
1970年 関東学院大学文学部に入学する

ウェブスペルの色が白色の半ばのことでした。帰国した年の付近には黒Kinが表れています。

俳優へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.9.21~ 22 231 10 青い猿 白い風
1972.9.21~ 23 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1973.9.21~ 24 181 12 赤い竜 白い犬
1974.9.21~ 25 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い

1972年 4月文学座付属演技研究所十二期生になる。6月大学中退。
1973年 刑事ドラマ「太陽にほえろ!」にジーパン刑事としてレギュラー出演、その活躍・殉職シーンが話題となる。
1973年 法務省に帰化申請を行い、日本国籍を取得
1974年 時代劇初出演。映画初主演。

ウェブスペルの色が白色の半ばから後半のことでした。

元妻の松田美智子の話によると、優作は遊郭の一角で生まれ育ったことや韓国国籍であることを死活問題のように悩んでいたという。
このために帰化申請を行い、日本国籍を取得したそうです。

暴力事件と復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.9.21~ 26 131 1 青い猿 青い猿
1976.9.21~ 27 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1977.9.21~ 28 81 3 赤い竜 青い嵐
1978.9.21~ 29 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1979.9.21~ 30 31 5 青い猿 青い手
1980.9.21~ 31 136 6 黄色い戦士 青い猿

1976年 1月 19歳の予備校生に対して共演者と共に暴力を振るい全治3か月の重傷を負わせた容疑で逮捕され有罪判決を受ける。
1977年 刑事ドラマ「大都会 PARTII」でテレビに本格復帰した。
1979年 テレビドラマ「探偵物語」に主演
1980年 映画「野獣死すべし」では、撮影のために過酷な減量をし原作のハードボイルドとは異なる鬼気迫る演技で主演。

ウェブスペルの色が青色に変わります。音1の時に暴力事件で有罪判決を受けますがすぐに復帰しています。
1980年代からは演技派としても認められるようになります。

病と死去

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.9.21~ 38 91 13 青い猿 青い嵐
1988.9.21~ 39 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1989.9.21~ 40 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1988年 深作欣二監督の時代映画「華の乱」では、国民的女優吉永小百合と共に主役を演じる

1988年 アメリカ映画「ブラック・レイン」に出演し、念願のハリウッドデビューを飾る。撮影時点で自身が癌に侵されている事を知るが延命治療を拒み出演していた。

1989年 11月6日 死去

ウェブスペルの色が黄色に変わりました。

松田優作のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

白色の半ばに渡米し帰国
白色の後半に俳優デビューし活躍、日本国籍取得
青色の時に暴力事件そして復帰
黄色の時に念願のハリウッドデビュー、その後ガンのために亡くなりました。

松田優作は長身でタフなキャラクター・抜群の運動神経と長い手足を生かしたその動きはそれまでの俳優にはない独自のものであり、アクション・スタント シーンにスタントマンを使わなかった。萩原健一と並んで同時代を代表するスターである。
一日100本以上のヘビースモーカーだったが尊敬する渡哲也が「大都会PARTII」の撮影中に禁煙すると自分も一日15本まで減らしたという。

松田優作の子の松田龍平と松田翔太は俳優として活躍しています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

筧利夫
筧利夫(かけい としお)は、日本の俳優。劇団「第三舞台」で長く活躍。第三舞台に入ってからほぼ全ての作品に参加。ドラマ「踊る大捜査線シリーズ」で新城賢太郎役で大きく知名度を上げました。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


上塚周平
上塚周平(うえつか しゅうへい)は、日本のブラジル移民功労者。「ブラジル移民の父」と称される人物です。ブラジル移民の輸送監督としてブラジルに渡ります。生涯日系ブラジル移民のために尽力します。

続きを読む


佐藤隆太
佐藤隆太(さとう りゅうた)は、日本の俳優、タレント、司会者。『池袋ウエストゲートパーク』に出演し知名度UP。『ROOKIES』で主役の川藤幸一役。近年はシリアスな役柄までを幅広くこなす実力派俳優。

続きを読む


佐々木蔵之介
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)は、日本の俳優。学生時代から関西の小劇団『惑星ピスタチオ』の看板俳優として活躍。上京し俳優となった。朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin001)

なるみ
なるみは、日本のタレント。本名は井上鳴美(いのうえ なるみ)。愛称は「なるなる」。愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして主に関西ローカルのテレビ・ラジオ番組で活躍。

続きを読む


三波伸介
三波伸介(みなみ しんすけ)は、コメディアン・俳優・司会者・タレント。「てんぷくトリオ」で人気を博します。また「笑点」の3代目司会者としても知られています。

続きを読む


筑紫哲也
筑紫哲也(ちくし てつや)は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター。2008年にガンのため亡くなった。

続きを読む


関連記事 (俳優)

中村雅俊
中村雅俊(なかむら まさとし)は、日本の俳優・歌手。青春ドラマ『われら青春!』の主役に抜擢されブレイク。同番組の挿入歌『ふれあい』は100万枚を超える大ヒット。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


ムロツヨシ
ムロツヨシは、日本の俳優、コメディアン。長い下済み時代に無名の役者として多数の作品に出演。俳優や監督と繋がりを広げます。2014年に『日経トレンディ』の「今年のヒット人」に選ばれます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

三波春夫
三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。昭和を代表する歌手。特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

続きを読む


ボブ・マーリー
ボブ・マーリーはジャマイカのレゲエミュージシャン。「レゲエの神」と称され、20世紀後半の大衆音楽の世界に、絶大な音楽的、文化的影響を与えました。全盛期の1981年、36歳の若さにガンで亡くなります。

続きを読む


倖田來未
倖田來未(こうだ くみ)は、日本の女性歌手。「エロかっこいい」独自のスタイルを確立。ミリオンセラーを連発。2006年に新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。実妹は歌手のmisono。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事