260 views

落語家・六代 桂文枝の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 桂文枝

六代桂文枝
出典:wikipedia.org

六代 桂文枝(ろくだい かつら ぶんし)は日本の落語家、タレント、司会者です。

2012年に桂文枝を襲名するまで「桂三枝」(かつら さんし)で活動。
1971年より「新婚さんいらっしゃい!」で司会を行い「同一司会者によるトーク番組の最長放送」のギネス記録を持っています。

このページでは桂文枝の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

桂文枝の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1943年7月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin84です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 青い嵐 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin177
絶対反対kin kin214

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin84の誕生日占いは、コミュニケーションの中から自然に知識を吸収できるタイプです。困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

広告

桂文枝の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪に生まれます。本名は河村静也。
父は銀行マン。生後11カ月の時に肺結核で亡くなります。
母は父の実家より離縁し子を渡すように言われますが拒否、隠れ住み子を育てます。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.7.16~ 14 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1958.7.16~ 15 99 8 青い嵐 黄色い人
1959.7.16~ 16 204 9 黄色の種 黄色い戦士
市岡商業高校に進学。先輩の「レツゴー正児」に触発され同級生と共にラジオ『漫才教室』に出演して賞金を稼ぎ、大阪では知られる存在になります。
大学は関西大学の夜間部に進学。落語を聞き興味を持ち、自身も落語家になることを夢見ます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに先輩に触発されラジオに出演し賞金を稼ぎます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.7.16~ 23 159 3 青い嵐 赤い地球
1967.7.16~ 24 4 4 黄色の種 赤い竜
1968.7.16~ 25 109 5 赤い月 赤い蛇
1966年に桂小文枝の弟子になり初舞台を踏みます。
1967年にラジオのオーディションに参加した際、ラジオ制作部のディレクターの渡邊一雄の目に止まります。
1968年よりラジオ『歌え! MBSヤングタウン』の、木金土曜日の司会に抜擢。

この番組で三枝は、自ら考えた「ひとりぼっちでいる時のあなたに、ロマンチックな明かりを灯す、 便所場の電球みたいな桂三枝です」のキャッチフレーズや、「オヨヨ」「いらっしゃーい」「アリーッ!」などのギャグで一躍大人気となった。

ウェブスペルの色が赤色の前半に桂小文枝の弟子になります。
赤色の半ばに『歌え! MBSヤングタウン』で司会を行い、自身のギャグで一躍人気者になります。

超売れっ子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.16~ 26 214 6 白い魔法使い 赤い月
1970.7.16~ 27 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1971.7.16~ 28 164 8 黄色の種 赤い地球
1973.7.16~ 30 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1969年より1980年まで大阪・毎日放送『ヤングおー!おー!』のメイン司会。後任の司会は「明石家さんま」。
1971年より『新婚さんいらっしゃい!』の司会。「同一司会者によるトーク番組の最長放送」のギネス記録を持っています。
1973年より1984年まで関西テレビ『パンチDEデート』の司会を「西川きよし」とつとめた。

全国区での人気者となり超売れっ子となります。
また、ラジオ『ヒットでヒット バチョンといこう!』のアシスタントを務めていたタレントの高橋真由美と、番組終了(1971年)後に結婚し1男1女を儲ける。

ウェブスペルの色が赤色の半ばよりテレビでの司会を担当し全国区で人気者となります。

若手の台頭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.7.16~ 52 84 6 黄色の種 青い嵐
1996.7.16~ 53 189 7 赤い月 青い夜
1997.7.16~ 54 34 8 白い魔法使い 青い手
1990年代前半まで長者番付関西芸能人ランキング首位を保ちつづけます。
21世紀に入り「ダウンタウン」などが台頭、テレビタレントとしての勢いが落ち着き、その後落語家としての活動を中心に据えるようになります。

ウェブスペルの色が青色の半ばくらいまでテレビタレントとしての人気を保ち続けますが若手が台頭、その後落語家としての活動を中心に据えます。

桂文枝を襲名

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.7.16~ 60 144 1 黄色の種 黄色の種
2008.7.16~ 65 149 6 赤い月 黄色の種
2012.7.16~ 69 49 10 赤い月 黄色い太陽
2003年より上方落語協会の6代目会長に就任。
2009年正月に桂派の由緒ある名跡で師匠の名「6代目桂文枝」の襲名が予定されていると報道。
2012年の自身の誕生日に「6代目桂文枝」を襲名

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に上方落語協会の6代目会長に就任。
黄色の後半に「6代目桂文枝」を襲名

桂文枝のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに先輩に触発されラジオに出演し賞金を稼ぎます。
赤色の前半に桂小文枝の弟子になります。
赤色の半ばに『歌え! MBSヤングタウン』で司会を行い、自身のギャグで一躍人気者になります。
赤色の半ばよりテレビでの司会を担当し全国区で人気者となります。
青色の半ばくらいまでテレビタレントとしての人気を保ち続けますが若手が台頭、その後落語家としての活動を中心に据えます。
2度目の黄色の始めの年に上方落語協会の6代目会長に就任。
2度目の黄色の後半に「6代目桂文枝」を襲名

落語の弟子には『三枝』にちなみ「三」がついています。
落語家以外の弟子もおり漫才師『かつみ・さゆり』の「さゆり」も弟子です。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

横山ノック
横山ノックは、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。漫画トリオを結成し人気を集めます。その後、国政に進み、1995年に大阪府知事に当選。1999年に強制わいせつ事件で大阪府知事を辞職。

続きを読む


松坂慶子
松坂慶子(まつざかけいこ)は、日本の女優・歌手・司会者・タレント。日本を代表する大女優。大河ドラマには2018年「西郷どん」で9度目の出演。

続きを読む


ヒロミ
ヒロミは、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家。B21スペシャルで人気を博します。しばらくテレビで見られない期間がつづいたあとバラエティ番組に本格的に復帰し再ブレイクを果たします。

続きを読む


つんく
つんく♂は、日本の音楽家、作詞家、作曲家、実業家。シャ乱Qとしてデビュー後、ハロー!プロジェクトのプロデューサーとして活躍、所属アーティストのほとんどの楽曲について作詞・作曲を手掛けます。

続きを読む


アントニオ猪木
アントニオ猪木の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。アントニオ猪木は、元プロレスラー、実業家、政治家。ジャイアント馬場らと共に、日本のプロレス黄金時代を築いたレスラーの一人。キャッチフレーズは『燃える闘魂』。国政にも進出しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin084)

石原裕次郎
石原裕次郎さんは、俳優、歌手、石原プロの元代表。ヨットマンとしても活動していた。兄は政治家で作家の石原慎太郎。「太陽にほえろ」で刑事ドラマの顔になりました

続きを読む


岡田斗司夫
岡田斗司夫(おかだ としお)は、プロデューサー、評論家、文筆家、実業家、企画者、講演者。自称オタキング。ガイナックスの初代社長。

続きを読む


赤塚不二夫
赤塚不二夫(あかつか ふじお)は、日本の漫画家。1967年に代表作である『天才バカボン』が爆発的ヒット。「ギャグ漫画の王様」と言われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築きました。

続きを読む


ベーブ・ルース
ベーブ・ルースは1910年代から30年代にかけてアメリカのメジャーリーグで活躍したプロ野球選手。「野球の神様」と言われ、アメリカの国民的なヒーローでもあります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

研ナオコ
研ナオコ(けん ナオコ)は、歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍しました。

続きを読む


井森美幸
井森美幸(いもり みゆき)は、日本のバラエティーアイドル、歌手、女優。80年代アイドル。ホリプロよりアイドルとしてデビューするが芽が出ず、バラエティアイドルに転向しブレイク。

続きを読む


坂上忍
坂上忍は、俳優、演出家、タレント、司会者、コメンテーター、映画監督、歌手。子供の頃は天才子役と呼ばれ活躍。2012年に毒舌キャラとしてブレイクしました。

続きを読む


中川翔子
中川翔子(なかがわ しょうこ)は、日本の女性マルチタレント。愛称は『しょこたん』。2004年11月にブログで人気を博し、2006年には歌手デビューした。

続きを読む


山田邦子
山田邦子(やまだ くにこ)は、お笑いタレント、女優、司会者、小説家。1980年代から2000年頃にかけて活躍した人で、ゴールデンタイムで冠番組を持った女性ピン芸人は今のところ山田邦子だけ。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事