285 views

西郷どん・林真理子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 林真理子

林真理子
→ 画像検索はこちら

林真理子(はやし まりこ)は、日本の小説家、エッセイスト。

コピーライターを経てエッセイストとしてデビュー。
「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。

このページでは、林真理子(はやし まりこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

林真理子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年4月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin93(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 黄色い人 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin168
絶対反対kin kin223

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin93の誕生日占いは、挑戦意欲にあふれているタイプです。誠意と努力の人です。誠心誠意生きなさい。

広告

林真理子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

山梨県山梨市出身。実家は書店を経営しており、文学好きな母の影響を受けて育ちます。
山梨の高校を卒業後、日本大学藝術学部に進学。

大学卒業後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.4.1~ 22 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1977.4.1~ 23 168 12 黄色い星 赤い地球
1978.4.1~ 24 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1976年に日本大学を卒業。大手出版社など30社の就職試験を受けるがすべて不合格。
アルバイトをしながら1978年にコピーライター養成講座を受講。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に大学を卒業し就職試験を受けるがすべて不合格。

TCC新人賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.4.1~ 25 118 1 白い鏡 白い鏡
1980.4.1~ 26 223 2 青い夜 白い風
1981.4.1~ 27 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1979年に西友ストアのPR雑誌『熱中なんでもブック』の編集スタッフになります。
1981年に西友ストア向け広告コピー「つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる。」でTCC新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色になり西友ストアのPR雑誌の編集スタッフとなり広告コピーでTCC新人賞を受賞。

ルンルンを買っておうちに帰ろう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.4.1~ 28 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1983.4.1~ 29 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1984.4.1~ 30 123 6 青い夜 白い鏡
1982年にエッセイ『ルンルンを買っておうちに帰ろう』でデビュー。モテたい痩せたい結婚したいといった女性のホンネを赤裸々に描いてベストセラーとなり、一躍人気エッセイストとなった。「ルンルン」は当時の流行語になった。
1983年に『夢みるころを過ぎても』『幸せになろうね』『花より結婚きびダンゴ』『ルンルン症候群』は女性の欲望を軽妙に描いたエッセイ群は、同性の女性たちの強い支持を得ます。
この頃、テレビ番組に出演。
1984年の『星に願いを』で小説家デビュー。この作品は直木賞候補となり、大型新人作家と評された。

ウェブスペルの色が白色の前半にデビュー。一躍人気エッセイストとなった。

直木賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.4.1~ 32 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1987.4.1~ 33 178 9 白い鏡 白い犬
1988.4.1~ 34 23 10 青い夜 白い魔法使い
1986年に『最終便に間に合えば』『京都まで』の2作で直木賞を受賞。小説家としての地位を確立。

ウェブスペルの色が白色の後半に直木賞を受賞。小説家としての地位を確立。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.4.1~ 36 233 12 赤い空歩く人 白い風
1991.4.1~ 37 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1992.4.1~ 38 183 1 青い夜 青い夜
1990年に一般男性と見合い結婚。
同年、『ミカドの淑女(おんな)』で歴史小説初挑戦。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に結婚。歴史小説に初挑戦。

不機嫌な果実

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.1~ 41 238 4 白い鏡 青い鷲
1996.4.1~ 42 83 5 青い夜 青い嵐
1997.4.1~ 43 188 6 黄色い星 青い夜
1998.4.1~ 44 33 7 赤い空歩く人 青い手
1995年に『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞を受賞。
1996年に不倫をテーマにした『不機嫌な果実』はベストセラーになり1997年に映画化、ドラマ化。
1998年に『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。
1999年2月に44才で長女を出産。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『不機嫌な果実』はベストセラーになり映画化、ドラマ化。

西郷どん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.4.1~ 62 103 12 青い夜 黄色い人
2017.4.1~ 63 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2018.4.1~ 64 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2016年から連載された『西郷どん!』は2018年の大河ドラマ『西郷どん』の原作となった。西郷隆盛役は鈴木亮平
2018年に紫綬褒章を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に大河ドラマ『西郷どん』の原作。紫綬褒章を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.1~ 65 158 2 白い鏡 赤い地球
2020.4.1~ 66 3 3 青い夜 赤い竜
2021.4.1~ 67 108 4 黄色い星 赤い蛇
林真理子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
65才の時はKin158。悩みと葛藤をバネに生きれる年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

前進したほうが良い。

林真理子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に大学を卒業し就職試験を受けるがすべて不合格。
白色になり西友ストアのPR雑誌の編集スタッフとなり広告コピーでTCC新人賞を受賞。
白色の前半にデビュー。一躍人気エッセイストとなった。
白色の後半に直木賞を受賞。小説家としての地位を確立。
白色の最後付近に結婚。歴史小説に初挑戦。
青色の半ばに『不機嫌な果実』はベストセラーになり映画化、ドラマ化。
2度目の赤色の始めの年に大河ドラマ『西郷どん』の原作。紫綬褒章を受賞。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin093)

加藤一二三
加藤一二三(かとう ひふみ)は将棋棋士。幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれます。14歳7ヶ月で棋士になり、以降棋士として活躍。2017年6月に現役を引退、引退後はタレント活動も行っています。

続きを読む


大川平三郎
大川平三郎(おおかわ へいざぶろう)は、日本の実業家。明治から昭和初期に活躍。渋沢栄一の書生から身を起こし様々な製紙会社を経営し「日本の製紙王」と呼ばれ「大川財閥」を築いた人物です。

続きを読む


鈴木三郎助
鈴木三郎助(すずき さぶろうすけ)は、日本の実業家、味の素の創設者。

続きを読む


原富太郎
原富太郎(はら とみたろう)は、実業家、美術品収集家。別名は三溪。横浜を拠点に絹の貿易により富を築きます。横浜本牧に三溪園を作り、京都や鎌倉の古建築の建物を移築。

続きを読む


関連記事 (作家)

橋田壽賀子
橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む


新海誠
新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当し大ヒットさせました。

続きを読む


倉本聰
倉本聰(くらもと そう)は、日本の脚本家・劇作家・演出家。1981年にドラマ『北の国から』で話題を呼びます。かつては「シナリオライター御三家」と呼ばれました。

続きを読む


吉川英治
吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事