3,124 views

ウルフルズのボーカル・トータス松本の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → トータス松本

記事公開日:2019年07月25日
最終更新日:2023年09月25日

トータス松本
→ 画像検索はこちら

トータス松本(トータス まつもと)は、日本のシンガーソングライター、俳優。

ウルフルズのボーカルを担当。
俳優としても活動。映画「UDON」や朝の連続テレビ小説「おちょやん」などが代表作。
ソロとしても活動。わいもくんの原作者。

このページでは、トータス松本(トータス まつもと)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

トータス松本の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1966年12月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin64(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 赤い空歩く人 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin197
絶対反対kin kin194

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin64の誕生日占いは、自分のためだけに生きられないタイプです。人の輪の中で力を発揮します。初めをあいまいにすることで後で大きな不安が生じる。母性能力ある。人助けをしなさい。

広告

トータス松本の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

兵庫県出身。本名は松本敦(まつもと あつし)。
3兄弟の末っ子。実家は自営業で両親は共働き。キャンディーズが大好き。

ウルフルズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.12.28~ 22 34 8 白い魔法使い 青い手
1989.12.28~ 23 139 9 青い嵐 青い猿
1990.12.28~ 24 244 10 黄色の種 青い鷲
大阪デザイナー専門学校を卒業。
大阪の紅茶専門店のバイト仲間のウルフルケイスケに誘われ1988年にウルフルズを結成。
芸名となるトータスは大の亀好きが由来。ウルフルズのボーカルを担当。1990年に初ライブ。

ウェブスペルの色が青色の後半にウルフルズを結成。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.12.28~ 26 194 12 白い魔法使い 青い夜
1993.12.28~ 27 39 13 青い嵐 青い手
1994.12.28~ 28 144 1 黄色の種 黄色の種
ウルフルズは1992年にシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。
同年、ファーストアルバム『爆発オンパレード』をリリース。しかし売り上げは伸びなかった。
1994年に伊藤銀次をプロデューサーに迎え知名度を徐々に上げていきます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にウルフルズはシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.28~ 29 249 2 赤い月 黄色い星
1996.12.28~ 30 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1997.12.28~ 31 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1995年に9thシングル「ガッツだぜ!!」、10thシングル「バンザイ 好きでよかった」。
1996年に3rdアルバム「バンザイ」は100万枚を超える売り上げを記録。同年、紅白歌合戦に初出場。

1997年にPUFFYに「ネホリーナハホリーナ」の楽曲を提供。
1999年にビートたけしユースケ・サンタマリアと「ぢ・大黒堂」を結成。2枚のシングルを発表。
ウルフルズとして紅白歌合戦には2001年にも出場。

ウェブスペルの色が黄色の始めころにブレイク。紅白歌合戦に初出場。

俳優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.28~ 34 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2001.12.28~ 35 99 8 青い嵐 黄色い人
2002.12.28~ 36 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2000年にドラマ「涙をふいて」で手塚真太朗役。
2002年に映画「竜馬の妻とその夫と愛人」で坂本龍馬役。
2006年に映画「UDON」で鈴木庄介役。「三船敏郎の映画に影響を受け、音楽をやめて俳優になろうと考えていた」と明かした。
2010年に大河ドラマ「龍馬伝」でジョン万次郎役。
2020年に朝の連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインの父役。
俳優としても活動します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばより俳優としても活動。

本格的にソロでの活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.12.28~ 41 209 1 赤い月 赤い月
2008.12.28~ 42 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2009.12.28~ 43 159 3 青い嵐 赤い地球
2003年にトヨタ「ヴォクシー」TVCMソング「Stubborn Kind of Fellow」でタイアップ。
2008年に初のソロシングル「涙をとどけて」を発売。ドラマ『ホカベン』主題歌。
同年、アルバム「FIRST」を発売。本格的にソロでの活動を開始します。
2009年にウルフルズのマスコットキャラクター「わいもくん」のテレビアニメ化。松本が原作者。
2009年8月の野外コンサートをもってウルフルズは活動休止。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から本格的にソロでの活動を開始。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.12.28~ 50 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2017.12.28~ 51 219 11 青い嵐 赤い月
2018.12.28~ 52 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2014年にウルフルズは活動を再開。
2017年に椎名林檎と組み「目抜き通り」という楽曲を発表。銀座の大型商業施設「GINZA SIX」のテーマ曲。同年、椎名林檎と共に紅白歌合戦に出場。
2018年にソロ活動に専念するためケイスケがウルフルズの活動を休止。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に椎名林檎と組み「目抜き通り」で紅白歌合戦に出場。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.28~ 55 119 2 青い嵐 白い鏡
2022.12.28~ 56 224 3 黄色の種 白い風
2023.12.28~ 57 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
トータス松本の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
57才の時はKin69。感受性が鋭く、臆病さと頑固さを持っている年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

トータス松本のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半にウルフルズを結成。
青色の最期付近にウルフルズはシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。
黄色の始めころにウルフルズでブレイク。紅白歌合戦に初出場。
黄色の半ばより俳優としても活動。
赤色の始めの年から本格的にソロでの活動を開始。
赤色の最後付近に椎名林檎と組み「目抜き通り」で紅白歌合戦に出場。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin064)

ウォーレン・バフェット
ウォーレン・バフェットはアメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務めます。

続きを読む


白石麻衣
白石麻衣(しらいし まい)は、日本の女優、タレント。乃木坂46の元メンバー。愛称は、まいやん。乃木坂46の1期生。卒業するまでWセンターを含め5度センターを担当。2ndソロ写真集『パスポート』は女性ソロ写真集の歴代最高記録。

続きを読む


山崎まさよし
山崎まさよし(やまざき まさよし)は、日本のシンガーソングライター、俳優。初の主演映画『月とキャベツ』のテーマ曲「One more time, One more chance」でブレイク。

続きを読む


関連記事 (俳優)

寺田農
寺田農(てらだ みのり)は、日本の俳優、声優。文学座附属演劇研究所の一期生。映画『肉弾』で主演し毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。数多くの大河ドラマに出演。2008年より東海大学文学部特任教授。

続きを読む


前田吟
前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

続きを読む


近藤正臣
近藤正臣(こんどう まさおみ)は、日本の俳優。『柔道一直線』に出演しブレイク。立て続けにドラマに出演し人気を決定づけます。関西弁を話す愛嬌のある性格からバラエティ番組にも多く出演。

続きを読む


関連記事 (歌手)

南野陽子
南野陽子(みなみの ようこ)は、女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

続きを読む


三浦環
三浦環(みうら たまき)は日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の蝶々夫人役が得意で、明治後期から昭和にかけて活躍した人物です。

続きを読む


南こうせつ
南こうせつ(みなみ こうせつ)は、日本のフォークシンガー・元かぐや姫のリーダー。『かぐや姫』時代に「神田川」が大ヒット。しかしわずか5年ほどで解散。その後、ソロとして活動。ヒット曲を世に送り出します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ