1,733 views

タレント・大竹まことの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大竹まこと

記事公開日:2020年05月24日
最終更新日:2022年12月22日

大竹まこと
→ 画像検索はこちら

大竹まこと(おおたけ まこと)は、日本のお笑いタレント、俳優、ラジオパーソナリティ。

斉木しげる・きたろうの3人でシティボーイズを結成。眼鏡とヒゲが特徴的。
ピンで活動することが多くなり、若かりし頃は暴走キャラクターを芸風としていました。

このページでは、大竹まこと(おおたけ まこと)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ シティボーイズの誕生日占いと相性占いを診断

大竹まこと(おおたけ まこと)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1949年5月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin139です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い猿 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin122
絶対反対kin kin9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin139の誕生日占いは、不思議な色気のあるタイプです。こだわりがブレーキになります。転機が新しいものを生み出す力。

広告

大竹まこと(おおたけ まこと)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都目黒区出身。本名は大竹真。双子の弟がおり、ジャーナリスト、作家、料理人の大竹オサム。
東京大学教育学部附属中学校・高等学校を卒業。

表現劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.5.22~ 22 109 5 赤い月 赤い蛇
1972.5.22~ 23 214 6 白い魔法使い 赤い月
1973.5.22~ 24 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1971年に通って間もない劇団「俳優小劇場」で幹部で内紛がおき直談判のすえ費用の返金を受けます。
同じような立場の仲間が集まり劇団「表現劇場」を結成。後にシティボーイズを結成するきたろう、斉木しげるの2人と俳優の風間杜夫がこの劇団に在籍。
劇団時代はアルバイトなどせず女性ヒモの生活を送ります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに劇団「表現劇場」を結成。

シティボーイズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.5.22~ 30 169 13 赤い月 赤い地球
1980.5.22~ 31 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1981.5.22~ 32 119 2 青い嵐 白い鏡
1979年にきたろう、斉木しげると劇団ユニット「シティボーイズ」を結成。
公開イベントのプログラムを勝手に書き換えシティボーイズのコントを合間に差し入れ。業界関係者の目にとまり芝居批評の記事となった。
1981年に「お笑いスター誕生」でシティボーイズは10週勝ち抜き。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に「シティボーイズ」を結成。

上岡龍太郎

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.5.22~ 33 224 3 黄色の種 白い風
1983.5.22~ 34 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1984.5.22~ 35 174 5 白い魔法使い 白い犬
1980年代初頭、上岡龍太郎に声をかけられ大阪にいきます。1度目は萎縮し何もできませんでした。
2度目は無いと思っていましたが、再度声をかけられ大阪へ。2度目は大爆笑をとり、近畿圏への足掛かりを築きます。
大竹まことにとって上岡龍太郎は「師と仰ぐ事すら失礼にあたる」と尊敬しているそうです。

ウェブスペルの色が白色の前半に上岡龍太郎に声をかけられ近畿圏への足掛かりを築きます。

常滑川まこと

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.22~ 36 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1986.5.22~ 37 124 7 黄色の種 白い鏡
1987.5.22~ 38 229 8 赤い月 白い風
1980年代はシティボーイズとして活動が多かったが徐々にピンでの活動が増えていきます。
1985年に『夕やけニャンニャン』の司会に起用されます。「常滑川まこと」名義で出演。
この頃、ピンで活動するときは「常滑川まこと」を使っていました。
また「常滑川まこと」はかなりの暴走キャラクターを芸風としていました。

ウェブスペルの色が白色の半ばに「常滑川まこと」名義でピンで活動。『夕やけニャンニャン』の司会に起用。

日テレ出入り禁止

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.5.22~ 39 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1989.5.22~ 40 179 10 青い嵐 白い犬
1990.5.22~ 41 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1988年に日本テレビの木曜スペシャル『タモリのいたずら大全集』に出演。
ここで出演者の山瀬まみに喧嘩をふっかけ泣かせ、さらに番組セットを破壊。
この事件から長年日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなかった。
山瀬まみとは2008年に共演。

ウェブスペルの色が白色の後半にテレビ番組でやりすぎて日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなくなります。

上岡龍太郎にはダマされないぞ!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.5.22~ 42 129 12 赤い月 白い鏡
1992.5.22~ 43 234 13 白い魔法使い 白い風
1996.5.22~ 47 134 4 白い魔法使い 青い猿
1990年より「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」にレギュラー出演。1996年まで。
1996年8月8日に大竹の運転する車と信号を無視したバイクが接触。バイクの運転手が死亡。大竹に過失がなかったが2週間謹慎します。

ウェブスペルの色が青色の前半にバイクと接触事故。過失がなかったが2週間謹慎。

ビートたけしのTVタックル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.5.22~ 49 84 6 黄色の種 青い嵐
1999.5.22~ 50 189 7 赤い月 青い夜
2007.5.22~ 58 249 2 赤い月 黄色い星
1998年より「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。阿川佐和子も同年より進行役でレギュラー出演。
2007年より文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。
2020年現在つづく長期レギュラー出演となった。

ウェブスペルの色が青色の半ばより「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。
黄色の始めころより「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.5.22~ 73 4 4 黄色の種 赤い竜
2023.5.22~ 74 109 5 赤い月 赤い蛇
2024.5.22~ 75 214 6 白い魔法使い 赤い月
大竹まことの現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
73才の時はKin4。整理整頓ができる年です。物持ちが良いです。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

大竹まこと(おおたけ まこと)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに劇団「表現劇場」を結成。
赤色の最後の年に「シティボーイズ」を結成。
白色の前半に上岡龍太郎に声をかけられ近畿圏への足掛かりを築きます。
白色の半ばに「常滑川まこと」名義でピンで活動。『夕やけニャンニャン』の司会に起用。
白色の後半にテレビ番組でやりすぎて日本テレビへは出入り禁止となり山瀬まみと共演がなくなります。
青色の前半にバイクと接触事故。過失がなかったが2週間謹慎。
青色の半ばより「ビートたけしのTVタックル」にレギュラー出演。
黄色の始めころより「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演。

シティボーイズとして毎年ゴールデンウィーク前後に舞台公演を行っていました。直近では2017年に行っています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

北村匠海
北村匠海(きたむら たくみ)は、日本の俳優、歌手、モデル。スカウトされ9才の時にCMデビュー。ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)のリーダー兼メインボーカルとギターを担当。映画『君の膵臓をたべたい』で浜辺美波とW主演し数々の映画の新人賞を受賞。

続きを読む


工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin139)

原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


倖田來未
倖田來未(こうだ くみ)は、日本の女性歌手。「エロかっこいい」独自のスタイルを確立。ミリオンセラーを連発。2006年に新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。実妹は歌手のmisono。

続きを読む


Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


蓮舫
蓮舫(れんほう)は、日本の政治家、元タレント。『スーパージョッキー』や『サッポロ黒ラベル』CMで知名度を上げます。報道・情報番組に主軸を移し、その後政界入り。民主党が与党時代に事業仕分けで話題。

続きを読む


布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


関連記事 (タレント)

ヒロシ
ヒロシは、日本のお笑いタレント。2000年代前半に「ヒロシです」の自虐ネタでブレイク。2015年にYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」に趣味のソロキャンプを扱った動画で再ブレイク。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ケイン・コスギ
ケイン・コスギは、日系人俳優、タレント。アメリカ出身。父は俳優のショー・コスギ、弟はシェイン・コスギ。親しみやすいキャラクターと、超人的と評される身体能力で人気を博します。その後、ハリウッドに本格的に進出を果たします。

続きを読む


伊東四朗
伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします。

続きを読む


田中祐二と山口もえ
田中祐二と山口もえは2015年10月に結婚した夫婦です。田中祐二は一般女性と2000年に結婚、2009年に離婚。山口もえは実業家の尾関茂雄と2005年に結婚、2011年に離婚。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ