919 views

タレント・羽野晶紀の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 羽野晶紀

記事公開日:2021年10月15日
最終更新日:2022年05月25日

羽野晶紀
→ 画像検索はこちら

羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。夫は和泉元彌。

「劇団☆新感線」に所属。精力的に舞台ライブを行い、関西ではアイドル的な存在に成長。
「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。
和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

このページでは、羽野晶紀(はの あき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

羽野晶紀(はの あき)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1968年8月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin146(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 黄色い種 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin115
絶対反対kin kin16

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin146の誕生日占いは、チャンスをものにするのに優れているタイプです。恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

広告

羽野晶紀(はの あき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府宇治市出身。出生名は羽野晶(はの あき)。
実家は八百屋を経営。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.8.22~ 17 111 7 青い猿 赤い蛇
1986.8.22~ 18 216 8 黄色い戦士 赤い月
1987.8.22~ 19 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1986年頃、笑福亭鶴瓶が司会を務めた関西ローカル番組『9年9組つるべ学級』に出演し芸能界デビュー。その後大阪芸術大学に進学。
大学在学中は「劇団☆新感線」に所属。渡辺いっけい、筧利夫古田新太、高田聖子らが同時期に在籍。
関西ローカルテレビ番組”ナイトinナイト『おっちゃんVSギャル』”に女子大生レギュラー回答者として出演。司会の六代目桂文枝から「八百屋の娘」といじられキャラだった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに芸能界デビュー。大阪芸術大学在学中に「劇団☆新感線」に所属。

関西ではアイドル的な存在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.8.22~ 21 11 11 青い猿 赤い竜
1990.8.22~ 22 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1991.8.22~ 23 221 13 赤い竜 赤い月
関西の小劇場演劇ブームに乗り、関西を中心にテレビ番組に出演。
1989年に「現代用語の基礎体力」で生瀬勝久扮する怪人に毎週さらわれるお嬢様役がウケてブレイク。
精力的に舞台ライブを行い、関西ではアイドル的な存在となった。1991年にCDデビュー。シングル6枚とアルバム2枚を発売。秋元康作詞の曲が多くあります。

大学は中退。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近には精力的に舞台ライブを行い、関西ではアイドル的な存在となった。

全国に進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.8.22~ 24 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1993.8.22~ 25 171 2 青い猿 白い犬
1994.8.22~ 26 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1992年より半年間「笑っていいとも」の月曜レギュラーを担当。これを機に全国に進出。ドラマ、舞台、映画などで幅広く活躍。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に「笑っていいとも」の月曜レギュラーを担当。これを機に全国に進出。

結婚・休業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.8.22~ 33 231 10 青い猿 白い風
2002.8.22~ 34 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2003.8.22~ 35 181 12 赤い竜 白い犬
舞台『ロミオとジュリエット』で共演したことがきっかけで、狂言師和泉元彌と交際。
2002年に妊娠を機に結婚し芸能活動を休止。その後、女児と男児に恵まれます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に和泉元彌と結婚。芸能活動を休止。2人の子に恵まれます。

復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.8.22~ 38 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2007.8.22~ 39 81 3 赤い竜 青い嵐
2008.8.22~ 40 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2007年に週刊誌で別居報道があったが離婚を否定。
2008年から芸能活動を再開。
同年、ブログを立ち上げ家族の写真を掲載。別居騒動の影も感じられないほど家庭円満な姿を見せます。

ウェブスペルの色が青色の前半より芸能活動を再開。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.22~ 53 251 4 青い猿 黄色い星
2022.8.22~ 54 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2023.8.22~ 55 201 6 赤い竜 黄色い戦士
羽野晶紀の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
54才の時はKin96。周りに対して素直に表現できる年です。神経質になりやすい面があります。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

誠心誠意生きなさい。

羽野晶紀(はの あき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに芸能界デビュー。大阪芸術大学在学中に「劇団☆新感線」に所属。
赤色の最後付近には精力的に舞台ライブを行い、関西ではアイドル的な存在となった。
白色の始めの年に「笑っていいとも」の月曜レギュラーを担当。これを機に全国に進出。
白色の最後付近に和泉元彌と結婚。芸能活動を休止。2人の子に恵まれます。
青色の前半より芸能活動を再開。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin146)

趣里
趣里(しゅり)は、日本の女優。父は水谷豊、母は伊藤蘭。子供の頃からバレリーナになるのを志しますがケガで断念。演技学校で演技の面白さに目覚め女優になります。

続きを読む


竹宮惠子
竹宮惠子(たけみや けいこ)は、日本の漫画家。代表作は『風と木の詩』『地球へ…』など。漫画のみならず文化・社会に大きな影響を与えた女性漫画家たち「24年組」の一人です。

続きを読む


三谷幸喜
三谷幸喜(みたに こうき)は、脚本家、演出家、俳優、映画監督。日本大学在学中から放送作家として活躍。2016年NHK大河ドラマ真田丸の脚本を担当しました。

続きを読む


市村清
市村清(いちむら きよし)は、日本の実業家。リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。「人の行く裏に道あり花の山」を座右の銘とし、常識の裏をかくアイディア社長。

続きを読む


本田圭佑
本田圭佑(ほんだ けいすけ)は、大阪出身のプロサッカー選手です。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。カンボジア代表GM。

続きを読む


関連記事 (タレント)

久本雅美
久本雅美(ひさもと まさみ) は、日本のお笑いタレント、コメディエンヌ、司会者、女優。笑っていいとも!では17年半レギュラーを務めました。

続きを読む


中村アン
中村アンは、日本のモデル、タレント、女優。モデルとして活躍する一方、毒舌&不潔「キャラ」でタレントとしてブレーク。健康的なボディは「美ボディ」として注目を集めます。女優としても本格的に活動。

続きを読む


宇梶剛士
芸能界に入る前は当時日本最大の暴走族の総長。少年院で改心し俳優を目指し菅原文太の付き人となり美輪明宏に見出され舞台を踏みます。その後、多数のテレビドラマや映画で活躍。

続きを読む


桜塚やっくん
桜塚やっくん(さくらづか やっくん)は、日本の男性お笑いタレント。お笑いコンビ「あばれヌンチャク」で活動後にピン芸人に転身。「スケバン恐子」のネタで『エンタの神様』に出演し人気に火がつきます。37才の時に交通事故で亡くなりました。

続きを読む


加藤浩次
お笑いコンビ「極楽とんぼ」のツッコミ担当です。「極楽とんぼ」で人気を得ます。その後、司会業に進出。しかし相方の不祥事でコンビとしての活動を停止。2016年よりコンビとしての活動を再開しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ