6,586 views

タレント・関根勤の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 関根勤

記事公開日:2018年04月18日
最終更新日:2023年10月23日

関根勤
→ 画像検索はこちら

関根勤(せきね つとむ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優、歌手、司会者。

旧芸名はラビット関根。娘はタレントの関根麻里。小堺一機とのコンビは、コサキンとして知られています。

このページでは、関根勤(せきね つとむ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 「関根勤」「関根麻里」「K」さん一家の誕生日占いと相性占いを診断

関根勤(せきね つとむ)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1953年8月21日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin130です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 白い鏡 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin131
絶対反対kin kin260

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

ひとことでいえばKin130の誕生日占いは、考え込むことが多いタイプです。考え込まないように。

広告

関根勤(せきね つとむ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で4人兄弟の末っ子として生まれます。
父は東京消防庁の消防士でした。

ぎんざNOW!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.8.21~ 20 150 7 白い犬 黄色の種
1974.8.21~ 21 255 8 青い鷲 黄色い星
1975.8.21~ 22 100 9 黄色い太陽 黄色い人
日本大学に在学中の1974年にTBSテレビ『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」に記念のつもりで出場したところ、5連続勝ち抜きを果たして初代チャンピオンになります。
関名勤自身はプロの芸人になるつもりはなかったが、審査員の一人の浅井企画社長・浅井良二に見出され、芸能界デビューを果たします。
六代目桂文枝より1975年に干支のうさぎにちなみ「ラピッド関根」と命名されます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で初代チャンピオンになり、芸能界デビューを果たします。

コサキン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.8.21~ 23 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1977.8.21~ 24 50 11 白い犬 黄色い太陽
1978.8.21~ 25 155 12 青い鷲 黄色の種
デビューはトントン拍子に行きましたが、デビュー後はそのマニアックな芸風から敬遠され伸び悩みます。

1976年よりテレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に浅井企画の後輩であり親友である小堺一機と共に「コサキン」のコンビで「クロコとグレコ」として出演し人気を博します。
萩本欽一は浅井企画の先輩です。

1976年にスタートした『徹子の部屋』では黒柳徹子と関根勤が進行する「フラッシュクイズ」という視聴者参加の短いクイズコーナーが1977年までありました。
関根勤は徐々にお茶の間に受け入れられていきます。

ウェブスペルの色が黄色の後半より『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に出演し徐々にお茶の間に受け入れられていきます。

コサキンDEワァオ!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.8.21~ 27 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1981.8.21~ 28 210 2 白い犬 赤い月
1982.8.21~ 29 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1981年より「コサキン」名義でTBSラジオの深夜番組を始めます。
後にこの番組は「コサキンDEワァオ!」となり、2009年に27年半の歴史に幕を閉じるまで続く大長寿番組になります。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から「コサキン」でラジオ番組を始めます。

笑っていいとも!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.8.21~ 31 5 5 赤い蛇 赤い竜
1985.8.21~ 32 110 6 白い犬 赤い蛇
1986.8.21~ 33 215 7 青い鷲 赤い月
1985年より『笑っていいとも!』にレギュラー出演。2014年に番組終了するまでの28年6ヶ月、タモリに次いで2番目の最長記録。全国区の知名度を得ます。
同年、小堺主演の舞台『小堺クンのおすましでSHOW』に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばより『笑っていいとも!』にレギュラー出演し全国区での知名度を得ます。

カンコンキンシアター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.8.21~ 35 165 9 赤い蛇 赤い地球
1989.8.21~ 36 10 10 白い犬 赤い竜
1990.8.21~ 37 115 11 青い鷲 赤い蛇
1989年に自らを座長とした舞台『カンコンキンシアター』をスタート。舞台にも活動の場を広げます。

ウェブスペルの色が赤色の後半より舞台『カンコンキンシアター』をスタートさせました。

2010年代以降もバラエティ番組を中心に第一線で活躍、ターゲットをごく一部に絞るような独特のモノマネやコメントで、老若男女問わず根強い人気を維持しています。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.21~ 68 250 3 白い犬 黄色い星
2022.8.21~ 69 95 4 青い鷲 黄色い人
2023.8.21~ 70 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
関根勤の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
70才の時はKin200。自分の思いを通したいという強い思いのある年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

中身が充実していれば謙虚になれる。言葉より行動を。

関根勤(せきね つとむ)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の半ばに『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で初代チャンピオンになり、芸能界デビューを果たします。
黄色の後半より『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に出演し徐々にお茶の間に受け入れられていきます。
赤色の始めの年から「コサキン」のコンビでラジオ番組を始め長寿番組に成長させます。
赤色の半ばより『笑っていいとも!』にレギュラー出演し全国区での知名度を得ます。
赤色の後半より舞台『カンコンキンシアター』をスタートさせました。

マニアックなモノマネをする関根勤ですが、千葉真一・大滝秀治・長嶋茂雄ジャイアント馬場からはモノマネを公認されているそうです。
長年、モノマネする側でしたが、モノマネされるようにもなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin130)

黒木瞳
黒木瞳(くろき ひとみ)は、日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。宝塚歌劇団を退団後、芸能界に転身。映画『失楽園』に出演し知名度は一気に上昇。活躍の場を広げます。

続きを読む


大迫傑
大迫傑(おおさこ すぐる)は、日本の長距離の陸上競技選手。2018年9月と2020年3月にマラソンで日本記録を更新。2014年に3000m、2015年に1500mで日本記録を出した人物。

続きを読む


円広志
円広志(まどか ひろし)は、日本のシンガーソングライター、タレント、作曲家。自ら歌った『夢想花』がロングヒット。森昌子の『越冬つばめ』の作曲家。関西製作のバラエティに多く出演。

続きを読む


菊地亜美
菊地亜美(きくち あみ)は、日本の女性バラエティタレント、モデル、YouTuber。元アイドリング!!!のメンバー。16号として活動。徐々に仕事が増やし2012年度には約270本の番組に出演。知られる存在となった。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


関連記事 (タレント)

小島瑠璃子
小島瑠璃子(こじま るりこ)は、日本のバラエティタレント、司会者。『第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン』にて『グランプリ』を獲得し芸能界入りします。

続きを読む


渡辺徹
渡辺徹(わたなべ とおる)は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。妻はタレントの榊原郁恵。『太陽にほえろ!』でラガー役でデビュー。アイドル並みの人気となります。結婚後はタレント・司会業が増えていきます。

続きを読む


さかなクン
さかなクンは魚類学者で、タレント、イラストレーターでもある。ハコフグの帽子をかぶり独特の口調とハイテンションでテレビに出演しています。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


高田純次
高田純次(たかだ じゅんじ)は、タレント、俳優。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演しブレイク。『グロンサン』のCMの「5時から男」で「流行語部門・大衆賞」を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ