4,368 views

マイブーム・みうらじゅんの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → みうらじゅん

記事公開日:2020年05月17日
最終更新日:2023年08月30日

みうらじゅん
出典:wikipedia.org

みうらじゅんは、日本の漫画家、イラストレーター。妻はシンガーソングライターのbird。

長髪、サングラスでメディアに出演。「クソゲー」「マイブーム」「ゆるキャラ」などの造語を作り定着。
エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJ、編集長、ライター、解説者など幅広い分野で活躍。

このページでは、みうらじゅんの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

みうらじゅんの誕生日占い

生年月日:1958年2月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin194です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 青い夜 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin67
絶対反対kin kin64

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin194の誕生日占いは、いつも回りのことを考えて行動するタイプです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

みうらじゅんの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都市で生まれます。小学校時代から仏像と怪獣が大好きな少年でした。

糸井重里を師事

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.2.1~ 20 214 6 白い魔法使い 赤い月
1979.2.1~ 21 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1980.2.1~ 22 164 8 黄色の種 赤い地球
高校時代より絵描きを目指します。京都の高校を卒業後に2浪し武蔵野美術大学へ進学。
友人が糸井重里事務所に勤めていたので大学時代は何をするでもなく入り浸りカットの仕事をもらっていた。
1980年に『ガロ』誌上でデビュー。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに糸井重里を師事。
赤色の後半に『ガロ』誌上でデビュー。

ヘタウマな作風

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.2.1~ 24 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1983.2.1~ 25 219 11 青い嵐 赤い月
1984.2.1~ 26 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1982年に『週刊ヤングマガジン』のちばてつや賞で佳作を受賞。
以降、雑誌で関西ネタや怪獣ネタのエッセイやイラストを執筆。ヘタウマな作風がうけます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近からエッセイやイラストを執筆。ヘタウマな作風がうけます。

クソゲー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.2.1~ 28 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1987.2.1~ 29 119 2 青い嵐 白い鏡
1988.2.1~ 30 224 3 黄色の種 白い風
1980年代後半からテレビ・ラジオでの出演が増え多彩な活動を見せます。
1985年発売のファミコンソフトの『いっき』や『頭脳戦艦ガル』に初めてクソゲーという言葉を使用。
1989年に『いかすバンド天国』に喜国雅彦(漫画家)、滝本淳助(写真家)らと出演。

ウェブスペルの色が白色に変わりテレビ・ラジオでの出演が増え多彩な活動を見せます。

マイブーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.2.1~ 36 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1997.2.1~ 39 129 12 赤い月 白い鏡
1998.2.1~ 40 234 13 白い魔法使い 白い風
1994年に『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演。その際「マイブーム」という言葉を使用し広まっていきます。
1997年に『現代用語の基礎知識』による新語・流行語大賞のトップテンに「マイブーム」が選ばれます。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に「マイブーム」が新語・流行語大賞に選ばれます。

映画化

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.2.1~ 45 239 5 青い嵐 青い鷲
2004.2.1~ 46 84 6 黄色の種 青い嵐
2005.2.1~ 47 189 7 赤い月 青い夜
2003年にコミック『アイデン&ティティ』が映画化され再び脚光を浴びます。
2004年に日本映画批評家大賞の功労賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『アイデン&ティティ』が映画化され再び脚光を浴びます。

不倫・再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.2.1~ 48 34 8 白い魔法使い 青い手
2007.2.1~ 49 139 9 青い嵐 青い猿
2009.2.1~ 51 89 11 赤い月 青い嵐
歌手のbirdと不倫し2006年末から共同生活。2007年に前妻と離婚。
2009年に第2子の妊娠をきっかけに2009年に入籍。

ウェブスペルの色が青色の後半に不倫し離婚、その後再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.1~ 64 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2023.2.1~ 65 259 12 青い嵐 黄色い星
2024.2.1~ 66 104 13 黄色の種 黄色い人
みうらじゅんの現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
65才の時はKin259。どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をする年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

みうらじゅんのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに糸井重里を師事。
赤色の後半に『ガロ』誌上でデビュー。
赤色の最後付近からエッセイやイラストを執筆。ヘタウマな作風がうけます。
白色に変わりテレビ・ラジオでの出演が増え多彩な活動を見せます。
白色の最後の年に「マイブーム」が新語・流行語大賞に選ばれます。
青色の半ばに『アイデン&ティティ』が映画化され再び脚光を浴びます。
青色の後半に不倫し離婚、その後再婚。

長年、仏像マニアとして知られます。
いとうせいこうと各地の仏像を見て回る『見仏記』は、書籍やDVDでシリーズ化されています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋洋一
高橋洋一(たかはし よういち)は、日本の経済評論家。数学科出身の異色の元大蔵・財務官僚。学位は博士(政策研究)。小泉内閣で竹中平蔵の補佐官。第1次安倍晋三内閣で経済政策のブレーン、大阪維新の会のブレーン。

続きを読む


小田部羊一
小田部羊一(こたべ よういち)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー。妻は奥山玲子。東映動画退社後は高畑勲、宮崎駿と共にメインスタッフとして活動。「スーパーマリオブラザーズ」シリーズなどのキャラクターデザインを担当。

続きを読む


頼清徳
頼清徳(らい せいとく)は、台湾の政治家、内科医。蔡英文の次の第8代中華民国総統。民主進歩党内では最大派閥の「新潮流」の中核的人物。立法委員や行政院長、台南市長などを歴任。

続きを読む


竹中平蔵
竹中平蔵(たけなか へいぞう)は、日本の実業家、政治家、経済学者。小泉内閣では経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。参院選では自民党比例区からトップ当選。2年後に参議院議員を辞職し政界を引退。

続きを読む


松丸亮吾
松丸亮吾(まつまる りょうご)は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。母の病気をきっかけに猛勉強を行い東京大学に進学。謎解き制作のサークルAnotherVisionの2代目代表。『今夜はナゾトレ』の問題やレギュラー出演し全国の幅広い世代から認知されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin194)

立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


畑正憲
畑正憲(はた まさのり)は、日本の小説家、動物研究家。愛称は「ムツゴロウさん」。ノンフィクション作家として活動。北海道に移住。テレビで『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』がシリーズ化され放送。「東京ムツゴロウ動物王国」を開園しますが集客が伸びず閉園。

続きを読む


エドワード・ジェンナー
エドワード・ジェンナーは、イギリスの医学者。天然痘の予防において、それまで行われていた人痘接種より安全性の高い種痘(牛痘接種)法を開発。近代免疫学の父とも呼ばれます。

続きを読む


関連記事 (タレント)

村上佳菜子
村上佳菜子(むらかみ かなこ)は、日本の元フィギュアスケート選手、タレント。2000年代後半から2010年代にかけて活動した日本の元フィギュアスケート選手。2014年ソチオリンピックでは12位。2014年四大陸選手権で優勝。引退後はタレントに転身。

続きを読む


コロッケ
コロッケは、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、歌手。1980年代後半にものまね四天王の一人としてブレイク。ものまねレパートリーは300種類以上。エンターテイナーとして新境地を開拓します。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

水木しげる
水木しげるさんは妖怪漫画の第一人者の漫画家です。「ゲゲゲの鬼太郎」はテレビアニメで第5シリーズまで放送された人気番組です。

続きを読む


武論尊
武論尊(ぶろんそん)は、日本の漫画原作者。代表作に『ドーベルマン刑事』『北斗の拳』『サンクチュアリ』など。作品によって「武論尊」と「史村翔(ふみむら しょう)」の名義を使い分けています。

続きを読む


ゆでたまご
ゆでたまごは、漫画家ユニット。嶋田隆司と中井義則の合同ペンネーム。デビュー作『キン肉マン』は1980年代に大ヒットします。1998年にキン肉マンII世が連載され2度目のヒットとなります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ