116 views

ムジカ・ピッコリーノでシエリ役・藤原さくらの誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤原さくら

藤原さくら
→ 画像検索はこちら

藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。

父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。
高校を卒業し上京。メジャーデビュー、女優デビュー。自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。
『ムジカ・ピッコリーノ』の新シーズンにシエリ役でレギュラー出演。

このページでは、藤原さくら(ふじわら さくら)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤原さくら(ふじわら さくら)の誕生日占い

生年月日:1995年12月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin251です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 黄色い星 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin10
絶対反対kin kin121

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin251の誕生日占いは、心の切り替えが早いタイプです。微妙な気持ちがわかりにくいです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

広告

藤原さくらの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

福岡県福岡市出身。2人姉妹の次女。父親はベーシストの藤原宏二。
父親の影響で物心つく前からビートルズをはじめとしたUKロックを聴いて育ち大好きなった。
ポール・マッカートニーの大ファン。

ギターを始める

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.12.30~ 10 1 1 赤い竜 赤い竜
2006.12.30~ 11 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2007.12.30~ 12 211 3 青い猿 赤い月
10才のころに父からクラシック・ギターをもらいギターを始めます。
そのうちギターのフレーズやメロディを断片的に作ります。

ウェブスペルの色が赤色の初めの年から父からクラシック・ギターをもらいギターを始めます。
黒Kinが3年連続の年の1年目のことでした。

アミューズと育成契約

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.12.30~ 15 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2011.12.30~ 16 111 7 青い猿 赤い蛇
2012.12.30~ 17 216 8 黄色い戦士 赤い月
15才の頃にボーカルスクールVOATに入り本気で音楽に取り組みます。
音楽関係者の前で行われたスクール主催のオーディションを受け芸能事務所アミューズと育成契約を結びます。
オーディションでスカウトした人物が、その後マネージャーとなり活動を支えていきます。
高校時代は福岡、東京で音楽活動。3枚のミニ・アルバムを自主制作。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに芸能事務所アミューズと育成契約を結びます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.30~ 18 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
2014.12.30~ 19 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2015.12.30~ 20 11 11 青い猿 赤い竜
2014年に1stスタジオ・アルバム『full bloom』をインディーズでリリース。高校を卒業し上京。
2015年に1stミニアルバム『à la carte』でメジャーデビュー。
2016年に約100人のオーディションを勝ち抜きテレビドラマ『ラヴソング』で「佐野さくら」役で女優デビュー。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にメジャーデビュー、女優デビュー。

楽曲提供

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.12.30~ 21 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2017.12.30~ 22 221 13 赤い竜 赤い月
2018.12.30~ 23 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2017年に『ポンキッキーズ』のMCを春風亭昇々とともに担当。
同年、上白石萌音の「きみに」の作曲。自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

ムジカ・ピッコリーノ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.30~ 25 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2021.12.30~ 26 121 4 赤い竜 白い鏡
2021年に『ムジカ・ピッコリーノ』の新シーズンにシエリ役でレギュラー出演。

ウェブスペルの色が白色の前半より『ムジカ・ピッコリーノ』の新シーズンにシエリ役でレギュラー出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.30~ 26 121 4 赤い竜 白い鏡
2022.12.30~ 27 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
2023.12.30~ 28 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
藤原さくらの現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
26才の時はKin121。思うがままに行動する年です。思いやり深い人が多いです。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

藤原さくらのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の初めの年から父からクラシック・ギターをもらいギターを始めます。
赤色の半ばに芸能事務所アミューズと育成契約を結びます。
赤色の最後付近にメジャーデビュー、女優デビュー。自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。
白色の前半より『ムジカ・ピッコリーノ』の新シーズンにシエリ役でレギュラー出演。

参考文献

藤原さくら(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴木浩介
鈴木浩介(すずき こうすけ)は日本の俳優。西田敏行に憧れ青年座に入団。退団後はテレビドラマを中心に活動。ドラマ『LIAR GAME』に出演し知名度UP。ドラマ『ドクターX』シリーズでは原守役で出演。

続きを読む


エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プルシェンコは、ロシアの元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。2006年トリノオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。ロシアフィギアスケート界の重鎮。皇帝と呼ばれます。

続きを読む


吉田類
吉田類(よしだ るい)は、日本の随筆家。居酒屋探訪家として冠番組『吉田類の酒場放浪記』がヒット。同ジャンルの番組が製作される先駆けになります。『吉田類のにっぽん百低山』がレギュラー放送。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin251)

篠井英介
篠井英介(ささい えいすけ)は、日本の俳優。 当初舞台を中心に活躍。女形で有名。三谷幸喜作品に複数回起用されたことで顔が知られます。当初は中性的な役が多かったが、悪役・公家役などにも起用。

続きを読む


橋本左内
橋本左内(はしもと さない)は、江戸時代末期の志士、思想家、福井藩藩士。緒方洪庵に弟子入り。やがて福井藩主の松平春嶽の側近に取り立てられます。その後、安政の大獄で将軍継嗣問題に介入したことで斬首。

続きを読む


椎名林檎
椎名林檎(しいな りんご)は、日本のシンガーソングライター。1998年にデビュー。ミリオンヒットを連発。2004年から2012年までロックバンド・東京事変のボーカリストとしても活動。

続きを読む


石川佳純
石川佳純(いしかわ かすみ)は、日本の女子卓球選手。愛称はかすみん。小学生のころに「愛ちゃん」2世と話題。女子卓球団体でロンドン五輪で銀メダル、リオデジャネイロ五輪で銅メダル獲得に貢献。

続きを読む


華原朋美
華原朋美(かはら ともみ)は、日本の歌手、タレント。代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

つんく
つんく♂は、日本の音楽家、作詞家、作曲家、実業家。シャ乱Qとしてデビュー後、ハロー!プロジェクトのプロデューサーとして活躍、所属アーティストのほとんどの楽曲について作詞・作曲を手掛けます。

続きを読む


水前寺清子
水前寺清子(すいぜんじ きよこ)は、日本の演歌歌手、女優。愛称はチータ。『三百六十五歩のマーチ』が100万枚の大ヒット。紅白歌合戦に連続22回出場。ドラマ『ありがとう』で主演。最高視聴率56.3%を記録。

続きを読む


坂本冬美
坂本冬美(さかもと ふゆみ)は、日本の演歌歌手、女優。代表曲は「あばれ太鼓」「祝い酒」「夜桜お七」など。ドラマでも活躍。紅白歌合戦に30回以上出場している常連です。

続きを読む


加藤登紀子
加藤登紀子(かとう ときこ)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。代表曲に「知床旅情」「百万本のバラ」など。女優として『居酒屋兆治』など、声優として『紅の豚』でマダム・ジーナ役で出演。

続きを読む


都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ