3,874 views

女優・森口瑤子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森口瑤子

記事公開日:2020年04月03日
最終更新日:2023年06月27日

森口瑤子
→ 画像検索はこちら

森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。

「ミス松竹」に選出され映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

このページでは、森口瑤子(もりぐち ようこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

森口瑤子(もりぐち ようこ)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1966年8月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin179です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い犬 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin82
絶対反対kin kin49

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin179の誕生日占いは、心の葛藤が行動のエネルギーになるタイプです。ダイナミックに行動すること。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

森口瑤子(もりぐち ようこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。父はビール会社に勤務。
小学4年の時にアメリカ映画『ウエスト・サイド物語』を観て女優になるのを志します。

ミス松竹

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.8.5~ 17 144 1 黄色の種 黄色の種
1984.8.5~ 18 249 2 赤い月 黄色い星
1985.8.5~ 19 94 3 白い魔法使い 黄色い人
たくさんのオーディションを受ける中、1983年に「ミス松竹」に選出。映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』でデビュー。
1986年より土曜ワイド劇場「探偵・神津恭介の殺人推理」で主演の神津恭介(演:近藤正臣)の妹役。
共立女子短期大学に進学し卒業。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に「ミス松竹」に選出され映画デビュー。

地方記者・立花陽介

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.8.5~ 24 99 8 青い嵐 黄色い人
1993.8.5~ 27 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1994.8.5~ 28 259 12 青い嵐 黄色い星
1990年にCMでチャーリー浜と共演。
1993年より火曜サスペンス劇場「地方記者・立花陽介」で主演の立花陽介(演:水谷豊)の妻を演じます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近より「地方記者・立花陽介」で水谷豊の妻役で出演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.8.5~ 32 159 3 青い嵐 赤い地球
2000.8.5~ 34 109 5 赤い月 赤い蛇
2001.8.5~ 35 214 6 白い魔法使い 赤い月
1998年に脚本家の坂元裕二と結婚。坂元は『東京ラブストーリー』の脚本を担当した脚本家。
長女が誕生し坂元が家で執筆をしながら育児を担当。坂元が仕事に復帰したのは2002年からだった。
2000年にフジテレビ月9「やまとなでしこ」に出演。主演は松嶋菜々子
2001年に映画「Unloved」で主演。カンヌ映画祭に出品され、レイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の前半に脚本家の坂元裕二と結婚。
赤色の半ばに映画「Unloved」でレイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。

広く認知

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.5~ 38 9 9 赤い月 赤い竜
2005.8.5~ 39 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2006.8.5~ 40 219 11 青い嵐 赤い月
2004年より土曜ワイド劇場「温泉 (秘) 大作戦」で主演。2016年まで全18回放送された。
2005年にドラマ「汚れた舌」に出演。
2006年にドラマ「僕の歩く道」に出演。

次第に広く認知されるようになります。

ウェブスペルの色が赤色の後半には次第に広く認知されるようになります。

八日目の蝉

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.8.5~ 45 224 3 黄色の種 白い風
2012.8.5~ 46 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2013.8.5~ 47 174 5 白い魔法使い 白い犬
2011年に映画『八日目の蝉』に出演。
2012年に映画『おかえり、はやぶさ』に出演。主演は藤原竜也
2012年、2013年に『テレビでスペイン語』のナビゲーターを担当。

ウェブスペルの色が白色の前半に映画『八日目の蝉』に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.5~ 55 234 13 白い魔法使い 白い風
2022.8.5~ 56 79 1 青い嵐 青い嵐
2023.8.5~ 57 184 2 黄色の種 青い夜
森口瑤子の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
57才の時はKin184。表面的にははっきりしているけど、内面は迷いの年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

森口瑤子(もりぐち ようこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めの年に「ミス松竹」に選出され映画デビュー。
黄色の最後付近より「地方記者・立花陽介」シリーズで水谷豊の妻役で出演。
赤色の前半に脚本家の坂元裕二と結婚。
赤色の半ばに映画「Unloved」でレイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。
赤色の後半には次第に広く認知されるようになります。
白色の前半に映画『八日目の蝉』に出演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin179)

さとう珠緒
さとう珠緒(さとう たまお)は、日本の女優、タレント。初代ミニスカポリスとして活動。過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


安藤美姫
安藤美姫(あんどう みき)は、日本の元フィギュアスケート選手。主要国際競技会で4回転ジャンプ(サルコウ)を史上初めて成功させた女子選手。主な実績に2007年・2011年世界選手権優勝。2011年四大陸選手権優勝など。

続きを読む


小澤征悦
小澤征悦(おざわ ゆきよし)は、日本の俳優。父は世界的な指揮者の小澤征爾(おざわ せいじ)。2002年の朝の連続テレビ小説『さくら』でヒロインの恋人役を演じ注目を集めます。『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


宗次德二
宗次德二(むねつぐ とくじ)は、日本の実業家。株式会社壱番屋(カレーハウスCoCo壱番屋)の創業者。喫茶店時代に妻の作ったカレーが人気を呼びカレー専門店への転身。ご飯の量やルーの辛さ、トッピングなどを客が選べる仕組みや、社員ののれん分けシステムを作り2004年に1000店舗を達成。

続きを読む


関連記事 (女優)

永作博美
永作博美(ながさく ひろみ)は女優。父が美少女コンテストに応募したのが芸能界入りのきっかけ。オーディションに合格しアイドルグループribbonでデビュー。その後、女優として活動します。

続きを読む


土屋太鳳
土屋太鳳(つちや たお)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『まれ』で2020人の応募者からヒロインに選ばれ主演。2018年に『第60回輝く!日本レコード大賞』で安住紳一郎と共に総合司会を担当。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


常盤貴子
常盤貴子(ときわ たかこ)は女優。1990年代から多くのテレビドラマに主演。出演作の全てがヒットし「連ドラの女王」と呼ばれます。2009年には劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚します。

続きを読む


秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ