175 views

日本の落語家、俳優・立川談春の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立川談春(たてかわ だんしゅん)

立川談春
→ 画像検索はこちら

立川談春(たてかわ だんしゅん)は、日本の落語家、俳優。

7代目立川談志に弟子入り。1997年に真打に昇進。
初エッセイ『赤めだか』で第24回講談社エッセイ賞を受賞。
師の死去後は、様々なメディアへ登場。

このページでは、立川談春(たてかわ だんしゅん)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立川談春(たてかわ だんしゅん)の誕生日占い

生年月日:1966年6月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin140です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い猿 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin121
絶対反対kin kin10

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin140の誕生日占いは、命がけの時に本領を発揮できるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

立川談春(たてかわ だんしゅん)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。本名は佐々木信行(ささき のぶゆき)。

7代目立川談志に入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.6.27~ 17 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1984.6.27~ 18 210 2 白い犬 赤い月
1985.6.27~ 19 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1984年、高校年の時に高校を中退し7代目立川談志に入門。前座名を立川談春と名乗ります。
1988年に二つ目に昇進。

ウェブスペルの色が赤色の初めの年に高校を中退し7代目立川談志に入門。

立川ボーイズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.6.27~ 29 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1996.6.27~ 30 170 1 白い犬 白い犬
1997.6.27~ 31 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1990年代には弟弟子立川志らく、兄弟子朝寝坊のらくと「立川ボーイズ」を結成。深夜番組『平成名物TV ヨタロー』に出演。
1995年に立川志らくは真打に昇進。弟弟子に越され一念発起し1997年に立川談春は真打に昇進。

ウェブスペルの色が白色に変わり真打に昇進。

独演会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.6.27~ 40 180 11 黄色い太陽 白い犬
2007.6.27~ 41 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2009.6.27~ 43 235 1 青い鷲 青い鷲
2006年に独演会『談春七夜』を公演。
2007年に独演会『黒談春』『白談春』を公演。
2008年に自身が入門し真打に昇進するまでを描いたエッセイ『赤めだか』を発売し講談社エッセイ賞を受賞。2015年にテレビドラマ化。
2009年に文化放送で『ラジオ赤めだか 立川談春 青春記』の放送開始。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より独演会を行います。

師匠の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.6.27~ 45 185 3 赤い蛇 青い夜
2014.6.27~ 48 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2015.6.27~ 49 85 7 赤い蛇 青い嵐
2011年に師の7代目立川談志が死去。以降、これまでと一転し様々なメディアへの登場を増やします。
2014年にドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』、2015年にドラマ『下町ロケット』に出演。
2015年に自身のエッセイ『赤めだか』がテレビドラマ化。

ウェブスペルの色が青色の前半に師の7代目立川談志が死去。以降、一転し様々なメディアへ登場。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.27~ 56 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
2023.6.27~ 57 145 2 赤い蛇 黄色の種
2024.6.27~ 58 250 3 白い犬 黄色い星
立川談春の現在は、ウェブスペルの色が黄色の変わったタイミングに当たります。
56才の時はKin40。人を明るく照らし、大らかで明るい性格の持ち主の年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

自分の実力が発揮される機会をゆっくり待て。

立川談春(たてかわ だんしゅん)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の初めの年に高校を中退し7代目立川談志に入門。
白色の初めころ真打に昇進。
白色の最後付近より独演会を行います。
青色の前半に師の7代目立川談志が死去。以降、一転し様々なメディアへ登場。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


イレーヌ・ジョリオ=キュリー
イレーヌ・ジョリオ=キュリーは、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリー・キュリー。夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。親子2代に渡りノーベル賞を受賞。

続きを読む


IMALU
IMALU(イマル)は、日本のモデル、タレント、歌手。明石家さんまと大竹しのぶの長女。カナダへ語学留学後に芸能界デビュー。活躍が期待される2世有名人と話題になりました。

続きを読む


岸井ゆきの
岸井ゆきの(きしい ゆきの)は日本の女優。スカウトされデビュー後、ドラマ、舞台、映画などで活躍。大河ドラマ『真田丸』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演。ドラマ『アトムの童』ではヒロイン・富永海役で出演。

続きを読む


栗山英樹
栗山英樹(くりやま ひでき)は、日本の元プロ野球選手、プロ野球監督。現役時代はヤクルトで活躍。引退後は野球解説者や白鷗大学教授として活動。2012年から北海道日本ハムファイターズの監督になり2度のリーグ優勝。2021年に野球日本代表監督に就任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin140)

錦織圭
錦織圭(にしこり けい)は、日本のプロテニス選手。2008年に松岡修造に次いで日本人男子史上2人目のATPツアーシングルス優勝者。リオ五輪では銅メダルを獲得。日本人として96年ぶりにメダル獲得。

続きを読む


Toshl
Toshlは、日本のミュージシャン。X JAPANのボーカリスト。ロックスターとして一世を風靡。しかしX JAPANから脱退。洗脳され365日ほぼ休みなく様々な場所で公演。その後、X JAPAN再結成。洗脳が解け約12年にも及んだ苦悩と体験を語ります。

続きを読む


アンネ・フランク
アンネ・フランクは、ユダヤ系ドイツ人の少女です。『アンネの日記』の著者として知られています。

続きを読む


小林よしのり
小林よしのり(こばやし よしのり)は漫画家、評論家。『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ漫画家。1992年の『ゴーマニズム宣言』以降、思想的・政治思想路線な活動も行う。

続きを読む


関連記事 (落語家)

六代桂文枝
六代 桂文枝(ろくだい かつら ぶんし)は日本の落語家、タレント、司会者です。2012年に桂文枝を襲名するまで「桂三枝」(かつら さんし)で活動。「新婚さんいらっしゃい!」でギネス記録。

続きを読む


立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


初代林家三平
初代 林家三平(はやしや さんぺい)は、落語家。テレビが生んだ最初のお笑いブーム「(第一次)演芸ブーム」の火付け役かつ中心的存在。

続きを読む


春風亭昇太
春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)は、日本の落語家、タレント、俳優。前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演。桂歌丸の後継となる『笑点』の6代目司会者に抜擢。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ