8,283 views

日本資本主義の父・渋沢栄一の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渋沢栄一

記事公開日:2017年07月28日
最終更新日:2023年05月26日

渋沢栄一
出典:wikipedia.org

渋沢栄一(しぶさわ えいいち)は、日本の実業家。

第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれます。
理化学研究所の創設者でもあります。

渋沢栄一が新1万円札(2024年予定)の肖像になるのが発表。2021年の大河ドラマ『青天を衝け』の主人公。

このページでは、渋沢栄一(しぶさわ えいいち)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渋沢栄一の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1840年3月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin67です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 白い世界の橋渡し 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin194
絶対反対kin kin197

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin67の誕生日占いは、過去の経験を役に立てるのが上手なタイプです。下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

広告

渋沢栄一(しぶさわ えいいち)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

現:埼玉県深谷市に生まれます。渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕を兼営し米、麦、野菜の生産も手がける豪農でした。

徳川慶喜につかえる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1863.3.16~ 23 142 12 白い風 青い猿
1866.3.16~ 26 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1867.3.16~ 27 42 3 白い風 黄色い太陽
1868.3.16~ 28 147 4 青い手 黄色の種
1863年に尊王攘夷に目覚め幕府を倒そうと計画。親戚の説得により計画は中止、父より勘当され京都へ出たところ一橋家家臣・平岡円四郎の推挙により一橋慶喜に仕えることになる。

1866年に慶喜が将軍になり、渋沢栄一は幕臣となる。
1867年にパリで行われた万国博覧会に随員され、パリ万博とヨーロッパ各国訪問。この間に大政奉還が起き、1868年に新政府から帰国命令が出て帰国。

ウェブスペルの色が青色の最期付近から徳川慶喜に仕えます。
黄色の始め頃にパリ万博とヨーロッパ各国訪問します。

大蔵省の官僚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1869.3.16~ 29 252 5 黄色い人 黄色い星
1870.3.16~ 30 97 6 赤い地球 黄色い人
1876.3.16~ 36 207 12 青い手 黄色い戦士
1877.3.16~ 37 52 13 黄色い人 黄色い太陽
帰国したあと静岡に蟄居していた慶喜と面会、「これからはお前の道を行きなさい」と言われる。

1869年に大隈重信に説得され大蔵省に入省する。
大蔵省の官僚として改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例制定に携わります。
1877年に予算編成を巡って、大久保利通や大隈重信と対立。井上馨と共に退官した。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから大蔵省で活躍。黄色の最後の年に退官します。

実業界

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1878.3.16~ 38 157 1 赤い地球 赤い地球
1879.3.16~ 39 2 2 白い風 赤い竜
1880.3.16~ 40 107 3 青い手 赤い蛇

退官後間もなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行(現:みずほ銀行)の頭取に就任。七十七国立銀行など多くの地方銀行設立を指導した。


東京ガス、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上といわれている。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から実業界に身を置きます。第一国立銀行を皮切りに多種多様の企業の設立に関わります。

多くの企業の設立に関わりますが、渋沢の保有する株は会社の株の2割以下、ほとんどの場合は数パーセントにも満たないものでした。
渋沢が明治の財閥創始者と大きく異なる点は、「渋沢財閥」を作らず「私利を追わず公益を図る」との考えを、生涯に亘って貫き通します。

社会活動・晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1930.3.16~ 90 157 1 赤い地球 赤い地球
1931.3.16~ 91 2 2 白い風 赤い竜
社会活動に熱心で東京慈恵会、日本赤十字社、癩予防協会の設立などに携わります。
教育にも力を入れ商法講習所(現・一橋大学)、大倉商業学校(現・東京経済大学)の設立に協力。
学校法人国士舘(創立者・柴田徳次郎)の設立・経営に携わり、井上馨に乞われ同志社大学(創立者・新島襄)への寄付金の取り纏めに関わった。
また、伊藤博文勝海舟らと共に女子教育奨励会を設立、日本女子大学校・東京女学館の設立に携わった。
1917年に理化学研究所を創立。

1931年11月11日に亡くなった。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃に亡くなりました。

渋沢栄一(しぶさわ えいいち)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の最期付近から徳川慶喜に仕えます。
黄色の始め頃にパリ万博とヨーロッパ各国訪問します。
黄色の半ばから大蔵省で活躍。黄色の最後の年に退官します。
赤色の始めの年から実業界に身を置きます。第一国立銀行を皮切りに多種多様の企業の設立に関わります。
2度目の赤色の始め頃に亡くなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin067)

常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


梨元勝
梨元勝(なしもと まさる)は、日本の芸能リポーター、タレント。昭和後半から平成にかけ芸能評論家として民放テレビ・ラジオ各局に幅広く出演。「恐縮です!」のフレーズで有名でした。

続きを読む


金子直吉
金子直吉は、かつて存在した鈴木商店を財閥の一角まで育て上げた人物です。大正時代は三井、三菱、住友をしのぐ規模の企業グループに拡大させます。

続きを読む


春日俊彰
春日俊彰(かすが としあき)は、日本のお笑いタレント、ボディビルダー、アスリート。お笑いコンビ・オードリーのボケ担当。2008年のM-1グランプリで2位となりブレイク。その後、アスリートなどの「筋肉芸人」としてピンで出演。

続きを読む


オスマン・サンコンは、ギニア出身の元外交官、タレント。ギニアを世界に広めたいと依頼から「笑っていいとも!」のオーディションに参加。変わり者の外国人タレントとして人気を得ます。お決まりのフレーズは、1コン2コン・サンコン!。

続きを読む


関連記事 (実業家)

和田カツ
和田カツ(わだ カツ)は、日本の実業家。国際流通グループのヤオハンの創業者。ヤオハングループの基礎を築いた立志伝中の人物。『おしん』の主人公のモデルともいわれていますが違うようです。  

続きを読む


TAMIYA_Logo
田宮義雄(たみや よしお)は、日本の実業家。模型メーカータミヤの創業者。 運送業の後、木製木工模型の会社を営んでいましたが焼失。その後、プラスチックモデルの製造開始し成功を収めます。

続きを読む


坂野惇子
坂野惇子(ばんの あつこ)は実業家。2016年のNHK朝ドラ「べっぴんさん」の主人公のモデルでアパレルメーカー・ファミリアの創業者です。

続きを読む


宗次德二
宗次德二(むねつぐ とくじ)は、日本の実業家。株式会社壱番屋(カレーハウスCoCo壱番屋)の創業者。喫茶店時代に妻の作ったカレーが人気を呼びカレー専門店への転身。ご飯の量やルーの辛さ、トッピングなどを客が選べる仕組みや、社員ののれん分けシステムを作り2004年に1000店舗を達成。

続きを読む


竹田和平
竹田和平(たけだ わへい)は、日本の実業家、投資家。「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓を創業。和製バフェットと別名をとるほど著名な投資家でもあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ