327 views

女優・大原麗子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大原麗子

大原麗子
→ 画像検索はこちら

大原麗子(おおはら れいこ)は日本の女優。

大河ドラマ『春日局』で主演。大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%を記録。
サントリーのCM「すこし愛して なが~く愛して」のセリフは流行語となった。

このページでは大原麗子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大原麗子の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1946年11月13日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin259です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い星 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin2
絶対反対kin kin129

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin259の誕生日占いは、どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をするタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

大原麗子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都文京区生まれ。父は小石川の老舗和菓子屋・田月堂を経営。この家の長女として誕生。出生名は大原麗子(おおはら れいこ)。
幼いころから父から暴力をうけ8才の時に両親は離婚。大原麗子は母に、弟は父に引き取られます。
母子家庭で生活は苦しかったが母は大原に愛情を注ぎ、バレエ教室に通わせます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.11.13~ 15 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1962.11.13~ 16 119 2 青い嵐 白い鏡
1963.11.13~ 17 224 3 黄色の種 白い風
すぎやまこういちなどが中心に構成されていた遊び人グループ『六本木野獣会』に所属。
東京放映の社長である大野直にスカウトされ芸能界入り。1962年に映画デビュー。

ウェブスペルの色が白色の始めころにスカウトされ芸能界入り。

東映時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.11.13~ 18 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
1965.11.13~ 19 174 5 白い魔法使い 白い犬
1966.11.13~ 20 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1964年にテレビドラマ『幸福試験』でテレビデビュー。
1965年に東映へ入社。高倉健の『網走番外地』シリーズ、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演。
高倉健と共演してから高倉を尊敬する兄として慕います。

ウェブスペルの色が白色の半ばに東映に入社。数多くの映画に出演します。

テレビドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.11.13~ 24 179 10 青い嵐 白い犬
1971.11.13~ 25 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1972.11.13~ 26 129 12 赤い月 白い鏡
1971年に東映との契約が切れ渡辺プロダクションに移籍。
以降活躍の場をテレビドラマに移し「しっとりとした日本的美人像」を演じます。

ウェブスペルの色が白色の後半に渡辺プロダクションに移籍。テレビドラマに活躍の場を移します。

渡瀬恒彦と結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.11.13~ 27 234 13 白い魔法使い 白い風
1975.11.13~ 29 184 2 黄色の種 青い夜
1978.11.13~ 32 239 5 青い嵐 青い鷲
1973年に俳優の渡瀬恒彦と結婚。渡瀬の子供を身籠りますが死産。
1975年に神経疾患であるギラン・バレー症候群を発症。
1978年に渡瀬恒彦と離婚。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に渡瀬恒彦と結婚。
青色の半ばに渡瀬恒彦と離婚。

森進一と再婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.13~ 34 189 7 赤い月 青い夜
1981.11.13~ 35 34 8 白い魔法使い 青い手
1984.11.13~ 38 89 11 赤い月 青い嵐
1980年に歌手の森進一と再婚。
1980年から1990年にサントリーレッドのCMに出演。「すこし愛して、ながーく愛して」のセリフは多くの人に愛され、明石家さんま清水ミチコなどにによく声真似をされた。
1984年に森進一と離婚。森進一と離婚後に父を憎んでいたために大原性に戻したくなく家庭裁判所を通じ母方の飯塚姓となり、飯塚麗子となった。

ウェブスペルの色が青色の半ばに森進一と再婚。サントリーレッドのCMに出演。
青色の最期付近に森進一と離婚。

春日局

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.11.13~ 40 39 13 青い嵐 青い手
1988.11.13~ 42 249 2 赤い月 黄色い星
1989.11.13~ 43 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1986年に世田谷区成城に150坪、3億円の豪邸を建て、母と一緒に暮らし始めます。
1989年に橋田寿賀子原作脚本の大河ドラマ『春日局』で主演。大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%を記録。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に世田谷区成城に豪邸を建てます。
黄色の前半に大河ドラマ『春日局』で主演。

バラエティ番組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.11.13~ 47 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1994.11.13~ 48 99 8 青い嵐 黄色い人
1996.11.13~ 50 49 10 赤い月 黄色い太陽
47才の時に乳がんの手術を受けます。
バラエティ番組への出演は多くなかったものの1994年に「ダウンタウンDX」で、うさぎの着ぐるみを着たり、禿げかつらをつけてコントするなど行った。
1996年にバラエティ番組「SMAP×SMAP」の名物コーナー「BISTRO SMAP」では大原麗子が1回目のゲストでした。
1999年に目の二重まぶたの整形手術をしたが手術は失敗。ギラン・バレー症候群も再発。自宅に引きこもるようになり芸能活動を休止。

ウェブスペルの色が黄色の後半にバラエティ番組に出演。

売れていき地位が上がるにつれ、映画やドラマのスタッフに対して脚本と演出の注文を付けるようになり、それが年を重ねるごとにエスカレート。
それが原因となり、一時はどこからも出演オファーがなくなるようになります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.11.13~ 61 164 8 黄色の種 赤い地球
2008.11.13~ 62 9 9 赤い月 赤い竜
仕事が少なくなったため住んでいた世田谷区の豪邸の維持費に苦しんだ大原は貴金属などを売り維持費を作るようになります。

2009年3月頃、同居してい母を介護施設に預け、一人暮らしを始めます。世田谷区の豪邸を売却しようと思いましたが価格が高額のために買い手がつきませんでした。
2009年8月3日に不整脈による脳内出血で死去。8月6日に自宅で死亡しているのが発見された。

ウェブスペルの色が赤色の後半に亡くなりました。

大原麗子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めころにスカウトされ芸能界入り。
白色の半ばに東映に入社。数多くの映画に出演します。
白色の後半に渡辺プロダクションに移籍。テレビドラマに活躍の場を移します。
白色の最後付近に渡瀬恒彦と結婚。青色の半ばに渡瀬恒彦と離婚。
青色の半ばに森進一と再婚。サントリーレッドのCMに出演。青色の最期付近に森進一と離婚。
青色の最後の年に世田谷区成城に豪邸を建て、母と同居を開始。
黄色の前半に大河ドラマ『春日局』で主演。
黄色の後半にバラエティ番組に出演。
赤色の後半に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


草刈民代
草刈民代(くさかり たみよ)は、日本の女優。元バレリーナ。夫は映画監督の周防正行。映画『Shall we ダンス?』に役所広司とW主演。数々の賞を受賞。その後、バレリーナから引退し女優に転身。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


森英恵
森英恵(もり はなえ)は、日本の女性ファッションデザイナー。海外のコレクションに参加し国際的に活躍。バルセロナ五輪の日本チームのユニホームや雅子妃のローブデコルテのデザインなどを担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin259)

ミヤコ蝶々
ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)は、日本の女優、漫才師。戦後、上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアン。

続きを読む


藤波辰爾
藤波辰爾(ふじなみ たつみ)は、日本のプロレスラー。ニックネームは「ドラゴン」。新日本プロレスで活躍。躍動感溢れる戦いで老若男女問わず人気を得ます。2015年にはWWE殿堂入りを果たしました。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む


安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


高橋真麻
高橋真麻(たかはし まあさ)は、日本のフリーアナウンサー。父は俳優の高橋英樹。フジテレビにアナウンサーとして入社後、フリーで活躍。本格的にソプラノを歌うこともできる。

続きを読む


関連記事 (女優)

竹内結子
竹内結子(たけうち ゆうこ)は日本の女優、ナレーター。朝の連続ドラマ『あすか』のヒロインに抜擢。全国に知られる存在になります。元夫は歌舞伎俳優の中村獅童。

続きを読む


マリリン・モンロー
マリリン・モンローはアメリカの女優、モデルです。1950年代に最も人気のある女優の1人。睡眠薬の過剰摂取により36歳の若さで亡くなりました。

続きを読む


貫地谷しほり
貫地谷しほり(かんじや しほり)は日本の女優。2007年に朝の連続ドラマ『ちりとてちん』のヒロイン役に1864人の中から選ばれます。

続きを読む


田中裕子
田中裕子(たなか ゆうこ)は、日本の女優。夫は歌手の沢田研二。連続テレビ小説『おしん』で主役を演じ、日本のみならずアジアやイスラム圏を中心に世界的に有名な女優になります。

続きを読む


宮崎あおい
宮崎あおい(みやざき あおい)は女優。映画『NANA-ナナ-』で主演しブレイク。翌年、連続テレビ小説『純情きらり』ヒロイン。その後NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事