4,741 views

俳優・渡瀬恒彦の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡瀬恒彦

記事公開日:2019年08月02日
最終更新日:2023年10月05日

渡瀬恒彦
→ 画像検索はこちら

渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。

映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。
特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。
2017年にガンのために亡くなりました。

このページでは、渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1944年7月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin201です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い戦士 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin60
絶対反対kin kin71

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin201の誕生日占いは、自分の意見や主張は行動と体験の中で作られるタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

島根県安来市に生まれます。渡瀬恒彦は本名。
父は日立に勤務し軍需工場などを転々とし終戦を機に退職。淡路島で洋品店を開業します。
幼少期はガキ大将。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.7.28~ 24 121 4 赤い竜 白い鏡
1969.7.28~ 25 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1970.7.28~ 26 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
兵庫県の高校を卒業後に1浪し早稲田大学法学部に進学。
兄の渡哲也は当時青山学院大学に通っており、共同生活を始めます。
その後、大学を卒業しサラリーマン生活を行います。兄の渡哲也は俳優として大成していました。
そんなある日、1969年に東映の後の社長・岡田茂に口説かれ東映と契約。1970年に映画デビュー。

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画デビュー。

デビュー当初

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.28~ 29 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1974.7.28~ 30 231 10 青い猿 白い風
1975.7.28~ 31 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
デビュー当初、ギャングやヤクザ役が多かった。
1973年に女優の大原麗子と結婚。1978年に離婚。ちなみに大原麗子は1980年に森進一と再婚。1984年に離婚。

ウェブスペルの色が白色の後半に大原麗子と結婚。

大きな転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.7.28~ 34 131 1 青い猿 青い猿
1979.7.28~ 35 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1980.7.28~ 36 81 3 赤い竜 青い嵐
1978年に東映以外で初出演となった松竹映画『事件』で各賞を総なめ。渡瀬にとって大きな転機となります。
1979年に松竹映画『震える舌』『神様のくれた赤ん坊』でキネマ旬報主演男優賞を受賞。
1979年に渡瀬い保と再婚。渡瀬恒彦が亡くなるまで連れ添いとなります。
1981年の映画『セーラー服と機関銃』では薬師丸ひろ子の集中力を磨くために三國連太郎と共に繰り返し稽古。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に映画の各賞を総なめ。大きな転機となります。同年、大原麗子と離婚。翌年、渡瀬い保と再婚。

テレビでの出演が増える

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.7.28~ 46 91 13 青い猿 青い嵐
1991.7.28~ 47 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1992.7.28~ 48 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1990年代にバスクリンのCMに出演。子供から大人まで認知度が広がります。
1991年にはバスクリンのCMソング『裸の王様』を歌います。
1992年よりテレビ刑事ドラマ『十津川警部シリーズ』で主演。2015年まで。
同年より土曜ワイド劇場『タクシードライバーの推理日誌』で主演。2016年まで。

映画から次第にテレビでの出演が増えていきます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年より『十津川警部シリーズ』『タクシードライバーの推理日誌』が始まりテレビでの出演が増えていきます。

脳梗塞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.7.28~ 49 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1994.7.28~ 50 251 4 青い猿 黄色い星
1995.7.28~ 51 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1994年に脳梗塞を発症。左手に軽い障害が残ったといわれます。
このことをきっかけにタバコを辞め、酒は赤ワインを適量にし、連日1時間歩くようになったそうです。

ウェブスペルの色が黄色の前半に脳梗塞を発症。タバコをきっぱりやめます。

刑事ドラマシリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.7.28~ 58 51 12 青い猿 黄色い太陽
2006.7.28~ 62 211 3 青い猿 赤い月
2007.7.28~ 63 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2002年より刑事ドラマシリーズ『おみやさん』がスタート。
2006年より『警視庁捜査一課9係』シリーズがスタート。
2007年に朝の連続テレビ小説『ちりとんてちん』でかつて「上方落語界の四天王」と呼ばれた徒然亭草若を演じます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に刑事ドラマシリーズ『おみやさん』がスタート。
赤色の前半に『警視庁捜査一課9係』シリーズがスタート。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.7.28~ 71 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2016.7.28~ 72 221 13 赤い竜 赤い月
2015年に胆嚢に癌がみつかります。
2017年3月14日に胆嚢癌による多臓器不全で亡くなりました。
生前派手なことを嫌った本人と家族との希望により家族葬が営まれたそうです。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に亡くなりました。

渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに映画デビュー。
白色の後半に大原麗子と結婚。
青色の始めの年に映画の各賞を総なめ。大きな転機となります。同年、大原麗子と離婚。翌年、渡瀬い保と再婚。
黄色の始めの年より『十津川警部シリーズ』『タクシードライバーの推理日誌』が始まりテレビでの出演が増えていきます。
黄色の前半に脳梗塞を発症。タバコをきっぱりやめます。
黄色の最後付近に刑事ドラマシリーズ『おみやさん』がスタート。
赤色の前半に『警視庁捜査一課9係』シリーズがスタート。
赤色の最後の年に亡くなりました。

錦織圭は、渡・渡瀬兄弟と遠縁。
渡・渡瀬兄弟の祖母と錦織の曽祖父が兄弟の関係。
渡瀬恒彦の兄・渡哲也は2020年8月に亡くなります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋洋一
高橋洋一(たかはし よういち)は、日本の経済評論家。数学科出身の異色の元大蔵・財務官僚。学位は博士(政策研究)。小泉内閣で竹中平蔵の補佐官。第1次安倍晋三内閣で経済政策のブレーン、大阪維新の会のブレーン。

続きを読む


小田部羊一
小田部羊一(こたべ よういち)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー。妻は奥山玲子。東映動画退社後は高畑勲、宮崎駿と共にメインスタッフとして活動。「スーパーマリオブラザーズ」シリーズなどのキャラクターデザインを担当。

続きを読む


頼清徳
頼清徳(らい せいとく)は、台湾の政治家、内科医。蔡英文の次の第8代中華民国総統。民主進歩党内では最大派閥の「新潮流」の中核的人物。立法委員や行政院長、台南市長などを歴任。

続きを読む


竹中平蔵
竹中平蔵(たけなか へいぞう)は、日本の実業家、政治家、経済学者。小泉内閣では経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。参院選では自民党比例区からトップ当選。2年後に参議院議員を辞職し政界を引退。

続きを読む


松丸亮吾
松丸亮吾(まつまる りょうご)は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。母の病気をきっかけに猛勉強を行い東京大学に進学。謎解き制作のサークルAnotherVisionの2代目代表。『今夜はナゾトレ』の問題やレギュラー出演し全国の幅広い世代から認知されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin201)

松山ケンイチ
松山ケンイチ(まつやま ケンイチ)は、日本の俳優。妻は女優の小雪。個性的な役柄を演じることが多く日本のジョニーディップと評される人物。2012年の大河ドラマ『平清盛』で主演。

続きを読む


森光子
森光子(もり みつこ)は、日本の女優、歌手。国民栄誉賞受賞。栄典は従三位・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・文化功労者・文化勲章。

続きを読む


荻野吟子
荻野吟子(おぎの ぎんこ)は、近代日本における初の女性の医師。婦人科治療を受け羞恥に苦しむ女性を救いたいと女医になるのを志します。女性が医術開業試験の受験ができなかったがその後、受験が認められ合格し近代日本初の公許女医一号となった。

続きを読む


石田靖
京都産業大学在学中にオーディションに合格し吉本興業に入りデビュー。『探偵!ナイトスクープ』の探偵役で出演し知名度UP。東京新宿のルミネ新喜劇の座長となり本拠地を東京に移した。

続きを読む


川合俊一
川合俊一(かわい しゅんいち)は、日本のタレント。バレーボール選手として日本男子バレーボール界をリード。引退後はプロビーチバレー選手に転身。ビーチバレーの楽しさを伝えようとタレントとして活動。

続きを読む


関連記事 (俳優)

石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


林遣都
林遣都(はやし けんと)は、日本の俳優。妻は元AKB48の大島優子。映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。スポーツ青春映画で立て続けに主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』で連続ドラマ初主演。『おっさんずラブ』に出演し人気を博します。

続きを読む


加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ