1,376 views

放送作家・永六輔の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 永六輔

記事公開日:2018年05月28日
最終更新日:2020年02月07日

永六輔
→ 画像検索はこちら

永六輔(えい ろくすけ)は、放送作家・エッセイスト、作詞家。

多彩な活躍ぶりで歴史に名を残します。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残しました。

このページでは永六輔の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 上を向いて歩こう・坂本九の誕生日占いと人生鑑定

永六輔の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年4月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin237です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い鷲 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin24
絶対反対kin kin107

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin237の誕生日占いは、実績で物事を評価するタイプです。実績を持つと人生が変わります。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

永六輔の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれます。本名は永孝雄(えい たかお)。
家は代々、元浅草の最尊寺の住職を勤めていました。
先祖は江戸時代初期に渡来した中国の学僧で、永という姓を「ヨン」と名乗っていたそうです。

戦後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1947.4.10~ 14 147 4 青い手 黄色の種
1948.4.10~ 15 252 5 黄色い人 黄色い星
1952.4.10~ 19 152 9 黄色い人 黄色の種
1944年に長野県に疎開しそのまま終戦を迎えます。
1947年に東京へ帰ります。ラジオに興味を持ち、焼け跡の金属を換金し秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループを作ります。そのグループのリーダーが渥美清でした。
1948年に淀川長治主催の「東京映画友の会」に参加していました。
1952年に早稲田大学に入学します。在学中に三木鶏郎(とりろう)にスカウトさトリローグループとして放送作家、司会者としてデビュー。大学は中退します。

ウェブスペルの色が黄色の後半に放送作家、司会者としてデビューします。

マルチな才能を発揮

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.4.10~ 26 107 3 青い手 赤い蛇
1960.4.10~ 27 212 4 黄色い人 赤い月
1961.4.10~ 28 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1962.4.10~ 29 162 6 白い風 赤い地球
1963.4.10~ 30 7 7 青い手 赤い竜
以後、ラジオ・テレビ番組の企画・演出、タレントとしての活動など、マルチプレイヤーとして活動を行います。

1959年放送開始のラジオ『昨日のつづき』にて初めて出演
同年、作曲家の中村八大からの依頼がきっかけで作詞家として活動を始めます。
1961年に「上を向いて歩こう」が大ヒット。1963年に「こんにちは赤ちゃん」がヒット

ウェブスペルの色が赤色の始めころから作詞活動を開始。「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」を世に送り出します。

誰かとどこかで

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.4.10~ 34 167 11 青い手 赤い地球
1968.4.10~ 35 12 12 黄色い人 赤い竜
1969.4.10~ 36 117 13 赤い地球 赤い蛇
1964年よりラジオ「全国こども電話相談室」に回答者として出演。

ラジオの活動に重きをおくようになった1967年以降は作詞活動から後退。1969年には作詞活動から撤退します。

1967年にラジオ『誰かとどこかで』がスタート。2013年まで46年間放送された長寿番組になります。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近からラジオの活動に重きを置きます。
赤色の最後の年には作詞活動から撤退

浅田飴のおじさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.4.10~ 37 222 1 白い風 白い風
1983.4.10~ 50 27 1 青い手 青い手
1996.4.10~ 63 92 1 黄色い人 黄色い人
1970年から13年おきに唯一のテレビCM「浅田飴」に出演。キャッチフレーズは「咳・こえ・喉に浅田飴」。
所ジョージからは『浅田飴のおじさん』というイメージしかわかない。と指摘されたというエピソードを持ちます。
永六輔がCMに出演したのは1970年・1983年・1996年で2009年は出演しませんでした。

ウェブスペルの色が白色、青色、黄色の始めの年だけ「浅田飴」のCMに出演します。

執筆活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.4.10~ 61 142 12 白い風 青い猿
1995.4.10~ 62 247 13 青い手 青い鷲
1996.4.10~ 63 92 1 黄色い人 黄色い人
作家としても活動しており、1961年に「一人ぼっちの二人」を皮切りに生涯執筆をつづけました。
特に1994年に出版したエッセイ「大往生」は200万部を超える大ヒット。これを原作にテレビドラマも作られます。
「大往生」は老い・病・死について語られた様々な言葉を集めた名言集です。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にエッセイ「大往生」は200万部を超える大ヒット

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.4.10~ 77 2 2 白い風 赤い竜
2016.4.10~ 83 112 8 黄色い人 赤い蛇
2010年にパーキンソン病と診断されこれを公表。
2016年6月にラジオ「六輔七転八倒九十分」が終了し、全レギュラー番組を降板。
2016年7月7日に死去。永六輔の死後5日後に大橋巨泉も亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の後半に亡くなりました。

永六輔のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に放送作家、司会者としてデビューします。
赤色の始めころから作詞活動を開始。「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」を世に送り出します。
赤色の最後付近からラジオの活動に重きを置きます。
赤色の最後の年には作詞活動から撤退
白色、青色、黄色の始めの年だけ「浅田飴」のCMに出演します。
青色の最期付近にエッセイ「大往生」は200万部を超える大ヒット
2度目の赤色の後半に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

麻生太郎
麻生太郎(あそう たろう)は、日本の政治家、実業家。第92代内閣総理大臣。総理大臣を経験した後に安倍内閣に入閣。首相経験者の入閣は戦後4人目。モントリオールオリンピックにクレー射撃に日本代表で参加。

続きを読む


吉田拓郎
吉田拓郎(よしだ たくろう)は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。日本のシンガーソングライターの草分け的存在。日本ポップス界のメジャーに引き上げた最重要人物。

続きを読む


森永卓郎
森永卓郎(もりなが たくろう)は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント。経済評論家やテレビ等のコメンテーターとして活動している人物。独協大学教授。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin237)

谷村新司
谷村新司(たにむら しんじ)は、日本のシンガーソングライター、タレント。堀内孝雄、矢沢透とアリスとして活動。解散後にはソロ活動。代表曲に、「昴 -すばる-」、「三都物語」など。

続きを読む


森永太一郎
森永太一郎(もりなが たいちろう)は、日本の実業家。森永製菓の創業者です。安倍晋三首相の妻・昭恵は曾孫(ひまご)に当たります。

続きを読む


福原愛
福原愛(ふくはら あい)は、1990年代から2010年代にかけて活躍した日本の卓球選手。幼少期からテレビに登場し「泣き虫・愛ちゃん」などと呼ばれ親しまれます。その後、オリンピック2大会連続でメダルを獲得。

続きを読む


児玉清
児玉清(こだま きよし)は、日本の俳優、タレント、司会者、作家。俳優として活動後に「パネルクイズ アタック25」の初代司会者として有名。2011年5月16日に胃癌でなくなります。

続きを読む


田中将大
田中将大(たなか まさひろ)はプロ野球投手。2007年東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2013年には勝率24勝0敗でNPB歴代最高記録。2014年にニューヨークヤンキースへ移籍。妻はタレントの里田まい。

続きを読む


関連記事 (作家)

芥川龍之介
芥川 龍之介さんは、大正時代にかけて活躍した小説家です。新人文学賞の「芥川賞」は親友の菊池寛が芥川から名からとって創設した賞で純文学の新人に与えられます。

続きを読む


正岡子規
正岡子規(まさおか しき)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。明治時代を代表する文学者の一人。日本の近代文学に多大な影響を及ぼした人物です。

続きを読む


京極夏彦
京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。『後巷説百物語』で直木賞を受賞。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

続きを読む


小林多喜二
小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

続きを読む


新海誠
新海誠(しんかい まこと)は、日本のアニメーション作家・映画監督、小説家。2016年に公開した『君の名は。』で監督、脚本、原作を担当し大ヒットさせました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事