961 views

放送作家・高田文夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高田文夫

記事公開日:2018年05月27日
最終更新日:2019年08月15日

高田文夫
→ 画像検索はこちら

高田文夫(たかだ ふみお)は、日本の放送作家、タレント、演芸評論家。

ビートたけしと数多くの作品を手掛る盟友です。
落語家の立川談志の弟子で真打に昇進後は精力的に高座を務めます。

このページでは高田文夫の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高田文夫の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1948年6月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin68です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 白い世界の橋渡し 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin193
絶対反対kin kin198

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin68の誕生日占いは、多くの興味を持ちそれを楽しむことの出来るタイプです。下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

広告

高田文夫の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都渋谷区生まれ、世田谷区船橋育ち。
父の高田栄三は歴史書関係の出版社国文社の経営者。
小学校時代に『おとなの漫画』から強い影響を受け、青島幸男のような放送作家を志します。
学生時代に青島幸男か永六輔に弟子入りしようとしたがヤンワリと断られます。

放送作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.6.25~ 23 143 13 青い夜 青い猿
1972.6.25~ 24 248 1 黄色い星 黄色い星
1973.6.25~ 25 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
日本大学芸術学部放送学科を卒業後に放送作家の塚田茂に弟子入りします。後に破門。
塚田茂は1970年代初頭に放送作家の養成を目的として「スタッフ東京」を設立。高田文夫も放送作家として養成されます。

1973年『ひらけ!ポンキッキ』で放送作家デビュー。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに放送作家としてデビューします。

オールナイトニッポン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.6.25~ 31 203 8 青い夜 黄色い戦士
1980.6.25~ 32 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1981.6.25~ 33 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1980年に漫才ブームが起き、ビートたけしが大ブレイク。
1981年よりラジオ『ビートたけしのオールナイトニッポン』を手掛けます。同番組に出演したけしとのフリートークを行います。
同年、テレビ『オレたちひょうきん族』を手掛けます。

ビートたけしと共に盟友として多くの作品を手掛けます。2人の出会いは1975年ごろですぐに意気投合したそうです。

ウェブスペルの色が黄色の後半に『ビートたけしのオールナイトニッポン』を手掛けます。

落語家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.6.25~ 35 103 12 青い夜 黄色い人
1984.6.25~ 36 208 13 黄色い星 黄色い戦士
1985.6.25~ 37 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1983年に落語家の立川談志の弟子になります。1988年には真打に昇進。
1990年代前半にかけて精力的に高座を務め、多くがCD化されます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に立川談志に弟子入り、後に真打に昇進します。

タレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.6.25~ 41 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1990.6.25~ 42 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1991.6.25~ 43 163 7 青い夜 赤い地球
1989年よりラジオ『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』がスタート。現在も続く長寿番組です。この番組で、春風亭昇太、松村邦洋らがブレイク。
1991年よりテレビ『北野ファンクラブ』が開始。『ビートたけしのオールナイトニッポン』が終了の2カ月後から開始されます。
同年、『たけし・逸見の平成教育委員会』第1期「生徒」として、セミレギュラー出席

ウェブスペルの色が赤色の半ばよりテレビでよくみられる存在になります。

放送作家養成セミナーの講師

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.6.25~ 61 233 12 赤い空歩く人 白い風
2010.6.25~ 62 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2011.6.25~ 63 183 1 青い夜 青い夜
2009年より日大芸術学部時代からの友人で放送作家の松岡孝に頼まれ、放送作家養成セミナーの講師を務めます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近から放送作家養成セミナーの講師を務めます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.6.25~ 71 243 9 青い夜 青い鷲
2020.6.25~ 72 88 10 黄色い星 青い嵐
2021.6.25~ 73 193 11 赤い空歩く人 青い夜
高田文夫の現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
71才の時はKin243。集中したときに能力を発揮し、夢を他のひとへ与えれる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

高田文夫のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころに放送作家としてデビューします。
黄色の後半に『ビートたけしのオールナイトニッポン』を手掛けます。
黄色の最後付近に立川談志に弟子入り、後に真打に昇進します。
赤色の半ばよりテレビでよくみられる存在になります。
白色の最後付近から放送作家養成セミナーの講師を務めます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

丹波哲郎
丹波哲郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。丹波哲郎(たんば てつろう)は、日本の俳優・芸能プロモーター・心霊研究家。俳優活動は50年以上で出演した映画は外国映画10本を含んだ300本以上に及ぶ名優。『丹波哲郎の大霊界』はベストセラーになった。

続きを読む


渡邉美樹
渡邉美樹(わたなべ みき)は、日本の実業家、政治家。外食産業を事業展開しているワタミ株式会社の創業者。参議院議員を1期務めました。

続きを読む


小泉孝太郎
小泉孝太郎(こいずみ こうたろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、弟は政治家の小泉進次郎。父より政治家の道を反対され俳優を志します。

続きを読む


西村知美
西村知美(にしむら ともみ)は、日本の女優、タレント。80年代アイドル。『第1回ミス・モモコクラブ』でグランプリを受賞しデビュー。その後、バラエティ番組に進出。ほんわかとした天然キャラを売りに活躍。

続きを読む


五郎丸歩
五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)は、日本のラグビー選手。2015年にイギリスで開催されたラグビー・ワールドカップでは日本で空前のラグビーフィーバー。『五郎丸ポーズ』は2015年に新語・流行語大賞にノミネート。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin068)

高田純次
高田純次(たかだ じゅんじ)は、タレント、俳優。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演しブレイク。『グロンサン』のCMの「5時から男」で「流行語部門・大衆賞」を受賞。

続きを読む


沢田研二
沢田研二(さわだ けんじ)は、日本の歌手、俳優。愛称はジュリー。ザ・タイガースのリードボーカルとして活躍後、ソロで活躍。1960年代から1980年代の歌謡界を席巻し数多くのファンを熱狂させました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む


コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


綾小路きみまろ
綾小路きみまろ(あやのこうじ きみまろ)は、日本の漫談家、お笑いタレント。中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴。とりわけ中高年に人気が高く「中高年のアイドル」とも言われます。

続きを読む


東国原英夫
東国原英夫は政治家、タレント。ビートたけしの一番弟子。2007年に第17回宮崎県知事選挙に当選。2011年に第46回衆議院議員総選挙で近畿ブロック比例1位で当選。しかし1年で辞職します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事