裸の大将「山下清」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 山下 清

記事公開日:2016年03月18日
最終更新日:2019年02月01日

山下清
出典:wikipedia.org

山下清(やました きよし)は、日本の画家。日本中を放浪していたことで知られている。

「裸の大将」「日本のゴッホ」などと世の人々から親しまれました。
1980年から放送された花王名人劇場「裸の大将放浪記」では芦屋雁之助が山下清を演じ、その名は一般の方々まで広まりました。

このページでは山下清の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

山下 清の誕生日占い

生年月日:1922年3月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin91です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 青い嵐 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin170
絶対反対kin kin221

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin91の誕生日占いは、自分が楽しまなければ人も楽しめないと思いがちなタイプです。今必要な準備をこつこつ行うこと。

広告

山下 清の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

幼少期

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1923.3.10~ 1 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1925.3.10~ 3 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1926.3.10~ 4 251 4 青い猿 黄色い星
1928.3.10~ 6 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1932.3.10~ 10 101 10 赤い竜 黄色い人
1923年 浅草で関東大震災に会い壊滅。両親の郷里である新潟に転居する
1925年 3歳の頃に重い消化不良で命の危険に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患う。
1926年 浅草に戻る
1928年 浅草の石浜小学校に入学する。
1932年 父が死去

ウェブスペルの色が黄色のことでした。
後遺症を患ったときに黒Kinが表れています。

少年期

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1934.3.10~ 12 51 12 青い猿 黄色い太陽
1936.3.10~ 14 1 1 赤い竜 赤い竜
1937.3.10~ 15 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1938.3.10~ 16 211 3 青い猿 赤い月
1939.3.10~ 17 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1934年 千葉県の養護施設「八幡学園」に入園する。
この学園での生活で「ちぎり紙細工」に出会う。1936年から学園の顧問医を勤めていた式場隆三郎の目に止まり指導を受けることで才能は一層開花していった

1937年 早稲田大学で八幡学園の園児たちの貼り絵の小さな展覧会が行われた
1938年 銀座の画廊で初個展を開催
1939年 大阪の朝日記念会館ホールで展覧会が開催

八幡学園で式場隆三郎から指導を受けるころからウェブスペルの色は赤色の変わります。
連続して黒Kinが表れています。山下清にとって大きなエネルギーの出入りがあったのでしょう。

兵役免除のための放浪

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1940.3.10~ 18 161 5 赤い竜 赤い地球
1943.3.10~ 21 216 8 黄色い戦士 赤い月
1954.3.10~ 32 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1940年 徴兵検査を受けたくなかったため、突然、放浪の旅に出る
1943年 後年有名になる我孫子駅の弥生軒で住み込みで働く

食堂で手伝いをしていたところ八幡学園の職員によって、無理やり徴兵検査を受けさせられたが、知的障害を理由に兵役免除となる。

1954年 鹿児島にて放浪生活を終える。

弥生軒

我孫子駅の弥生軒

戦後の活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.3.10~ 34 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1961.3.10~ 39 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1956年 放浪の記録は「放浪日記」にまとめられる
1956年 東京大丸の「山下清展」を始め、全国巡回展が約130回開かれ、観客は500万人を超えた。

戦後に山下清は「日本のゴッホ」、「裸の大将」と呼ばれた。

1961年 式場隆三郎らとともに約40日間ヨーロッパ9カ国を訪問

ウェブスペルの色が白色の半ばから終わりまでのことでした。

山下清・花火

山下清・花火

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.3.10~ 49 36 10 黄色い戦士 青い手
1971年 7月12日に49才の若さで脳出血で死去する
我孫子駅で販売されていた駅弁の包装紙のデザインは四季をテーマに4種類依頼されたが、3種類しか作成されなかった。

山下 清のまとめ

生れて間もないウェブスペルが黄色の時に関東大震災、知的障害とさんざんな開始でした。
ウェブスペルの色が赤色の時に八幡学園で式場隆三郎から指導を受け芸術の才能が開花します
赤色の中ころから突如、放浪の旅に出ます。放浪は白色の中ころまで続きます。
白色の終わりには「山下清展」を始め全国で巡回展が行われ観客は500万人を超えます。

山下 清の作品の人気の高さや、所属していた画壇がなかったために、その作品を鑑定できる者がいないこと、各地でお礼の為に作品を残したというテレビドラマの影響(実際には貼り絵はほとんど学園や自宅で制作していて、遺族が保管)から、贋作を本物と偽った展覧会などが開催されることがあったそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin091)

関連記事 (芸術家)

安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


岡本太郎
岡本太郎さんは、日本の芸術家。少年期にフランスで過ごし、第二次世界大戦後に日本で積極的に絵画・立体作品を制作。大阪の万国博覧会では太陽の塔を製作しました。

続きを読む


久石譲
久石譲(ひさいし じょう)は日本の作曲家、編曲家。映画音楽を中心に手掛け、特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降『風立ちぬ』まで29年間すべての長編アニメ映画の音楽を手掛ける。

続きを読む


すぎやまこういち
すぎやまこういちは、日本の作曲家、編曲家、指揮者。ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の楽曲を担当。近年では『「ドラゴンクエスト」コンサート』などで自ら指揮者として出演することも多い。

続きを読む


横山大観
横山大観(よこやま たいかん)は、美術家、日本画家。近代日本画壇の巨匠であり朦朧体(もうろうたい)という描絵手法を確立させました。

続きを読む