4,109 views

女優・佐藤藍子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 佐藤藍子

記事公開日:2021年05月28日
最終更新日:2024年03月12日

佐藤藍子
→ 画像検索はこちら

佐藤藍子(さとう あいこ)は、日本の女優、タレント。

第6回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞。
女優業やバラエティ番組の司会など幅広く活動を行い歴代グランプリ受賞者の中での知名度の高さはトップクラス。

このページでは、佐藤藍子(さとう あいこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

佐藤藍子(さとう あいこ)の誕生日占い

生年月日:1977年9月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin86です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い嵐 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin175
絶対反対kin kin216

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin86の誕生日占いは、チャンスを生かすのが上手なタイプです。目上の人との出会いで変わります。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

広告

佐藤藍子(さとう あいこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

神奈川県川崎市出身。

全日本国民的美少女コンテスト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.9.26~ 15 101 10 赤い竜 黄色い人
1993.9.26~ 16 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1994.9.26~ 17 51 12 青い猿 黄色い太陽
1992年に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。
同大会で審査員特別賞は米倉涼子、演技部門賞は鈴木紗理奈

1993年にテレビドラマ『ツインズ教師』で女優デビュー。
1995年に映画『今日から俺は!! 電撃の17才』で映画デビュー。

しかしデビュー後しばらくは低迷します。森永製菓のICEBOXの企画ユニットのメンバーとして活動していたこともありました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。

テレビドラマ主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.9.26~ 18 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1996.9.26~ 19 1 1 赤い竜 赤い竜
1997.9.26~ 20 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1996年にテレビドラマ『変[HEN]』、『イタズラなKiss』で主演。
『変[HEN]』では中性的キャラクターの男子高校生役を演じます。
1997年にテレビドラマ『研修医なな子』で主演。

1996年に『スーパージョッキー』の進行アシスタント。
1997年に『だんトツ!!平成キング』の司会と徳光和夫ヒロミとともに担当。
バラエティ番組にも進出を開始します。

ウェブスペルの色が赤色に変わりテレビドラマで主演、バラエティ番組にも進出。

奇跡体験!アンビリバボー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.9.26~ 21 211 3 青い猿 赤い月
1999.9.26~ 22 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2000.9.26~ 23 161 5 赤い竜 赤い地球
1998年より2007年まで『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。ナビゲーターはビートたけし

ウェブスペルの色が赤色の前半より『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。
3年連続で黒Kinの年にバラエティ番組に進出していますね。

ちゅらさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.9.26~ 24 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2002.9.26~ 25 111 7 青い猿 赤い蛇
2003.9.26~ 26 216 8 黄色い戦士 赤い月
2001年に朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に佐々木(古波蔵)奈々子役で出演。
ヒロイン役の国仲涼子の先輩看護婦役。
2002年に大河ドラマ『利家とまつ』に麻阿役で出演。

女優業やバラエティ番組の司会など幅広く行い全日本国民的美少女コンテストの歴代グランプリ受賞者の中で知名度の高さはトップクラスとなった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.9.26~ 29 11 11 青い猿 赤い竜
2007.9.26~ 30 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2008.9.26~ 31 221 13 赤い竜 赤い月
2007年3月をもって『奇跡体験!アンビリバボー』の司会を降板。後任は小林麻央
趣味の乗馬を通して知り合った乗馬インストラクターの沼田拓馬と2007年、30才の誕生日に結婚。
2008年に大河ドラマ『篤姫』に小ノ島役で出演。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.9.26~ 45 131 1 青い猿 青い猿
2023.9.26~ 46 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2024.9.26~ 47 81 3 赤い竜 青い嵐
佐藤藍子の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
46才の時はKin236。自信過剰な反面、落胆しやすい年です。好き嫌いがはっきりしています。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

佐藤藍子(さとう あいこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。
赤色に変わりテレビドラマで主演、バラエティ番組にも進出。
赤色の前半より『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。
赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演。
赤色の最後付近に結婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川原和久
川原和久(かわはら かずひさ)は、日本の俳優、声優。劇団ショーマの看板俳優として、多数の舞台に出演。ドラマ『相棒』では伊丹憲一役でシーズンの最初から出演。妻は女優の松本紀保。

続きを読む


池脇千鶴
池脇千鶴の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。池脇千鶴(いけわき ちづる)は、日本の女優。第8代リハウスガールに選出され芸能界デビュー。2001年に朝の連続テレビ小説『ほんまもん』でヒロインに選出。30代になってからは生活感のある母親の役を演じることが増えます。

続きを読む


小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin086)

永井豪
永井豪(ながい ごう)は、日本の漫画家。石ノ森章太郎のアシスタントを経てデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『キューティーハニー』などあります。

続きを読む


杏
杏(あん)は、日本の女優、ファッションモデル。モデルとしてデビュー。その後、女優としてデビュー。朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でオーディションなしで主役に抜擢。父は俳優の渡辺謙。夫は俳優の東出昌大。

続きを読む


磯村勇斗
磯村勇斗(いそむら はやと)は、日本の俳優。朝の連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロイン・みね子の夫の前田秀俊(ヒデ)役。映画『ヤクザと家族 The Family』『劇場版 きのう何食べた?』で第45回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。

続きを読む


北方謙三
北方謙三(きたかた けんぞう)は、日本の小説家。大学時代に作家デビューするが低迷。その後。方向転換しヒット作を次々と生み出しハードボイルド小説の旗手として一躍人気作家に成長。

続きを読む


司馬遼太郎
司馬遼太郎(しば りょうたろう)は、日本の小説家。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『坂の上の雲』など、戦国・幕末・明治を扱った作品が多くあります。

続きを読む


関連記事 (女優)

石田ゆり子
石田ゆり子(いしだ ゆりこ)は、俳優・歌手。高校生の時にスカウトされキャンペーンガールとして活躍。その後、女優と活躍。またアニメのアフレコにも挑戦します。『もののけ姫』サン役は有名です。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む


瀧本美織
瀧本美織(たきもと みおり)は、日本の女優、歌手。エイベックス主催のオーディションを受け芸能界入り。ダンス&ボーカルユニット『SweetS』のメンバーとなった。解散後にスターダストプロモーションに移籍。朝の連続テレビ小説『てっぱん』でヒロイン役に抜擢。

続きを読む


今田美桜
今田美桜(いまだ みお)は、日本の女優、グラビアアイドル、タレント。福岡でモデルとして活動後に高校を卒業し上京。『福岡で1番可愛い女の子』をキャッチコピーに瞬く間に人気者となった。

続きを読む


仁支川峰子
仁支川峰子(にしかわ みねこ)は、日本の演歌歌手、女優。旧芸名は西川峰子。『あなたにあげる』で歌手デビュー。大ヒットとなり一躍人気歌手。その後、女優に転身。映画『吉原炎上』に出演し自身の代表作となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ