13,567 views

元SMAP「木村拓哉」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 木村拓哉

記事公開日:2016年05月20日
最終更新日:2020年11月30日

木村拓哉
→ 画像検索はこちら

木村拓哉(きむらたくや)は元SMAPのメンバーであり、俳優、アーティスト。「キムタク」の愛称で知られています。
1987年にSMAPとしてデビュー。数々のテレビドラマ、映画に出演。主演する多くのドラマで視聴率30%以上を記録し、高視聴率男とも称されます。2000年に歌手の工藤静香と結婚。2児の父です。

このページでは、木村拓哉(きむらたくや)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 木村拓哉と工藤静香の誕生日占いと相性占い
→ 工藤静香の誕生日占いはこちら

→ SMAP5名の相性占いはこちら
→ ジャニーズメンバー占いのまとめはこちら

→ 中居正広の人生を見てみる
→ 香取慎吾の誕生日占いと歩んだ人生はこちら
→ 草なぎ剛の誕生日占いと歩んだ人生はこちら
→ 稲垣吾郎の誕生日占いと人生鑑定

木村拓哉の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1972年11月13日生まれ
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin129です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 白い鏡 音12

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

一言でいえば、Kin129の木村拓哉は様々な時間の流れを大切に機敏に生きれるタイプです。

広告

木村拓哉の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

SMAPデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.11.13~ 14 39 13 青い嵐 青い手
1987.11.13~ 15 144 1 黄色の種 黄色の種
1988.11.13~ 16 249 2 赤い月 黄色い星
1989.11.13~ 17 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1990.11.13~ 18 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1991.11.13~ 19 44 5 黄色の種 黄色い太陽

1987年 中居正広、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾とともにSMAPのメンバーとしてデビュー(1996年に森且行が脱退しSMAPは5名体制になります。)
1989年 初主演の舞台「盲導犬」。演出の蜷川幸雄からの厳しい演技指導が連日続き、頭髪の一部分だけがごっそり白髪になったそうです。

ウェブスペルの色が青色の最後の年にSMAPとしてデビューします。
その年は黒Kinが表れており、Kin39でした。その年をざっくりいうと
「自分の無力さに気づくことをバネに大きなことを成し遂げられる年です。自分の実力が発揮される機会をゆっくり待て。」

ピンで国民的人気

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.11.13~ 21 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1994.11.13~ 22 99 8 青い嵐 黄色い人
1995.11.13~ 23 204 9 黄色の種 黄色い戦士
1996.11.13~ 24 49 10 赤い月 黄色い太陽
1997.11.13~ 25 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1994年 映画「シュート!」に出演し石原裕次郎新人賞を受賞。

1996年 ドラマ「ロングバケーション」。主演は木村拓哉と山口智子。

フジテレビ系の「月9」枠で放送。連続ドラマ初主演を務め、国民的人気を得ていくきっかけとなった。
ドラマ撮影の際は、自身の台詞や共演者の台詞、動き方を記憶して撮影に臨んでいる。「セットに台本を持ち込まない」と決めているが、これは田村正和が手本となっている。

1996年 「SMAP×SMAP」放送開始
1997年 ドラマ「ラブジェネレーション」。主演は木村拓哉と松たか子。全11話の平均視聴率は30.8%を記録。
1998年 SMAP「夜空ノムコウ」が自身初のミリオンヒットを記録

ウェブスペルの色が黄色に変わりました。
国民的人気を得ていくきっかけとなった1996年はKin204。その年をざっくりいうと
「平穏さを装いながら物事の深みにはまる年です。機運にのり、機運に従う。時に従う。」
次の年にはドラマで平均視聴率30%を超える記録を作っていきます。

高視聴率男

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.11.13~ 27 104 13 黄色の種 黄色い人
2000.11.13~ 28 209 1 赤い月 赤い月
2002.11.13~ 30 159 3 青い嵐 赤い地球
2003.11.13~ 31 4 4 黄色の種 赤い竜
2006.11.13~ 34 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2000年 歌手の工藤静香と結婚。(2017年現在子供は2人)
2000年 SMAP「らいおんハート」で2度目のミリオンヒット

2001年 ドラマ「HERO」。平均視聴率は34.3%、最高視聴率は36.8%。大ヒット作となった。

2002年 「夜空ノムコウ」が中学2-3年生の音楽の教科書に掲載される事が決定。SMAPがツアーで115万人を観客動員

2003年 ドラマ「GOOD LUCK!!」。平均視聴率30.6%、最高視聴率は37.6%を記録。
2003年 SMAP「世界に一つだけの花」がダブルミリオンを記録

2004年 映画「ハウルの動く城」。ハウルの声優役は木村のほうから出演の希望したそうです。

2007年 ドラマ「華麗なる一族」。関西地方では平均視聴率39.3%を獲得。2006年の紅白歌合戦の視聴率を抜いた。

結婚した年がウェブスペルの色が黄色の最後の年でした。
ウェブスペルの色が赤色に変わり、ドラマで視聴率30%以上の高視聴率男を出し高視聴率男とも称されるようになります。
ドラマ「GOOD LUCK!!」の頃の木村拓哉のギャラが、1話300万円程度といわれています

コンサート通算観客動員数1000万人を突破

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.11.13~ 35 164 8 黄色の種 赤い地球
2008.11.13~ 36 9 9 赤い月 赤い竜
2009.11.13~ 37 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2010.11.13~ 38 219 11 青い嵐 赤い月
2011.11.13~ 39 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2008年 SMAPが東京ドーム6日間公演
2010年 SMAP上海万博ファンの集い。会場の混乱を懸念し中止。
2010年 コンサート通算観客動員数1000万人を突破
2012年 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の主題歌「さかさまの空」

ウェブスペルの色が赤色の半ばから後半のことでした。
SMAPとしても大活躍しています。

SMAP解散

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.11.13~ 43 224 3 黄色の種 白い風
2016年 SMAP解散騒動。結末放送したSMAP×SMAPの最高瞬間視聴率は37.2%

ウェブスペルの色が白色に変わり、SMAP解散騒動がありました。
この年のKin番号は224。ざっくりいうと
「どんな状況でも気持ちの落ち着きが保てる年です。気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。」

SMAPメンバーの中で木村拓哉だけが解散した場合も残って活動するといっていましたよね。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.11.13~ 46 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2019.11.13~ 47 124 7 黄色の種 白い鏡
2020.11.13~ 48 229 8 赤い月 白い風
木村拓哉の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
48才の時はKin229。予備知識をたくさん持っている年です。新しい流れを作るのが上手です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

心を引き締め足元に注意しスタートすること。

木村拓哉のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最後の年にデビュー
黄色に舞台・ドラマで活躍。夜空ノムコウで初のミリオンヒットを記録
黄色の最後の年に結婚
赤色にドラマで高視聴率男とも称されるようなる。世界に一つだけの花で2ミリオンヒットを記録
白色の前半にSMAPは解散します。

木村拓哉は漫画「ONE PIECE」のファン。「SMAP×SMAP」で行われた芸能人の“ONE PIECE王”を決める「ONE PIECE王決定戦」では6回中5回の優勝を果たしています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

遠藤雅伸
遠藤雅伸(えんどう まさのぶ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。ナムコ在籍時に『ゼビウス』『ドルアーガの塔』等を手がけ、その後独立。『ゼビウス』のヒットを機にメディアに出演しゲームデザイナーとして知られる存在となった。

続きを読む


伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


優香
優香(ゆうか)は、日本のタレント・女優。夫は俳優の青木崇高。ホリプロからスカウトされデビュー。ジョージアのCMに飯島直子と共演しブレイク。志村けんとはデビュー当初より共演。バカ殿様の優香姫で有名。長く『Qさま!!』の司会を担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin129)

高畑勲
高畑勲(たかはた いさお)は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。スタジオジブリの長編映画で宮﨑駿と共にその名を知られています。

続きを読む


デヴィ・スカルノ
デヴィ・スカルノは、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。通称はデヴィ夫人。

続きを読む


萩尾望都
萩尾望都(はぎお もと)は、日本の漫画家。2019年秋に女性漫画家では初となる文化功労者に選出。代表作に『ポーの一族』『11人いる!』などあります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

ソニン
ソニンは、日本の女優、歌手。モーニング娘。の当時のマネージャーの和田薫にスカウトされデビュー。デビューからしばらくは歌手として活動しますが2003年より女優としても活動。舞台を中心に活動しています。

続きを読む


中山秀征
中山秀征はABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。昼の帯番組を持ちます。

続きを読む


ビートたけし
ビートたけしは、コメディアン、タレント、映画監督、俳優。1980年代に起こった漫才ブームで知名度を飛躍的に向上。1990年頃より司会業や映画監督業が中心になり20年以上続く長寿番組もあります。

続きを読む


関連記事 (俳優)

市原隼人
市原隼人(いちはら はやと)は、日本の俳優。愛称はイッチー。妻はモデルの向山志穂。主な代表作は『ウォーターボーイズ2』『ROOKIES』など。2009年に隼人名義で歌手デビュー。

続きを読む


坂口憲二
坂口憲二(さかぐち けんじ)は、日本の俳優。父はプロレスラーの坂口征二。代表作にドラマ『医龍』で主演の朝田龍太郎役。2018年に病気のため芸能活動を無期限休止。コーヒー焙煎士として歩み始めます。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

高畑充希
高畑充希(たかはた みつき)は日本の女優・歌手。2016年4月に放送した『とと姉ちゃん』ではオーディションを経てヒロイン・小橋常子に選ばれ、連続ドラマ初主演を果たした。

続きを読む


大江千里
大江千里(おおえ せんり)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。2008年以降はニューヨークに在住。楽曲提供などの活動を継続。

続きを読む


テレサ・テン
テレサ・テンは、台湾出身の歌手。1970年代から1990年代にかけて、アジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ