3,543 views

ウチくる!?・中山秀征の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中山秀征

記事公開日:2017年05月26日
最終更新日:2022年07月10日

中山秀征
→ 画像検索はこちら

中山秀征(なかやま ひでゆき)はタレント、司会者。愛称はヒデちゃん。

ABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。
2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。久しぶりの昼の帯番組を持った。

このページでは、中山秀征(なかやま ひでゆき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ABブラザーズの誕生日占いと相性占いを診断

中山秀征(なかやま ひでゆき)の基本情報

生年月日:1967年7月31日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin19(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い魔法使い 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin242
絶対反対kin kin149

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin19の誕生日占いは、パワーがありダイナミックに行動するタイプです。一旦重荷をおろして再スタートすること。

広告

中山秀征(なかやま ひでゆき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

群馬県藤岡市出身。
2008年から中山と同じ群馬県出身のタレント井森美幸と共に群馬県のPRする「ぐんま大使」を務めています。

俳優を目指す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.7.31~ 13 84 6 黄色の種 青い嵐
1981.7.31~ 14 189 7 赤い月 青い夜
1982.7.31~ 15 34 8 白い魔法使い 青い手
1983.7.31~ 16 139 9 青い嵐 青い猿
1981年に俳優を目指し東京の「児童劇団 NAC」に入団。
3カ月でデビューできなかったら辞めるつもりだった。
1982年に火曜サスペンス劇場で俳優デビュー。群馬を飛び出し東京近郊の高校へ進学。

知人や先生の家に下宿させてもらいオーディションを受けるが脇役ばかりだった。

ウェブスペルの色が青色の半ばに東京の劇団に入団。俳優デビュー

ABブラザーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.7.31~ 17 244 10 黄色の種 青い鷲
1985.7.31~ 18 89 11 赤い月 青い嵐
1986.7.31~ 19 194 12 白い魔法使い 青い夜
1987.7.31~ 20 39 13 青い嵐 青い手
1988.7.31~ 21 144 1 黄色の種 黄色の種
1989.7.31~ 22 249 2 赤い月 黄色い星
1984年に第2の吉川晃司募集”のオーディションに応募して合格。

松野大介と「ABブラザーズ」を結成し、1985年に『ライオンのいただきます』のアシスタントとしてデビュー。

1985年10月から1987年7月にニッポン放送『ABブラザーズのオールナイトニッポン』を担当。若い女性を中心に人気を博する。

1989年に『いただきます』を降板。人気が低下、

ウェブスペルの色が青色の最後付近にABブラザーズを結成。若い女性を中心に人気を博した。

DAISUKI!、ウチくる!?

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.7.31~ 25 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1993.7.31~ 26 149 6 赤い月 黄色の種
2000.7.31~ 33 104 13 黄色の種 黄色い人
2001.7.31~ 34 209 1 赤い月 赤い月
松野との方向性の違いが大きくなり、ABブラザーズは自然消滅。

1992年から「DAISUKI!」にレギュラー出演。松本明子飯島直子と交わすトークが視聴者の支持を集めた。

1998年に元宝塚の白城あやかと結婚。4人の子供に恵まれます。

「DAISUKI!」は2000年で終了。入れ替わる形で飯島直子とのコンビで『ウチくる!?』がスタート。

ウチくる!?は今も続く長寿番組。2007年に飯島直子が芸能界を引退し久保純子、青木さやかを経て2011年から中川祥子に交代した。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから最後の年まで「DAISUKI!」にレギュラー出演。
赤色の始めの年から『ウチくる!?』がスタートした。

ラジかる!!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.7.31~ 38 109 5 赤い月 赤い蛇
2006.7.31~ 39 214 6 白い魔法使い 赤い月
2008.7.31~ 41 164 8 黄色の種 赤い地球
2009.7.31~ 42 9 9 赤い月 赤い竜
2010.7.31~ 43 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2011.7.31~ 44 219 11 青い嵐 赤い月
2005年より『ラジかる!!』のメイン司会を担当。久々に平日の帯番組を持つことになった。

2009年より『おもいッきりDON!』の総合司会になり、みのもんたに変わるお昼の顔となったが2011年に終了。

2011年より日曜朝8・9時台の『シューイチ』の司会に起用。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから『ラジかる!!』のメイン司会を担当。平日の帯番組を持つことになった。
赤色の最後付近には日曜朝の『シューイチ』の司会となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.7.31~ 53 124 7 黄色の種 白い鏡
2021.7.31~ 54 229 8 赤い月 白い風
2022.7.31~ 55 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
中山秀征の現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
55才の時はKin74。喜びを分かち合うことができ、面倒見の良い年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

相手の非ではなく自分の非を認めなさい。

中山秀征(なかやま ひでゆき)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の半ばに東京の劇団に入団。俳優デビュー
青色の最後付近にABブラザーズを結成。若い女性を中心に人気を博した。

黄色の前半にABブラザーズは自然消滅。
黄色の半ばから最後の年まで「DAISUKI!」にレギュラー出演。

赤色の始めの年から『ウチくる!?』がスタート。
赤色の半ばから『ラジかる!!』のメイン司会を担当。平日の帯番組を持つことになった。
赤色の最後付近には日曜朝の『シューイチ』の司会となった。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin019)

アマンシオ・オルテガ
アマンシオ・オルテガはスペイン生まれの実業家。ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックスの創業者です。2011年に社長から退くまで同社を世界的企業に育て上げます。

続きを読む


オダギリジョー
オダギリジョーは、日本の俳優、映画監督。代表作に『時効警察』シリーズや『八重の桜』など。2019年には『ある船頭の話』で脚本・監督を担当し長編映画監督デビュー。

続きを読む


矢田亜希子
矢田亜希子(やだ あきこ)は、日本の女優、タレント。『愛していると言ってくれ』で女優デビュー。『白い巨塔』のヒロイン役で人気を決定づけます。押井学と結婚し長男を出産。押井学事件を受け離婚。2010年代後半よりバラエティにも進出。

続きを読む


関連記事 (タレント)

渡辺満里奈
渡辺満里奈(わたなべ まりな)はタレント、司会者、歌手。夫はお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤。「おニャン子クラブ」の会員番号36番。その後、バラエティに進出。趣味・経験の本を多数出版。

続きを読む


田中律子
田中律子(たなか りつこ)は、日本の女優、タレント、歌手。CMやテレビのバラエティー番組に出演するとともに女優としても活動。ダイビングをきっかけに環境問題に取り組むようになります。

続きを読む


知花くらら
知花くらら(ちばな くらら)、日本のモデル、女優。『ミス・ユニバース2006』日本代表に選ばれ、世界2位を獲得。同年、報道番組のキャスターを務めるなど活動の場を広げます。

続きを読む


関連記事 (司会者)

恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


大橋巨泉
大橋巨泉(おおはし きょせん)は、タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)など多方面で活躍した人物です。1960年から1980年にかけて11PM・クイズダービーなど司会者で活躍します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ