4,752 views

俳優・松方弘樹の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松方弘樹

記事公開日:2019年01月04日
最終更新日:2024年03月28日

松方弘樹
出典:wikimedia.org

松方弘樹(まつかた ひろき)は、日本の俳優。

2世俳優。歌手志望でしたが父と同じ俳優の道を進み、後に大河ドラマで度々主演を演じます。
その後、バラエティ番組に進出し『元気が出るテレビ』で今までと違う面を見せます。

このページでは、松方弘樹(まつかた ひろき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

松方弘樹(まつかた ひろき)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1942年7月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin246です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い鷲 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin15
絶対反対kin kin116

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin246の誕生日占いは、自分ができたことは他人にもできるようにさせるのが上手なタイプです。賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

広告

松方弘樹(まつかた ひろき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれます。
父は時代劇俳優の近衛十四郎、母は女優の水川八重子、弟は俳優の目黒祐樹。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.7.23~ 17 211 3 青い猿 赤い月
1960.7.23~ 18 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1961.7.23~ 19 161 5 赤い竜 赤い地球
元々歌手志望で作曲家の上原げんとの下で五木ひろしらと学んでいましたが、五木ひろしの歌のうまさに自信を無くし父と同じ俳優の道を進みます。
1960年に『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』で主演デビュー。その後、時代劇やヤクザ映画で活躍します。
同じ東映所属の同学年の北大路欣也とはライバル関係でした。
1965年にNHKの「人形佐七捕物帳」で主演。

ウェブスペルの色が赤色の前半に俳優デビュー。

悪役が多くなる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.23~ 31 121 4 赤い竜 白い鏡
1974.7.23~ 32 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1975.7.23~ 33 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1973年よりに『仁義なき戦いシリーズ』などで敵役・悪役で出演し芸域の幅を広げます。
1974年に大河ドラマ『勝海舟』で病気で降板した渡哲也から引き継ぎ主演。
共演役の仁科明子と不倫関係となりマスメディアを賑わせます。

ウェブスペルの色が白色の前半より敵役・悪役が多くなり芸域の幅を広げます。

時代劇ドラマに復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.7.23~ 36 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1979.7.23~ 37 231 10 青い猿 白い風
1980.7.23~ 38 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1978年以降は時代劇ドラマに復帰。大河ドラマでたびたび主演し、三英傑織田信長豊臣秀吉徳川家康)をすべて演じます。
1979年に仁科明子と再婚。

ウェブスペルの色が白色の後半に時代劇ドラマに復帰。大河ドラマでたびたび主演。

バラエティ番組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.7.23~ 43 81 3 赤い竜 青い嵐
1986.7.23~ 44 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1987.7.23~ 45 31 5 青い猿 青い手
1985年よりバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出演。
VTRを見終わった後に甲高く泣き笑いしている姿はこれまでと180度違う面を見せます。
趣味は釣りで、1980年代から1990年代にかけ盟友の梅宮辰夫と共に『松方弘樹・世界を釣る』が放送されます。
ドラマ・バラエティともにレイバンの度入りのサングラスをかけながら出演し、それがトレードマークになっていました。

ウェブスペルの色が青色の前半に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出演。いままでと違う一面を見せます。

2度目の離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.7.23~ 56 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1999.7.23~ 57 251 4 青い猿 黄色い星
2000.7.23~ 58 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1998年に仁科明子と離婚。2人の子がおり親権は仁科が持ちます。
松方弘樹には愛人との間に認知した子もおり、パイプカットを受けたそうです。

ウェブスペルの色が黄色の前半に仁科明子と離婚。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.7.23~ 73 111 7 青い猿 赤い蛇
2016.7.23~ 74 216 8 黄色い戦士 赤い月
2016年に「脳リンパ腫」と診断を受け、抗がん剤の投薬治療を受けますが脳梗塞を併発し急激に体力も衰えていきます。
2017年1月21日に脳リンパ腫のため亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の後半に亡くなりました。

松方弘樹(まつかた ひろき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に俳優デビュー。
白色の前半より敵役・悪役が多くなり芸域の幅を広げます。
白色の後半に時代劇ドラマに復帰。大河ドラマでたびたび主演。仁科明子と再婚。
青色の前半に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出演。いままでと違う一面を見せます。
黄色の前半に仁科明子と離婚。
2度目の赤色の後半に亡くなりました。

酒豪としてしられ最高記録はウィスキー5本に日本酒1升。
飲み比べで千代の富士にも負けなかったそうです。唯一負けたのはプロレスラーの天竜源一郎。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

竹中平蔵
竹中平蔵(たけなか へいぞう)は、日本の実業家、政治家、経済学者。小泉内閣では経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。参院選では自民党比例区からトップ当選。2年後に参議院議員を辞職し政界を引退。

続きを読む


松丸亮吾
松丸亮吾(まつまる りょうご)は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。母の病気をきっかけに猛勉強を行い東京大学に進学。謎解き制作のサークルAnotherVisionの2代目代表。『今夜はナゾトレ』の問題やレギュラー出演し全国の幅広い世代から認知されます。

続きを読む


高橋文哉
高橋文哉(たかはし ふみや)は、日本の俳優、モデル。『男子高生ミスターコン2017』でグランプリを獲得し芸能界入り。『仮面ライダーゼロワン』で主演。主演ライダーとして初の21世紀生まれ。『フェルマーの料理』でGP帯連続ドラマ初主演。

続きを読む


田口浩正
田口浩正(たぐち ひろまさ)は、日本の俳優、声優。小浦一優(芋洗坂係長)とお笑いコンビ「テンション」として活動後に俳優専業となった。『こちら本池上署』『警視庁捜査一課9係』など多数の人気ドラマに出演。

続きを読む


田澤廉
田澤廉(たざわ れん)は、日本の陸上競技選手。専門種目は長距離走。駒澤大学の学生時代に大学三大駅伝では区間賞、区間新記録を連発。大学を卒業しトヨタ自動車陸上長距離部に所属。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin246)

田中角栄
田中角栄さんは第64・65代内閣総理大臣。非常に強い実行力で、戦後の日本のインフラ整備推進や日中国交正常化などを行いました。

続きを読む


スタンレー・ホー
スタンレー・ホーは、香港、マカオの実業家。実に35年以上に亘ってマカオのギャンブル産業界に君臨。カジノの経営権を長年独占しカジノ王と呼ばれます。

続きを読む


丸川珠代
丸川珠代(まるかわ たまよ)は、日本の政治家、元テレビ朝日アナウンサー。テレビ朝日時代は『ビートたけしのTVタックル』などに出演。安倍総理から出馬要請を受けテレビ朝日を退社し参院選に出馬し当選。環境大臣などを歴任。

続きを読む


富野由悠季
富野由悠季(とみの よしゆき)は日本のアニメ監督、演出家、脚本家です。テレビアニメ界の草創期から知る人物で代表作に「ガンダム」シリーズがあります。

続きを読む


山崎弘也
山崎弘也(やまざき ひろなり)は日本のお笑い芸人。通称、ザキヤマ。お笑いコンビ・アンタッチャブルのボケ担当。2004年にM-1グランプリで優勝。

続きを読む


関連記事 (俳優)

林遣都
林遣都(はやし けんと)は、日本の俳優。妻は元AKB48の大島優子。映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。スポーツ青春映画で立て続けに主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』で連続ドラマ初主演。『おっさんずラブ』に出演し人気を博します。

続きを読む


里見浩太朗
里見浩太朗(さとみ こうたろう)は、俳優・歌手。東映へ入社。その後、活躍の場をテレビに移し『水戸黄門』の助さん役を始め数々の時代劇俳優の主演を務めます。

続きを読む


中村雅俊
中村雅俊(なかむら まさとし)は、日本の俳優・歌手。青春ドラマ『われら青春!』の主役に抜擢されブレイク。同番組の挿入歌『ふれあい』は100万枚を超える大ヒット。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


青木崇高
青木崇高(あおき むねたか)は、日本の俳優。妻はタレントの優香。映画『マッスルヒート』で俳優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家・徒然亭草々役を演じ知名度UP。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ